2007年03月10日

韓国済州(チェジュ)島旅行記・4日目

ついに最終日となった4日目!

チェックアウトが12時でフライトが18時なため、お昼までは部屋でのんびりリゾートホテル生活を満喫し、午後少しぶらぶらすることにしました。

朝ごはんはホテルのパン屋さんでタピオカパンというものとチーズムースケーキを買ってきていただきました。



タピオカパンのどのあたりがどうタピオカなのかわからなかったのですが、すっごくもちもちしていておいしかったです!
ケーキは…うーん、見た目はかわいいけれど、味はそこそこかなあ、ちょっと甘すぎて繊細さにかけるというか。結構おなかにくる感じでした。そう、この日胃腸に感じる違和感はてっきりこのケーキが原因だと思っていたのです…(思わせぶり)

12時ぎりぎりまで部屋で粘りながら海を見て船だーとか空を見て飛行機だーとかたわいもない時間の過ごし方をしておりました。

そしてチェックアウトを済ませスーツケースはフロントに預けてお散歩に行きます。

「龍頭岩/ヨンドゥアム」という海から龍の頭が突き出しているように見える岩がホテルから近いところにあるというので見に行きました。

途中の道すがら見つけた、いっぱいの春。



きれいだねー!

そして、こちらがヨンドゥアム。



この日はとても晴れていて海も真っ青でとてもきれいでした!

岩場に下りたり上がったりするのに体中が痛い。さては旅の筋肉痛が出てきたか…?そう、このときはそう思っていたんです…(思わせぶり)

お昼は道の途中にあったお店にはいりました。ガイドブックをたよりにいったわけではなくふらりとはいったので名前はわかりませぬ。

そこでトッポキを頼みます!



このすごいボリュームで4000ウォン!もちろん2人で1皿です。

でも私はほとんど食欲がなく、そのかわり、胃腸も復活した母がおいしそうにたいらげていました。お店でも、寒気がするのは辛いものを口にしていないせいだ…と思う私…そう、このときはまだそう思っていたのです…(思わせぶりもそろそろしつこい)

ていうかね、そろそろ気づいてきたんです。

私、風邪をひいていると。

食欲がなく、体の節々が痛く、寒気がして、そして頭がずきずきしてくる。熱が出る兆候だと。風邪なんだと。

ヨンドゥアムを見た後は近くにカフェ村というところがあるらしくそこに行こうと思っていたのですが、どうもこれは無理、ということになり、あきらめました。

まあ、宿泊していたホテルのカフェも海が見えてお茶が出来るわけですからわざわざカフェ村に行かなくてもいいわけです。

そんなわけで、なんとか気力と体力を振り絞ってホテルに帰還。

途中見つけた素敵なつり橋。




ちかくに咲いていた春らしい花。




趣のある港町の風景。チェジュはいい街でした。




ようやくたどりついたホテルのカフェではいちご祭ということで、いろんな苺メニューが出ていました。

これが母が頼んだ苺パフェ。お母様、おなか元気ですね。




これが私が死にそうになりながら頼んだいちごジュース。



この辺から本格的に熱が上がってきて、かなり意識もうろうとしてきます。

空港に行ったのも夢の中、免税店をひやかすこともせず(ていうか済州国際空港の免税店はすごく小さい)、飛行機に乗っても思うことは「早く日本についてくれ」の一点のみ。成田から家までも永遠に着かないかと思いましたよ!

とまあ、これが昨晩の様子です。家にようやく着いて、汗取りのシャツを何枚も用意して風邪薬飲んで暖かくして寝ました。

そしたら、なんとまあ、今朝にはすっきり!
いやはや、私、十分健康体だわ(笑)
どこに出しても恥ずかしくないくらい、人並みの健康を兼ね備えてますわ。

そして、写真を見たりお土産を引っ張り出したりして旅の余韻に浸っているわけです。

最後はやや大変なアクシデントがあったけど、それ以外は本当に本当に楽しい旅でした!!

ソウルにも行ったことがあるけれど、ソウルよりチェジュのほうがやっぱりのんびりしてる感じ。もう観光するところは見尽くしたかなという感じはするから、次行くときは乗馬かダイビングかといったまさにリゾート的な旅になるかもしれないけれど、それでも機会があったらまた行ってもいいかなーなんて思わせてくれるそんな暖かい島でした!


