2007年03月27日

すごーい!!

これ、すごくない?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070327-00000515-yom-soci

木星の8倍、巨大惑星を国立天文台などが発見
3月27日23時38分配信 読売新聞


 国立天文台と東京工大の研究チームは27日、おうし座の方角に、木星の質量の8倍もある巨大な惑星を発見したと発表した。

 太陽以外の恒星を回る惑星(系外惑星)は、これまで200個以上見つかっているが、その中でも最大級という。日本の研究機関が確認した系外惑星は3個目。

 研究チームは、岡山県にある岡山天体物理観測所の直径188センチの望遠鏡で地球から149光年離れたおうし座の星団にある巨星「イプシロン」を観測した。

 イプシロンの質量は太陽の3倍だが、大きさは約14倍に膨らんでいる。3年間の観測で、イプシロンが、約595日間の周期でわずかにふらついていることがわかった。


私、宇宙系のニュースってすごくロマンをかきたてられちゃうんですよね。最初ヘッドラインだけ読んだとき、太陽系にまだ未知の惑星、それもそんな巨大な惑星があったのか、なんだいままでみつからなかったんだ!とつっこみましたが、もっとずっと遠くなのね。

木星の8倍かあ。引力も強いんだろうなあ。どんな環境なんだろう。引力強すぎて鼻ぺちゃの宇宙人とかいるのかしら。

ホルストならどんな曲をつけるかしら。
posted by はな at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

こういうの気になる

こういうニュース気になるんですよね。
でもまあ、ハリウッドなんて「ザ・オクシデント」の牙城みたいなもんなんでしょ。こんな視点の映画なんてしょっちゅうやってんでないの?「欧米」こそが中心、あとはみんな「周辺・野蛮」。「我々」の存在があってこそ「周辺」の歴史は形作られたのであるって普通にふっつーーーに思ってそう。「周辺の歴史」に主体性があるということに想像が及ばないっていう感じ?
まあ、アメリカで興行収入とれてるみたいだから、それでいいんでしょう、作った人的には。

<イラン>ハリウッド映画「300」に大反発

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070323-00000016-mai-int

3月23日10時35分配信 毎日新聞


 【テヘラン春日孝之】古代のペルシャ人とギリシャ人の戦争を描いて米国で大ヒット中のハリウッド映画「300(スリーハンドレッド)」にイランが反発を強めている。ペルシャを一方的に「悪」のイメージで描いているとして、イラン人はペルシャ帝国の末えいとして誇りを傷つけられたと感じている。
 アフマディネジャド大統領はイラン暦正月入りの21日、演説で「映画は歴史を改ざんし、イラン人に野蛮人のイメージを植え付けようとしている」と非難した。
 映画はアケメネス朝ペルシャの大軍とスパルタ国の兵士300人による歴史上の「テルモピュライの戦い(紀元前480年)」を扱う。暴力的で野蛮な大軍に、西側の文明的で高貴な少数の兵士が立ち向かうという筋立てだ。ザック・スナイダー監督作品で、今月9日に全米公開された。
 13日付のイラン改革派系紙アヤンデノは「ハリウッドがイラン人に宣戦布告」の見出しを掲げ「映画はイラン人を文化も感情も人間性も持ち合わせない、侵略と殺りくしか眼中にないような『悪』と描く」と指摘。「イランへの新たな中傷の試みだ」と批判した。
 また、シャムガドリ文化担当大統領顧問は「米国は米兵や戦争挑発者を扇動し、自らの悪行を埋め合わせるため、歴史をわい曲してイラン人をおとしめようとしている」と非難。エルハム政府報道官は、米国が核開発問題でイランへの圧力を強める中で「もう一つの心理戦争だ」とみなした。
 イランでは検閲制度があり、この映画の一般公開はまずないが、既に海賊版DVDが出回っているという。日本では今夏公開予定。


全文コピーさせていただきました!
posted by はな at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

ショパンのピアノ

なんだかロマンあふれるニュースを読んだので記録しておきます。

全文コピー!

