2008年02月27日

リラクゼーションは最高の美味

ここのところ、本当に食事を楽しんでるかなあ、とちょっと自分を省みていたところなのです。たぶん友達と来たらおいしいだろうな、というようなちょっとした気軽なお店で、社交的な笑みを浮かべながら、話しながら、でも食べるスピードを落とさずに、とか気を使いながら食べるお食事は味気ない。

あと「ああ、これ自腹で買って食べたい…」と思う手土産類。人に買うと自分の分を買う資金が残ってないから「ああ、食べたい…」という気持ちだけが疼く。

なんやかやと出費がかさむので、せめて自分ひとりのご飯の時はエンゲル係数低めでいこうと思うから、おせじにも「おっいしー!」と思えるようなものにはあまりあたらない。

そんな、ちょっと貧しい食生活だったんですよ、最近。

だけど昨日今日とそんな鬱憤を晴らしてくれるようなとびきりのごちそうを食べました!

食べたものはたいしたことない、普通のものだけど、でも、何が良いかって、結局、リラックスして楽しんで食べられるかってことだよね。それが最高のシーズニングだと思います。

「空腹は最高のソース」っていうことわざがあるんだっけ?
私はそれに「リラックスした笑いのある食事こそこの世で最高の珍味」と付け加えたいです。


これは昨日、長年の友人と久しぶりに、すっごい久しぶりにご飯を食べたときの写真。アボガドとかがはいってるハンバーガー。1000円くらいします。「店で食事したら1000円って別に大したことないけど、『ハンバーガーが1000円』って思うと高いよね」とかいいつつ、アボガドが食べたいという誘惑に負けて選んだこのお食事。



おいしいのはもちろんのことなんだけど、ハンバーグのボリュームが半端じゃなくて、もうメガマックとか土下座して謝って、ていうくらいで、昨日は経費削減およびダイエットのために昼食抜いたのに、おなかぱつぱつですよ!

そして何より、トークが楽しかった〜!!!
もう、何物にもかえがたいね!
お酒なしで、酔っ払ったようにしゃべりくるったからね。

また近いうちにご飯食べようっと。


そして今晩のご飯。

なぜかしらないけれど、なりゆきでワインを買ってくることになりました。おかずはカキフライ、ニョッキ、チーズというなんだか趣向がばらばらなもの。でも、カキフライもおいしいし、ニョッキはもう「イタリアいかなくていいんじゃね?」てくらいおいしいし、チーズはうちの食道楽の家人さんがいつものフィラデルフィアクリームチーズに梅酒につけたレーズンと胡桃をねりこんだお手製の逸品で、なんかもう、最高においしかった。

ワインはこれ。
普通にスーパーで普通の値段で買ったものですし、そもそも私、ワインに明るくないので、どなたかこのラベルをみて薀蓄たれてください。薀蓄垂れるほどのワインでもないと思うけど^^;



呑んだ感じとしては意外と酸味があったかな。後ろのラベルに「カシス、ブラックチェリーの香り」云々と書いてあったからかな〜。よくわからないや〜。でもおいしかったよ!

おいしすぎてまた酔うとうるささに拍車がかかりまくる私が
「いやー、ボージョレーとかいうケツの青いワインにはない芳醇さがありますよ!」とか
「バッカスに乾杯!」とか
「全部おいしすぎて聖母(←自分のこと)被昇天!」(クリスチャンの方ほんとうにごめんなさい)とかさわぎまくってました。

リラックスしてよっぱらった私がいかにうざくうるさい輩であるか、存分に想像してやってください。

え?そんなもの想像したくないって?

まあ、確かにね。



とにかく!!
昨日今日といい夜ご飯を食べました!!

気持ちがリラックスして、存分に楽しいってことが、食事をおいしくいただく大事な大事な条件だね!
posted by はな at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 美味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。