そんなわけで、旅行記おしまい!!
posted by はな at 20:16| Comment(10) | TrackBack(0) | '07-03韓国済州島旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国済州(チェジュ)島旅行記・3日目

3日目はちょっと寝坊して、朝ごはんとして前日にEマートで買ったもちもちのパンなどをいただきながらのんびりしてました。

この日はチェジュ市からバスで遠出して、島の反対側、南側にある西帰浦(ソグィポ)市に行くことにしました。

ソグィポに行くには空港から出るリムジンバスが便利とガイドブックにあったので、まず、タクシーで空港まで行きます。ホテルと空港はとても近くて10分くらいで着くのです。だからもちろんホテルの部屋の窓から離着陸する飛行機の雄大な姿が楽しめましたよ!

まあ、そんなこんなで、バス乗り場はどこかなー、空港に着けばわかるかなー、と適当に思っていたのですが、タクシーのドライバーさんが「出発?到着?」と日本語で聞いてきてくれたんです。ソグィポ行きのリムジンバスに乗りたい、なんて複雑な内容を言えるほど私の頭の中の韓国語ノートはできてませんので、一瞬ひるみましたが、そこは無理やりこじつけで「バス」と「ソグィポに行きたい」という意味の韓国語を羅列したら理解してくれて、「ソグィポ行きのバス」といってそのバスの横にタクシーをつけてくれたのです。なんていいドライバーさん。

そんな感じで空港でも迷うことなくすんなりとリムジンバスに乗れました。

ソグィポまでは1時間程度の運行で5000ウォン。新済州からホテルまでのタクシーも5000ウォン程度だったんだけど、それでも安いと思ったけれど、バスもこれまた安いよね〜。モトとれてるのかな。

途中、チェジュの最高峰・漢拏山(ハルラサン)とおぼしき山が雪化粧した様子も見ることが出来ていいバス旅でした。

ホテルを出発したのが結構遅い時間だったので、ソグィポについたらもうお昼ご飯の時間。まずは腹ごしらえすることにしました!

リムジンバスのバス停のすぐ近くにあったチンジュシッタンという海鮮鍋のお店!

あわびがごろごろとはいっています!スープも辛いし、貝のうまみが出てるし、最高!




こちらはガイドブックで紹介されていた突き出しの塩辛。



期待して食べたのですが、ものすごくしょっぱくって辛くって一口でギブアップ!

まず最初の目的地である「天地淵瀑布/テンジヨンポッポ」という滝へ行こうと思うわけですが、地図を見る限り、お店からずいぶん近い。でも、道はぐるっと迂回するようになってる。近道とかあったらいいな〜なんて思いながら、お店の人にきいてみました。無責任なことに私、聞くだけ聞いて、答えを聴解できないときたもんですので、コミュニケーションにならないわけです。なんてこった。でも、お店の人いい人で、身振り手振りで教えてくれたり地図を描いてくれたりして教えてくれました。とってもカムサハムニダ!

で、結局近道はなくってガイドブックに書いてある通りの迂回する道を通るわけです。道をどんどんどんと下っていき細い路地のようなところに入ります。

風情があるのでパチリと一枚!



瀑布のまわりも素敵な遊歩道になっていて、お散歩を存分に楽しみました。3日目になると天気もだいぶ温暖になってきていて助かりました。

森を抜けるとそこには滝が!



水のある風景は心が和みますね。
カモの群れやら子ガモがあそんでいるのやらを見てのんびりしていました。子ガモ、水の中にもぐってかわいかったー!

十分のんびりしたところで、次もまた滝を見に行きます。

途中にあった教会。素敵でしょ。



次の滝は「正房瀑布/チョンバンポッポ」という滝で、この滝には「西帰浦/ソグィポ」という地名の由来になったといわれる伝説が残っています。

こちらの滝は海に注いでいます!
迫力満点!



近くまで近寄れるのですが、近寄りすぎると水しぶきが!

海で取れたものを焼いて食べさせてくれる海女さんたちがいました。みんなのぞきこんでます。




本当はこのあとソグィポの街並みを見て、夜ご飯もここで食べる予定だったのですが、母が足腰的にも胃腸的にもきつい、というものでして、無理してもなんだしということで、のんびりペースで帰ることにしました。元気なように見えて人は少しずつ年をとっていくもんなんだなぁと。親孝行したいですね。


で、早めに引き上げてきたわけですが、部屋に帰って来て何したと思います?前日にEマートで買ったマッコリとチーズとナッツで酒盛り!なんだこの飲んだくれ親子は!母よ、胃腸的限界はどうした?