ショパンのピアノ、英国で150年ぶりに発見

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070322-00000137-reu-ent

[ロンドン 21日 ロイター] 作曲家であり、ピアニストとしても有名なフレデリック・ショパンが最後の演奏会で使用したグランドピアノが、スイスの音楽研究家によって英国で発見された。このピアノはショパンの死後150年以上も行方が分からなくなっていた。
 今回発見した音楽研究家は、フランスのピアノメーカーの台帳を徹底的に調査し、英国人収集家アレック・コベ氏が20年前に当時2000ポンド(約46万円)で購入していたことを突き止めた。ピアノに付けられていたシリアル番号から、ショパンが1848年に演奏旅行で英国に持ち込んだものであることが判明したという。
 コベ氏はロイターに対し「これは本当に貴重な経験です」とコメント。「ショパンが所有していたというピアノは他に3台しか知られていません。パリとマジョルカ島にあるものは動きません。もう1つはワルシャワにあります。私たちのピアノは極めて美しい音が出ます。弾いてみると非常に特別な感じがします」と語った。
 ショパンは生前、最後の演奏旅行を終えてパリへ戻る際、このピアノを英国で貴族に売却していた。


そうかー、演奏旅行するときはこだわりのピアノを持ち込むこともあったのね。演奏する場所のピアノのコンディションがわからなかったからかな?

ずっと前にピアニストをしている人のエッセイをよんだことを思い出しました。コンサートで行く先のピアノがどんなコンディションかわからないけれど、それに泣き言をいってられない、ピアノのコンディションも含めて最高の演奏をすることが求められる、みたいな内容だったと思う。それよんだとき、「自分の楽器を持ちあるいて演奏する」ことのないピアニストって結構大変な仕事だなあと思ったものです。

でも、ショパンはピアノ持ち込んでいたのかー。それもいい方法かもね!
posted by はな at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

飛行機もストライキ

今まで電車のストライキっていうのはきいたことがあるけれど、飛行機もストライキするんだー、初耳だなーとびっくりしちゃったので、ニュースカテゴリーに記録するであります。

「4労組が20日にスト計画=突入なら国内線26%欠航も−日航」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070318-00000076-jij-biz


さすがに国際線はしないのね。他に移動手段ないもんね。あ、船があるか。でもそれはさすがに無理か。でも国内線だって遠いところだったら電車や新幹線乗り継いでいくのも大変でしょう〜。

それにしてもJALもなかなか再生の兆しが見えないわねえ。昔めっためただった日産をいわゆるV字回復させたゴーンさんみたいな辣腕がいないのかしらね。まあ、がんばってちょうだいな。

posted by はな at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

ボルトンさん

ブラウザひらいたらヤフーでこんなニュースが。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070311-00000103-yom-int

「米国は拉致問題見捨てた」…ボルトン氏、厳しく批判
3月11日13時53分配信 読売新聞


 【ワシントン=坂元隆】ジョン・ボルトン前米国連大使は8日、本紙と会見し、5〜6日に行われた米朝国交正常化作業部会に関連し、「拉致問題が解決するまでは、米政府による北朝鮮のテロ支援国指定解除は交渉すらすべきでない」などと北朝鮮の核問題をめぐる6か国協議の交渉を厳しく批判した。

 ボルトン氏はブッシュ政権内の強硬派として知られたが、任期延長で議会の承認が得られず昨年12月に辞任した。

 ボルトン氏は、北朝鮮が寧辺の核施設を停止・封印することなどの見返りに金融制裁の解決や5万トンの重油供給などを決めた6か国協議の2月の合意について、「北朝鮮が自発的に核兵器を放棄することなどあり得ない。極めて悪い合意だ」と指摘した。



私的に、まじで怖い人だという認識だったボルトンさんの発言。
結構言ってくれますね。
しんぞう君とかあのふにゃふにゃ声で力んじゃいそうです。

先日のTIME(e版)にアメリカが「日本が拉致問題にこだわるのはよくない」みたいな態度でいるらしいっていうことが報道されていたわけだけど、ボルトンさんみたいなことを言う人もいるわけだな。ていうか、この人はよくよく北朝鮮が嫌いていうわけなんだな。

あと、この引用記事は日本のメディア発だから拉致問題のほうに重点を置いた書き方されてるけどたぶん日本のことなんて各論であって、もっと総論的な発言の中の一部であるか、はたまた六者協議の評価のことのほうがメイントピックだったんじゃないかと勝手に予想するわけです。

六者協議の評価について、姜尚中おっかけ的には、おそらく「もっと冷静な眼差しで、あの合意が現実的にどのような前進をもたらしたかを考えよう」と言うべきなのかもしれませんが、正直、私は頭が悪いので現在進行形の出来事についてうまく考えられません。できることはといえば、いろんな議論・思想を聞いては右往左往することぐらい?頭の弱いファンでごめんね、姜先生。

posted by はな at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

円楽さん引退

ヤフーを開いたらこんなニュースが出てました。
笑点の前の司会者の三遊亭円楽が引退表明だそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070225-00000045-mai-soci


