2008年04月23日

4月前半の一人美術部活動内容

4月前半のクラブアクティビティ(参加人数:1人)についてもさーっと風のように流そうと思います。

・ガレとジャポニズム



これはね、ガレの印象がかわった。かわったというか深化した。
今まで見たガレっていうのは、きれいきれい系で展覧会会場に華を添えるって感じの作品が多かったけど、今回はすごみというか、深みというか、むしろそんなどろっとしたものでもなく、解説の言葉を借りれば「もののあはれ」を感じちゃうような、そんな展示でした。ガレ、おそるべし!


・モディリアーニ展



モディリアーニの人物表象にプリミティヴィスムがどのように影響を与えていたかという視点から構成された展示。感想は「これでもかっ、これでもかっ!」良い意味でもよくない意味でも(笑)←実際足を運ばれた方は多かれ少なかれ、この気持ちわかってくださるのでは…。

そういう感想はさておき、初期の作品に「おお〜」と思わされたものいくつか。
《帽子をかぶった裸婦》はかっこよかったな。(キャンバスの裏表に描いてある作品)
《大きな赤い胸像》赤い体に青い輪郭線というのが強烈でした。



・アーティスト・ファイル2008 現代の作家たち




今更言うのもなんなんですが、なんかもう、へったくそな携帯写真でごめんなさい><
美術館やアーティストへの冒涜ですわよね(反省)
でも、これで「おはなちゃん色」が加えられて、著作権的にセーフかな、なんて考えてます^^;

それはともかく、展示の感想。

私の中でヒットがあったのは佐伯洋江とポリクセニ・パパペトルー。
佐伯は余白がいい細密な絵を描く人。
パパペトルーは写真。前半はちょっとなあ…だったけど、後半の現代っ子たちは好きかも。


・アートは心のためにある:UBSアートコレクションより



シンディ・シャーマンという人を見て森村さんと似たようなことをしている人がいるもんだなあ、と思った。

オスカル・ムニョスは秀逸、心に残った!
《メモリアル・プロジェクト》というビデオ作品の切なさにじーんと来ていて、気付いたらコーヒー浸け角砂糖の《ピクセル》の人なのか!と気づいたときの鳥肌。この人はフォローしたいなあ。

あとさあ、このメインビジュアルに使われている"Art is for the spirit"ていうのなんだけど…無料の音声ガイドを借りたんだけどそのガイドで「アートは売買されるためにあるのではなく、心の自由のためにあるのであって…!」みたいな勢いで、学級委員みたいな感じで真正面から解説してて「えええ?」って思ったんだけど…。もしそうだったら、これただのだっさいポスターなんじゃないの?あえてのこんなぎょっとするような表現を用いることによって、artって何だっけ?spiritって何だ?て考えさせるものだと思っていたんだけど…。まあ、見方は人それぞれですから、なんともいえませんが。



・アートフェア東京2008



展覧会というよりアートフェアですが!
楽しかったよ!
ギャラリーとかいったことない人間だから、すごく目新しくて楽しかった。

裂のお店がよかったなあ。あとは前に見たことがあって心の中に残っていた丸山直文さんの作品をみた。
目黒区美術館で行われるという個展が楽しみ!


そんな感じでした!



posted by はな at 19:06| Comment(6) | TrackBack(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はなさんの合宿、濃厚だわ。
と、思いつつ、器用そうな手に目がいってしまいました(笑)
いいなぁ、細長い爪。
マニキュア、似合いそうですね。
Posted by うさこ at 2008年04月23日 22:19
モディリアーニ展、私はまあまあ良かったと思っているのですが、母には「やめた方がいいよ」と言ってしまいました...。
ガレ未見です、早く行かないと。
Posted by ogawama at 2008年04月24日 22:08
あおひーさんのところからお邪魔しました。

丸山さん、目黒区美術館で個展なんですか!!
すごい嬉しい〜大好きな作家さんです。
楽しみが増えましたー。
Posted by kino at 2008年04月25日 00:40
♪うさこさん♪
最近、一人美術部の活動日誌がおろそかになっていて><
ブログでちょっとでも書いていたほうが記憶が長持ちするからいいのですが…。
写真の指とかきになりますよね^^;
これ、床に直接おいて写真を撮ると灯りが反射しちゃって白くなるので自分でちょっともって傾けているんです〜!


♪ogawamaさん♪
そうなんです、そうなんです。
私もモディリアーニ展楽しんだのですが、これ、万人に薦められるかってきかれると、うーん…どうしよう、てなるような気がするんです^^;

あと、おそくなりましたがチケット本日投函いたしました!
今週末ふっと行きたくなったときチケット間に合わなかったらちょっと悲しい…というタイミングでごめんなさい><


♪kinoさん♪
kinoさん、こんにちは!はじめまして♪
おこしくださってうれしいです!
丸山さんは私がまだ現代作家に目をむけていなかったころにはじめて見たのですが、それでも心にすっとはいってくる絵でした。
個展ではかなり大掛かりなカタログ(書籍?)が作られるみたいなので、それ、絶対買おうと思ってます!
Posted by はな at 2008年04月25日 13:12
はなさん、こんにちは^^
ガレは僕も昔から好きで行きましたよ!
サントリー美術館はこれからも利用するだろうと思いレギュラー会員になっちゃいました(笑) 同伴者は無料ですので、入館してあとは自由に見られますから、気が向いたら入口までご一緒に(笑)
Posted by cyaz at 2008年05月13日 12:29
♪cyazさん♪
cyazさん、こんにちは!
このガレ展、とても見ごたえがありましたね〜!
私もレギュラー会員で、もうすぐ更新の時期なんですよ〜。
1年間同伴者を連れて行ったことは数えるほどしかなく(爆)
もったいない〜!!と思って今更新するかどうか迷ってます^^;
Posted by はな at 2008年05月13日 12:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。