グラスが汚いのはご愛嬌。一口飲んだ後ですから!

アルコール度数は7%。甘くて飲み口もとても軽いのでどんどんいけちゃいます。

飲んだくれっ、飲んだくれっ!

そんな感じでチェジュ3日目の夜は更けていくのです…。




posted by はな at 19:41| Comment(2) | TrackBack(0) | '07-03韓国済州島旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国済州(チェジュ)島旅行記・2日目

2日目は滞在しているホテルがある旧済州と呼ばれる地区をまわることにしました。

…でも…今日も寒い!!

だけど、昨日に比べたら少し寒さも和らいだので歩いていくことにします。

まずは「観徳亭/クァンドッチョン」という、島に現存する最古の建物。青少年の練武場として使われていたそうです。





このすぐ横に「済州牧官衙」という地球の歩き方では取り上げられていなかったスポットがありました。昔のお役人が使っていた建造物だそうです。日本占領期に壊されてしまったものを最近になって復建したものだそうです。

建物と庭がとても美しい、なかなか穴場的なスポットでした!


庭園の中にはこんな元気なお魚達が。
人が寄ると餌をくれ、と、口をあけます。



建物の中にはところどころ、蝋人形が(笑)。
これは、みかん畑を眺めているお役人の後姿!




これは牛をかたどったもの。流木か何かで作ったのかな?
ちょっと不気味ですが、迫力があります。



ここでチェジュのトルハルバンと韓国風の女の人をかたどったかわいい置物を見つけたのでおみやげに買ってきました。

これはホテルの部屋で撮影したものです。
ちゅーしてるんです!



この観徳亭から「東門市場/トゥンムンシジャン」という場所に行く道すがら、観徳路から東門路にいたるあたりの地下がショッピングモールになっています。だいたい時間にしてお昼過ぎからお店が開店する感じかな?子供服や女性もの、プチプリもののお店が多くて結構楽しかったです!プチプリって死語?プチプライス&プリティていう、ちょっと昔に雑誌とかでとかで使われていた言葉なんだけど、もうだめかな?まあいいや(汗)

こんなものを買いました!

まずは、青い大きめバッグ!
通勤にも使えそうです。40000ウォンなり〜!



ここの店のお兄さん、にこにこして人当たりがいいから安心してたんだけど、値段聞いたら48000ウォンって言うの。バッグの中に40000ウォンっていう値札が入っているのに!昨日いいタクシーに乗って「チェジュの人って優しいかも〜」なんてほんわかしたけど、ちょっとボラれかけ経験!でも、めげない。

そして、靴も買いました〜!
これは26000ウォン!通勤にも使えそうなデザインなのにかわいいところが嬉しい♪




そして、地下ショッピングモールを抜けるとすぐ目の前にトゥンムンシジャン!

チェジュはかんきつ類が豊富です。



新鮮な海産物もたくさんたくさん売っています。
気持ち悪すぎるナマコを発見。動いてました…。



韓国の食卓になくてはならないキムチ〜!各種取り揃えてございます。



粉の唐辛子も売っています。辛さの段階別で3種類。母は中くらいの辛さのを300グラム買いました。5000ウォンだって。



市場の片隅でおばあちゃんがトッポキを売ってました!
トッポキ大好き〜!!!思わず注文!2000ウォンなり。



もちもちのトッポキ、魚系の練り物みたいもの、餃子(!)、ゆで卵といろんな具が入っていました。味付けもおいしくて大満足!母と二人で一皿をわけながらはふはふ食べました♪


市場を出て港のほうへ向かいます。
途中、こんな趣のある水の風景が。




港の近くのムンハルシッタンというお店にはいりました。
そこで、鯖の煮つけとタチウオ(チェジュはタチウオも名物らしい)を食べました〜!
この鯖の煮つけがからい味付けでおいしいの!!!
タチウオも甘くてぷるんぷるんの身で超おいしい!!
うーん、港町ばんざい!!




そのあとホテルの近くのEマートという大型スーパーに行って、いろいろ買い物をしました。

荷物がすごいことになったので一旦部屋に戻ります。
戦利品の撮影会でございます!