<三遊亭円楽さん>引退を表明 「恥をかきたくない」と
2月25日20時6分配信 毎日新聞


 人気落語家の三遊亭円楽さん(74)が25日、東京・国立演芸場で開かれた落語会「国立名人会」の終了後、「きょうで噺家(はなしか)として引退したい」と、落語界の第一線から退くことを明らかにした。


そうかぁ…。
私なんかの年代だと笑点ていったら円楽さんの顔が思い浮かぶわけだけど。そりゃ、そんなにそんなに笑点みてないよ、たまにチャンネルあわせたらやってた〜くらいだけど、それでも、知ってる人がその世界から引退するってのはさみしいねえ。

今司会者をバトンタッチされた歌丸さんが「引退撤回を頼みたい」という意見も出してるけど…うーん、その気持ちもわかるけど、芸術家として自分の引き際を美しくまとめたいっていう気持ちも芸のうちていうかその人の美意識っていうか、尊重してあげてもいいのかなって思います。

記事読むと、引退=独演会はやらないってことのようだけど、その他の活動したりして落語といい距離のお付き合いしてくれるんじゃないかと思うし。

posted by はな at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

へー

こんなニュースが。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070126-00000113-yom-bus_all

同一電話番号、携帯・固定で使用可能…今秋にも解禁
1月26日20時45分配信 読売新聞


 総務省は26日、一つの電話番号で、外出時には携帯電話として、自宅などでは固定電話として電話を使える通信サービス「FMC(固定と移動体の融合)」を、今秋にも解禁する方針を決めた。

 今秋にも関係省令を改正して、サービスの提供を希望する通信事業者に、新たに「060」から始まる11ケタの番号を割り当てる方針だ。

 NTTなどは事業への参入を検討しており、新ビジネスを巡って、各社間の競争が加速しそうだ。

 情報通信審議会(総務相の諮問機関)は26日、FMC向け番号を事業者に割り当てることが適当とする答申案をまとめた。

 FMCは、屋外では携帯電話につながり、自宅などでは携帯電話よりも通話料の安い固定電話として使える利点がある。


これ興味深いんだけど。
つまり家にいるときの携帯電話代が安くなるっていうイメージよね?
メリットは、どのくらいの程度安くなるかにかかってるけど、ちょっと楽しみです。どーんと安くして欲しいな。

外にいるときはそんなに長話しないよね。用件伝えるくらいか、メールするくらいだから。

なかなか楽しみです。

posted by はな at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

洋ちゃん、がんばってる

最近は、もはや全国区の人気なもじゃいずみ、じゃなかった、大泉洋ちゃんの出世作『水曜どうでしょう』の最新作が放送され、深夜番組にしては異例の高視聴率!(15.1%)
いいなぁ、北海道いってみたいよ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070124-00000001-oric-ent

この番組も、とことんアホやからね〜!
posted by はな at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

失望・幻滅

goo見てたらこのニュース。

与党の中でも反対論が出てきたから、ちょっとほっとしてたんだけど…

「残業代ゼロ 首相「少子化対策にも必要」」
http://news.goo.ne.jp/article/asahi/politics/K2007010502590.html

「(労働時間短縮の結果で増えることになる)家で過ごす時間は、例えば少子化(対策)にとっても必要。ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)を見直していくべきだ」

「家で家族そろって食卓を囲む時間はもっと必要ではないかと思う」と指摘。長く働くほど残業手当がもらえる仕組みを変えれば、労働者が働く時間を弾力的に決められ、結果として家で過ごす時間も増えると解釈しているようだ。


このすばらしき、しんぞう君語録。

この首相に託してた期待もかなり崩壊気味でしたが、このニュースで私の中の最後の砦がこっぱみじんにふきとんだのを感じました。

この人、つける薬がないくらい、バカだわ…。
posted by はな at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

うわ、うわうわうわ

げー、これ法案作成に着手?最悪ー。

http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/nation/20061227it13-yol.html

以下、まんまコピー。

ホワイトカラーの労働時間規制除外、労基法改正案へ
2006年12月27日(水)20:28

 管理職一歩手前のホワイトカラー(事務職)のサラリーマンについて、厚生労働省は27日、1日8時間、週40時間の法定労働時間規制から除外する「自由度の高い労働時間制」(日本版ホワイトカラーエグゼンプション)を、労働基準法改正案に盛り込むことを決めた。
 同日開かれた同省の労働政策審議会労働条件分科会が、導入を求める最終報告をまとめ、柳沢厚労相に提出。報告書には「長時間労働となる恐れがあり、認められない」とする労働側の意見も併記されたが、同省は「議論は尽くされた」として、今後、来年の通常国会提出に向けて、法案作成に着手する。

