2008年06月01日

画廊の夜会

先週金曜日の夜は銀座の画廊をめぐっていました…というほど、数をまわれたわけではありませんが><

もっとさーっと見てまわるつもりだったのですがね。



指紋べったりの写真でごめんなさい…。


あとからこの小さなブックレットを見たら、もうちょっと心惹かれる絵をやっているところもあったみたいだったけど、あまりに無計画に歩いてしまった><

一応、夜会ということでまわったギャラリーで“出会った”画家で気になったのはギャラリー新居での足立知美のDMの葉書。あー、この人の個展見てみたかったって思わされた。足立美術館のお嬢さんだそうな(足立美術館で働いてもいる)。なんというサラブレッド。

他に気に入ったのは、夜会の地図に載っていなかった2つのギャラリー。

木田画廊でみた坂口紀良。

そしてシルクランドギャラリーという中国系作家の作品を見せている一風変わったギャラリーで出合った、ボーラン・チェン。

http://www.silkland.co.jp/Artist/Bolan/Bolan_work/Bolan_Work_Frameset_BC063.html

ボーランはうまいんだ。しっかり描けるんだ。
上手で器用ってことがぱっと見てわかる絵はえてして見るときに斜に構えてしまうところがあるんだけど、でも惹かれたんだよね、不思議なことに。
このネットの画像ではわからない魅力があるんだよ。
風のようで軽やかで、でもすこし寂しくて。
お金持ちだったらまるごと買い取ったな。
そしてギャラリーを作ってみんなにお披露目する。

ここでかなり時間をとってしまったから他をまわれなかったんだよね。

ていうか、ここで時間をとったあげく、ボーランとお茶をし、お酒まで飲みに行って、これまでのいろんな話をきかせてもらって、そしてスケッチブックとかも見せてもらって、終電ぎりぎりの雨ふる銀座でばいばいしました。

だからもう勝手に友達認定してボーラン呼びだから!

これからの制作に期待が高まります。
posted by はな at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。