まずは定番の韓国のり〜!
なかなかおいしくって家に持って帰って来てからあっという間に減っていきます。みんなごはんを待たずにおやつがわりに食べていきます。



辛ラーメン、柚子茶、マッコリ(韓国のどぶろく)です。私、マッコリ大好き!辛ラーメンは早速帰ってきた次の日のお昼に食べました。辛いね〜!!



なぞめいたお茶とベーカリーで買ったちょっとめずらしいもちもちとしたパン。なぞめいたお茶はフルーツ風味なのですがちょっと甘さがきつくて口に合わなかったです…残念!



ちなみにこれは市場で買ったいちごと金柑。いちごは大きいのに全然大味じゃなくてあふれんばかりの甘み!!5000ウォンでした。鉛筆と比べてもその大振りな感じがわかると思います。金柑は母の好物。むしゃむしゃ食べてました。私もちょっと食べました。ジューシーでおいしかったです。2000ウォンだったかな?



母様は少しお疲れになられたようで部屋についたら昼寝モードに入ってしまいました。私も海を見ながらしばしゆっくり。

夕方になったので、夕日の景色が綺麗だという「紗羅峰/サラボン」という小山へ行くことにしました。このときのタクシーがちょっとねー怪しい感じだったの。どういう細工かわからないんだけど、メーターの上がりが早いっていうか…あと、目的地についてもなんかぐずぐずしてメーターあげようとしてるし。ちょっといやでした。

でもサラボンからの眺めはそんなことを吹き飛ばしてくれるくらい素晴らしいものでした!
海と市街がいっぺんに見渡せるロケーションなんです。私達が行ったときはちょうど雲間から夕暮れ前の優しい日の光が差し込んできていてとても幻想的でした!!



ほんとうは夕暮れが素晴らしいらしいんだけど、ちょっと夕暮れまで時間がありすぎたのと、雲が多くて夕暮れが綺麗に見えないんじゃないかというのと、あまりにも寒くて…というので、夕暮れを待ちきれず降りてきました。

ちなみにサラボンから見えた港の船にこんなかわいい落書き(?)が。
I love Jeju!




夜ご飯はホテルの近くの通りにある「トンパンソク」という貝を食べさせてくれるお店!ちなみにサラボンからここのお店に来るときにのったタクシーのドライバーさん、優しくて、私達がタクシーを降りて店をさがして(←ハングルを読むのにおそろしく時間がかかる)うろうろしていたら、つつつーっと戻ってきてくれて「ここだ、ここだ」と教えてくれました。

で、これがその貝料理!



貝の盛り合わせは大中小の3段階で選べるんだけど、中(25000ウォン)を頼みましたが、食べきれないくらいてんこもり!上の写真でもまだ全部の貝がのりきってないんですよ。

貝を焼いて辛い野菜スープの中で煮て2種類のたれにつけてたべます。シーフード満喫!!ブラボー!!こうでなくっちゃ♪

そしてしめは海産物のおだしがきいたお粥!これがおいしくって、おなかいっぱいなのにぱくぱくたべちゃいました〜!!



大満足の2日目でした!
posted by はな at 15:52| Comment(2) | TrackBack(0) | '07-03韓国済州島旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国済州(チェジュ)島旅行記・1日目

「海が見たい!」「シーフードが食べたい!」




「そうだ、南の島行こう。」




…というわけで、行ってきました、韓国最南端の島・済州(チェジュ)島!
普段、全くストレスのないお気楽生活をしている私ですが、それにさらに輪をかけて癒される空間を求めるため、旅に出てまいりました。あー、私が姜尚中氏のおっかけだから韓国を行き先に選んだわけじゃないですよ、あしからず。


それでは、旅行記の始まり始まり〜!

海外旅行は成田空港に着くまでがしんどい、という私の定説をまた裏打ちしてくれるがごとく、長い国内旅行を経て、ようやく空港にたどり着きました。さくさくとイミグレをすませ、免税店で買い物をしたり、朝マックをしたりして時間をつぶします。先日からちょうどベーグル食べたいなと思っていたところだったのでマックでベーグルサンドをみつけて喜びいさんで食べたのですが…あまりおいしくない…。ベーグルもあまりもちもちしてないし、中身の味付けもおいしくない…。ベーグルはちゃんとしたパン屋さんに作ってもらうのがいいわね。