 新制度が導入されると、労働者は自分の判断で、出社・退社時刻など、1日の労働時間を調整できるようになる一方で、残業手当は支給されず、成果で給料が決まる。企業が新制度を導入しようとする場合は、事前に労使で協議し、労働者側の同意を得なければならない。新制度の対象者については、週休2日に相当する年104日の休日確保を企業側に義務付け、違反した場合は罰則を科す。



ま、私は管理職一歩手前のホワイトカラーなんかじゃない、しがないOL(だった、もしくは、またそうなるかもしれない)だから別にいいっちゃーいいんだけどね。

それにしても最悪。会社に殺されるね。

ま、効率よく成果あげればいいんだろうけど、おばかな部下とかあてられたら悲劇だし、むずかしい仕事あたったらアンラッキーだし。そういう要素を評価するのも難しいよね。

管理職一歩手前って、主任とかそういう立場でしょ。傍から見てても、実質、あのくらいのポジションが一番ストレスフルな働き方を余儀なくされてる感じなのに、ほんと、かわいそすぎ。

制度の名の下に、堂々と殺人がまかり通るんだわ。

人が何人死ねばこの議論ひっくりかえるのかしら。
posted by はな at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

またやっちまった

ソフトバンク、また「やっちまった」CMだそうです。

ソフトバンクの携帯同士の特定時間帯での通話が無料になるというCMで、他のキャリアの子には電話をしない…というような流れの内容が批判をよんでいるようです。

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/economy/softbank_mobile/?1166923596

インパクトを狙うあまり、すべってばっかりのソフトバンクという感じですね…。前回の「¥0」広告では公取委から注意されたし、今回は視聴者から苦情がかなりきてるらしいし。ちょっとだめだめですなぁ。
posted by はな at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

きました♪



じゃーん、きました、きました!TIME!この時期恒例のPerson of the Yearの号です。今年も各種メディアで話題になっていたけれど、今年のPerson of the Yearは"You"!Web2.0時代ってことですねー。私もこんな自己満ブログだけど、ブログやってるわけだから、この"You"の仲間入り、私がPerson of the Yearになるなんてぴかぴか(新しい)と喜んでます(←おばか)

で、この表紙、自分の顔が写る様に、鏡仕様になってるって前評判だったけど、そんなにはっきりうつりません(笑)この写真にも私の顔はおろか、撮ってる携帯だって写ってないはずだ!

…ていうか、表紙で遊んでるくらいなら、英語ブログに記事アップすべきだよね…という自己嫌悪が。

そうなんだよね…。

でもねー、なんか開き直るみたいだけど、あの英語ブログ作ってからTIME読むのが苦痛になってきたんだけど、思い切って三日坊主で閉鎖したほうがいいんじゃないかって思う今日この頃。
posted by はな at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

すっごいショック

何がって、カンニングの中島さんが亡くなったそうです。
一瞬、ネタなのかと思ったよ。ネタだって言ってくれ。死んじゃうなんて…ショックすぎます。

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/entertainment/owarai/?1166616573

カンニングの笑いが好きというわけではないです、むしろ竹山さんのキレ芸はいかがなものか、というよりも嫌いですが。
ただ、同じ病気を持つ者として(同じ病気なんじゃなくって、病気を持ってるってことが同じってことね)なんとか病気を克服して仕事に戻りたいって思っている人の姿を見ることは、励みになるものでした。それが、亡くなっちゃうなんて…。残念です。
posted by はな at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気になったニュース

まずは木村拓哉さん、事務所の方針で『武士の一分』の日本アカデミー賞受賞辞退だそうです。

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/entertainment/movie/?1166567466

最優秀賞を他の人と争わせたくない、ていうのが理由だそうですけど、ふーん、変なの。ノミネートされて賞からはずれるのがいやとか思ってんのかな?競争が嫌いなのかな?一生懸命やった作品で他人の評価受けたっていいじゃんねーと思うけど。いくら頭をひねっても、どう理解していいかわからない記事でした。

