2008年04月23日

村上陽一郎先生退任記念音楽会(3月)

3月の思い出を超特急で振り返ってます。
3月の最後に音楽会に出かけました。
題名の通り、村上陽一郎先生の退任記念の音楽会です。
「最終講義」の代わりに、先生がずっと続けてこられたチェロを、プロのバイオリニスト、ピアニストの方と一緒に演奏するという趣向でした。
直接面識があるわけではないのですが、多感な高校生の頃、先生の文章を読んで、ああ、これが大学、これが知性というものだな、なーんて思っちゃった記憶があるものとしては、一つの時代が終わることへの敬愛の気持ちを込めて行ってこよう!という感じではせ参じたわけです。



某新聞に掲載されていた記者による宣伝文句には「プロ級の」みたいなことが書かれていたけど…いえいえ、決してそんなことはありませんでした^^;(超失礼)。音はやっぱりアマチュアです。
でも、時々、贔屓目かもしれないけど、はっとするような気持ちの良い響きをきかせてくれて、ああ、この人は音楽が好きなんだな、今弾いていて気持ちいいだろうな、と感じさせられることも何度かありました。

そしてなんとなんと、この日、美智子皇后がいらしたのですよ!
1部と2部の間の休憩時間に上の階から拍手が聞こえるからなにかと思って振り返ったら皇后陛下ご入場。びっくりした〜!すごく雰囲気のあっておきれいな方でした!!


ちなみに、ほんとにまったく面識はないのですが、暑苦しい手紙を添えてこんな花束をお届けしたのです。



そしたらね!!なんとね!!!!
直筆のお礼の葉書をいただいたの!超感激!!!
私が学者フェチと知っての狼藉かっ!て感じ♪
すごくうれしくて、今でも肌身離さず(文字通り、です。いつもかばんにいれてる)持ってます。

私も日々、今よりも少しでも成長して、立派な大人になりたいって思いました!

posted by はな at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/94446002

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。