そんなこんなで搭乗時間。
チェジュ島なんてマイナーなんじゃないかなーと思っていたけど、意外と満席。ガイドブックによれば、チェジュ島はいろんな韓国ドラマ&映画のロケ地になってるんですね。それの影響か、いわゆる「韓流ファン」みたいな雰囲気が濃厚なおばさま連れが結構いて、いや〜元気だな…と。こういう風に元気に年をとりたいと思ったか、こういう感じのおばさんにはなりたくないと思ったかは秘密です。

フライトは大韓航空でしたが、機内食は意外と食べれる和食でした。飛行機の中ではハングルの子音と母音を半分くらいずつ頭にねじりこんだり、最低限の旅行フレーズを覚えたりして過ごしていました。やっぱりこういうのは試験の一夜漬けと同じでせっぱつまらないと覚えない。

済州国際空港につくと旅行会社の人にホテルまで送っていってもらいます。今回の旅は航空券とホテルのみでリーズナブルなお値段のパックにしたので、空港への行き帰りがらくちん、かつ、完全な個人旅行ではなかなか手が出ないようなゴージャスホテルにお安く泊まれました!

ホテルはRAMADA PLAZA済州という、海沿いにあるリゾートホテル!部屋から海が一望できる!いやーん、オーシャンビューなんて超嬉しいんですけど!これで旅に出た目的のひとつは達せられたというものです!!

これ、部屋の窓から見える海。
空がちょっと曇っているので海の色が渋いですが。
いやもうほんと、これだけで満足。



部屋もとても広々していて最高!!
ホテル自体が新しいので部屋に清潔感があってすごく気持ちのいい感じです。くつろげる〜!



バスルームも広くていい感じ!
この写真に向かって左奥の方にシャワールームがあって、とっても快適です。



さて、いざ、街の中にくりだそう、と思って、ホテルから出ました。

…さ、さむい…。

さむすぎる!!

なんかめちゃくちゃ寒いんですけど?ひょうっていうの、あられっていうの、なんか氷の粒みたいの降ってるんですけど!?「韓国のハワイ」?「リゾート」?「常春の島」?それどこの話??チェジュ島が寒いのかと思っていたのですが、帰ってから聞いてみるとここ数日日本も寒かったとのこと。いやーん、そんな時に旅行だなんて運が悪い!

あまりの寒さに一旦ホテルに引き返す私と母。ホテルのカフェで休みながら作戦を練り直します。とりあえず街の風景を楽しみながら散歩がてら観光スポットに行くというのは難しそうだということになったので、タクシーを使って移動することにしました。

ここのタクシーは初乗りが1800ウォン。いや〜、アジアを旅してると、タクシーがすごくお得に感じられちゃって、ついつい愛用してしまいます。ていうか、日本のタクシーって高いな〜って思います。

そんなこんなで、最初の目的地は「三姓穴/サムソンヒョル」。チェジュ人の始まりとなった3人の神様が出てきた穴といわれる場所を見に行くことにしました。




ちなみに、チェジュのいろんなところにいるトルハルバンという石のキャラクター。



園内にはチェジュの始まりにまつわる神話を説明した展示館や儀式に関する建物などがあります。この日が暖かかったらもうちょっといいお散歩ができたと思うのですが、何しろ口からでる言葉は「さーむーいー!!」

で、こちらが、その、穴、です。石棒で囲まれてるところの底のほうに穴があいているらしいけど…よく見えないよ…。



公園のすぐ横にお茶や茶器のお店「茶世上/チャセサン」があるとガイドブックに書いていたのでちょっと興味があってはいってみたのですが…思ったより狭かったためか、お店の人の視線が気になってゆっくり品定めも出来なかったし、なんか中国茶ばかりでどれが韓国のお茶なのかもよくわからなかったし(そんな複雑なことを聞けるような韓国語は私の即席旅行フレーズ集にはありませんから!)すぐ飽きちゃいました。

観光するのも寒いってことがわかったし、これはどうするべかな〜と考えて、外に出れないときは内にこもってショッピングだ!ということで、新済州といわれる地区に出向いて免税店の中でぬくぬくすごしました。

有名どころのブランドもののバッグを好き放題試してみたり、気になっていたお化粧品をいろいろ試したりと、「試すだけならタダ!!」精神を存分に発揮するという困った客になってかなり楽しんでました。

