2008年04月28日

一人美術部強化合宿@関西(主に京都)・ざざっと復習

前回までの3月後半・4月後半の一人美術部強化練習の記録のように、関西旅行で見てまわったものもざざっと記録しておくことにします。
いつまでも感想記録をせずぐずぐずしていると、たぶん全部書かないで終わってしまうから。
今後も基本的には1軒ずつ、記憶に残しておきたい作品を取り上げて感想の文を添えられればいいのですが、もしかすると「あまりに放置してると賞味期限が切れるな」という場合はこの手法をとりたいと思います。
何事も柔軟に、ケースバイケースで!

というわけで、へたっぴ携帯写真でふりかえる、一人美術部強化合宿@関西!

・奈良の奈良国立博物館(常設)&興福寺国宝館



常設しか見なかったんだけど、これはもうさすが「奈良」国立博物館、圧倒されました。仏像ファンにはたまらんやろうなあ、という感じです。

同じく仏像ファンが欣喜雀躍しそうな興福寺国宝館。これも素晴らしいものがたくさーん!京都にいる間に読んだ新聞に載ってたんだけど、来年、この興福寺のお宝が東京に来るそうな。

この2軒は歩いていける近い距離にあります。


・秋野不矩展@京都国立近代美術館



これは別に記事を書きますので写真だけ。

そうそう、常設に藤田嗣治がすごく並んでいて泣きそうになった。



・うつわ考@京都市美術館



ここっていつも不思議なんだよ。私の見た展覧会はいつも、なんか妙にがんばってて、そのがんばり具合にくすっとさせられるようなコンセプトとか解説文がつけられてて。すごく理屈っぽい学芸員さんがいるのかなあ。

理屈抜きに、目を楽しませてくれる古今の「うつわ」がそろっていました。


・源氏絵と雅の系譜@細見美術館



とれびあーん!みやび、みやび!!


・大西清右衛門美術館



お茶の道具、特に釜の美術館。
昔、釜を作る職人は武器を作る職人でもあったから、特別な地位を与えられていたんだって。
お茶道具を勉強したくてここで1冊本を買いました。



・王朝絵巻 女流六人展@染・清流館






これしか写真ないけど。(アップし忘れてた正面の写真、あとから追加しました)
現代作家の作品。
きりかねの江里佐代子さんがすごかった。
あと日本画の森田りえ子さんがよかったと思ったけど、もらった出品リストに1点しか載ってない?もうちょっとあったような気がしたのは気のせいかな????今となっては迷宮入り。




・暁斎漫画@京都国際マンガミュージアム



どうせだったら京博の常設の建物の一角とか借りてやってほしかった…。



・河井寛次郎記念館



「土と炎の詩人」だって。うんうん、まさにそういう感じ。
陶芸っていいなあって思った。
土と炎の詩かな、歌かな。原始的な何かを感じますよね。



・江戸絵画の夢と光―若冲・北斎とともに―@細見美術館

フライヤーなかったので写真なし。

これが今回の滞在での2度目の細見訪問。
いやー、よかったですよ!
若冲は初期のものと水墨画。動植彩絵のようなインパクトはないかもしれませんが、て、あれと比べちゃだめか。
片山楊谷という人の《菊慈童図》がむちゃうまかった。
酒井抱一さんが何点か。いや〜いつ見てもいい!!
隣の絵を見てるとき、視界に入って「あ、いい絵があるな」と思ってキャプションみたら抱一さんですから。さすがだー。
抱一さん、遊女だった女の人を身受けしたんだって!!超かっこよくない?で、その人と素敵な作品を合作してるの。ああ、理想の愛。



・並河靖之七宝記念館




ここ、超おすすめするんですけど!
宝物ってこういうもののことをいうんだっていう感動。
七宝でここまでできるんだ、という、驚愕。
すごかった。


・高麗茶碗への挑戦@野村美術館

なんか、茶道具に惹かれつつある自分に気がついてます。



えーと、ここで聞きかじった(読みかじった?)ことをそのまま受け売りで書きますが、高麗茶碗っていうのがあるんだね、そしてそれは当時のプリミティブな釜・釉薬・その他もろもろの条件の中でできたもので、その作り方を完全に再現することは出来ない。でも、いい。だから挑戦してみる、現代日本と韓国の陶芸家達が。
というコンセプトでした。
いいもの見せていただきました!

posted by はな at 22:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

「濃い」ですね〜
うらやましいご旅行!

秋野不矩展とっても惹かれます。
Posted by Tak at 2008年04月30日 23:31
♪Takさん♪
最近、美術館めぐりの記事が手抜きになってきて、どうかな〜><と思っています。。。
本当は書くことによって記憶を定着させているのですが…。

関西旅行はとても楽しかったです!^^
Posted by はな at 2008年05月01日 17:43
はじめまして。
「秋野不矩展」を調べていまして偶然このブログに至りました。明日行こうと思い立ったからです。
彼女の作品は大変好きで、1点「印度の華」を所有しています。20年近く前に、たまたま立ち寄った画廊で、一目ぼれ。私にも購入できる額でしたので、入手しました。
実は私は奈良県民。奈良国立博物館や興福寺にもいらしてくださったなんて感激です。秋の正倉院展にも一度是非いらしてくださいね。
私は時々友人達の京都や奈良案内をします。ホームステイも受け入れています。4月には長年お付き合いをしているフランス人の娘さんが初来日。京都の案内の方がうまくいったように思います。地元奈良の案内は、不満足。トレーニング不足のようです。年齢はしっかりいっているのですが…。はなさんのお母さんより年上でしょうね…。
食べ物のお話も大好きです。とりわけスイーツには目がありません。今日はパンを焼きました。お料理は手早いです。上手かと尋ねられると、ちょっぴり返事に休してしまいますが…。
私は残念ながら、ブログはしていません。
Posted by 桜子 at 2008年05月03日 22:13
♪桜子さん♪
桜子さん、こんばんは!はじめまして。
ご丁寧なコメントくださり、ありがとうございます。
とても嬉しかったです!
桜子さん、秋野不矩作品をお持ちなのですね。すごいですね〜!自分が気に入った美術作品を手元においておけるというのはとても羨ましいです。私にもいつかそんな日がくるのでしょうか。当分は美術館通いのような気がします^^;

桜子さんは奈良にお住まいなのですね。
あをによし奈良のみやこはすてきなところでした!
正倉院展、ものすごく混雑すると聞くのですが、ぜひ一度いってみたいと思っています。

お友達に奈良や京都を紹介されているというのもとても素敵だと思います。そういうふうに誰かを案内するっていう目的があるとまたご自分のお住まいの場所についてよく知ることが出来て楽しいんだろうなって思います!

私のブログはご覧のとおり、日々のことを書き散らした雑記帳みたいなものです^^;
最近はちょっと手抜きで、外出先で食べたおいしいものの写真記録ばっかりになってますが…!
そんなにいいところにいってるわけではないですが、東京まわりでちょこちょこ生活している人の生活日記としてお楽しみいただけたらと思います!
よかったらまたコメントおよせください☆
Posted by はな at 2008年05月03日 23:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。