あと、昨日読んだんだけど、リンクはろうと思ったら記事がどこかへいっちゃったニュース。
飛行機の国際線に持ち込める液体の量が規制されるらしい。ペットボトルの飲料は不可だって!テロ対策らしいけど、これかなり厳しい!だって、私はいつも、つつましくエコノミーで旅行するわけだけど、正直、エコノミーの客なんて貨物以下の扱いであって、よんだってCA来ない場合あるので、乾燥した機内で自分の体調を守るには、自分で飲み物を持って入るのが一番と心得て今までやってきました。でも、それができなくなる!ひどいよー。干物になって死んじゃうよ。飲み物持参できないんだから、のどが渇いて呼ぶときは、絶対きてくださいよね!CAさん!!

posted by はな at 11:08| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

悲しいお知らせ

今、『僕の歩く道』の感想ブログ書こうとしてブラウザ立ち上げたら、Yahooのニュースのところに、ぽちたまで人気のまさお君が亡くなったと報じられてました。

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/entertainment/animals_and_pets/?1165921550

偶然テレビつけたらやってたから見た、ぐらいの、ちら見しかしてないけど、まさお君にはよく癒されてました。
悲しいな。人だけじゃなくて、どんな動物でも、自分が知ってる1つの命が消えてしまうってことは、悲しいことなんだなー。

今日はなんだか寂しい気持ちになってしまったので、ドラマの感想ブログは明日にしようと思います。

まさお君、天国でも楽しく旅をしてくれ!
posted by はな at 23:16| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

アメリカでのWiiのCM

YahooのニュースでアメリカでのWiiのCMが大評判だと読みました。YouTubeで見られるので実際見てきました。アメリカ人の抱く日本人ビジネスマン像みたいな感じで面白かったですよ。あと、Wiiに感動したお客さんがニワトリくれようとしたところとかちょいウケたし^^

ニュースはこちら↓
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/entertainment/revolution/?1163901617
YouTubeはこちら↓
http://www.youtube.com/watch?v=p5cPVP_llfo

これで音楽を担当しているのが吉田兄弟だということです。なかなかよかったです。最近STINGの『ラビリンス』をめっちゃヘビロテでかけてるんだけど、そろそろ、他にガツンとくる音楽を求めていたところなので、もしかしたら吉田兄弟のCD買うかもしれません。あくまでそんな気がする、ぐらいですが。
posted by はな at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月14日

おもしろい〜

今、はまりにはまってるのがフジテレビのお昼のドラマ再放送でやってる『ラブコンプレックス』!!
前にも書いたとおり、筋書きとしては、会社のお金を横領した秘書を探し出すべく秘書室に二人の男性社員が送り込まれたっていうものなんだけど、なにがいいかって、その二人っていうのが、唐沢寿明さんと反町隆史さんということで私としてはめっちゃ目の保養になるんです!!あと、7人の女性秘書も本当美人ぞろいで、これもたまらなく目の保養〜〜!!私、りょうさんがすごい好きなんです。モデル出身だったと思うけど、ほんと、きれいだな〜とうっとりしながら見てますキスマーク
そんな美男美女をそろえて、かなりチープに笑える演出をしてるので、雰囲気は漫画チックです。原作は漫画なのかしら?
それにしても大企業の秘書室ってあんなに一糸乱れぬ感じの完璧な仕事が求められるのかな!?だとしたら本物の秘書さんたちってすごいな〜。
posted by はな at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月11日

極秘帰国

中村獅童さんが成田とフェイントかけてセントレアに帰国したとのニュース見ました。うーん、すごい念の入れよう。
離婚問題、どういう形で、どのくらいのスピードで決着するのでしょうか。目が離せません。

中村獅童・竹内結子夫妻が離婚したら、私も今カレときっぱりさっぱり別れようかな〜。次に付き合う人の見込みはまるで立ってない、見切り発車だけど、独りになるのも別に怖くはないから!
posted by はな at 19:17| Comment(2) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

ジョージちゃんたら

こんなほほえましいニュースを見つけました。

http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20061024-107880.html

「ブッシュ大統領はメールが嫌い」というタイトルで、問題発生時にエビデンスとして提出しなければいけないこと、メールを送ったといわれて「読んでない」とは言えないことなどを理由として電子メールを「使わない」と、ブッシュ大統領がインタビューに答えたとのこと。

私の心の琴線に触れたのは、メールは使わないけどグーグルアースを使って自分の牧場を見るのが好きだといったこと。「自分がいるべき場所を思い出させてくれるからね」と笑顔で答えたそうです。


もう仕事やめてファーマーになったらどう?と思わせてくれるほほえましい記事でした!
posted by はな at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。