ひとしきり遊んだ後、夜ご飯を食べに行くお店にむかいながら新済州の街をぶらぶら。結構お店が多い繁華街って感じになっていて暖かかったらここも楽しめたろうな〜ていう感じ。私のガイドブック(定番「地球の歩き方」です)には新済州より旧済州(私達のホテルや三姓穴などがある方の地区)のほうが趣がある…みたいな書き方をしていたのであまり新済州を歩くことは念頭になかったのですが意外とここも楽しそう、と思いました。

途中で小さなCD屋さんを見つけてはいってみました。たぶん夫婦で経営してるのかな。K-Popには全くうとい私なのですがせっかくなので何か聴いてみようと思い、いろいろ見ていると「何か探してるものがある?」と聞かれたので、「韓国で一番人気のあるのはどの人?」とかいう、かなり困らせる質問したら、おじさんとおばさん2人していろいろ薦めてくれました。とりあえず買ったのがこれ。



パク・ヒョシンていう人なんですね。果たしてこの人が本当に韓国で一番人気があるのかどうかは責任持てませんが、今音楽流しながらこれを書いています。結構いいです!バラード集なわけですが、ああ、バラードなんて久しぶりに聞いたけど、甘いねぇ〜って感じ。直球びしびしストライクで甘さ全開ですよ!

で、寒い寒いいいながら入ったのは、韓国だからまずは焼肉かなということで「天下一品/チョナイルプム」。

韓国のレストランではいつもキムチやらなにやら、いろんなおかずが出てきます。



なにやら不思議な見た目&食感のおかず。ぷるん、というか、もちっ、というか…。魚系の練り物というわけでもなく、植物系という感じもせず…結局なんだったのだろう。



「済州の豚肉は美味で有名。30年続くここは、ばら肉の脂が5段重ねになっていることから名づけられたという「オギョプサル」が人気。」との説明です。なんとも高カロリーな説明ですが、ご他聞に漏れず、オギョプサルを頼んできました!

これが一人分!一人にこの大きなお肉2枚ってことよ。
横にある玉ねぎと大きさを比べてください!
ボリューム満点!



で、説明どおり、なかなかジューシー。サンチュという野菜にくるんで食べます。どんどん食べちゃいます!ちなみに上の写真ではどでかいお肉をでんと焼いてますが、韓国の焼肉屋さんではこのあとお店の人が食べやすい大きさに切ってくれますよ。

これを一人で一人前食べたものだから、ほんとに、おなかいっぱい!!

タクシーで旧済州にあるホテルまで帰るわけですが、私とのコミュニケーションに不安を抱いたらしいドライバーさん、秘密兵器を取り出しました!さすが観光地だけあって、なかなか便利なサービスがあるんです。それは通訳への電話!ドライバーさんが運転しながら日本語の通訳に電話をして私達に聞きたいことや伝えたいことを話すと、その携帯電話を今度は私達に渡し、通訳から内容を聞く、というものです。この通訳サービスは滞在中数回お目にかかりました。

結局、運転手さんは「本当にRAMADA PLAZAでいいのか(固有名詞なんだから誤解することもないと思うんですが…そんなこと確認されると悲しいですよぅ、ドライバーさん!)」「帰宅ラッシュの時間だから道路が渋滞していて少し時間がかかるかもしれない」ということを意思伝達して、無事にホテルまで送り届けてくれました。しかも、なんか、すごくいい人で、時間かかったからかよくわからないんだけど、タクシー代少しおまけしてくれました。チェジュっていいところかも…なんて思ったひと時でした。

早めにホテルに戻ってきてしまったので、バーでお酒でもいただきましょうか、ということにしました。まあ、バーっていっても、昼間のカフェでお酒を出すってだけなんですが。しかも、おもったよりライトダウンもしてなくて、あまり夜な雰囲気はありませんでした…。でも、生歌をやってくれたりして結構楽しめましたよ!

母はどのカクテルを頼むか悩んだ挙句、どんなのかよくわからない「Angel's Lip」というものをたのみました。私はピニャコラーダ!!リゾートに来たんだもん、外はひょうが舞っていたって、部屋の中くらいは南国気分を味あわせておくれ〜。

で、きたのがこれ!!
2人で思わず顔を見合わせてしまいました!



プリングルスと大きさを比べてみてもわかるでしょ?すごく小さいの!さすが天使の唇。でも、結構強いお酒でした!

こちら私のピニャコラーダ。んまいー。



こうして一日目の夜は更けていくのでした…。
明日は暖かくなりますように!!





posted by はな at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | '07-03韓国済州島旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。