2008年02月26日

ロートレック展 パリ、美しき時代を生きて

なんかやたらとマスメディアで広報されてたような気がする、この展覧会…なもんだから、とっても混んでいた!ひー。やっぱり展覧会は早め早めに行くのが大事ですね。

「ロートレック展 パリ、美しき時代を生きて」(1月26日から3月9日まで)



そしてとらさんのブログ(http://cardiac.exblog.jp/)で前もって教えていただいていたにも関わらず、出品リストが用意されていないことをすっかり忘れていた私。ちょっとさあ…どうなの、そのへん?ちょっとミッドタウンにあって、ちょっと集客力の高い展示だからって図に乗ってない?出品リスト作るって来客に対する最低限のサービスだと思うんだけど…。デパート系の展示じゃあるまいし、仮にも「美術館」なんでしょ?どうなのよ?

と、憤懣やるかたない私でしたが、展示作品達には魅了されました!

華やかで浮かれ騒いで上機嫌な作品もいいのですが、この時私の心にじわっとしみこんできたのは、娼婦達をモチーフとした作品、舞台をおりた女性達の顔、もしくは独特の陰影をもつ油彩画かな。

やはり人気が出そうなのがポストカードにされるんだろうけど、ご他聞に漏れず私も好きになった《赤毛の女(身づくろい)》です。



明日があるのかどうなのか、それすらもよくわからない、自分の人生が「正しい」のか「美しい」のか、そんなのもう知らない、だけど。
そんな生きることの切なさに優しく寄り添ってくれる気がしました、これらの作品は。
ロートレックが私と知り合いだったら、彼は私のこと絵に描いてくれるかな。私なんかじゃまだまだ人生苦労不足かな。そんなことを思いました。



冒頭で書いたとおり、サントリー美術館の株価が私の中で暴落して「グッズなんて買うもんか〜!」って思ってたんだけど、魅力に負けた…。図録とか、ベル・エポックのざわめきが聞こえてくるような華やいだ雰囲気の絵本といっていい具合だったので、ついつい買ってしまいました〜!

あとシャノワール(黒猫)というお店の広告シリーズ。猫好きとしては何かほしいと思っていたところ。ポストカードになってたのはこれ(注:ロートレックの作品ではないです)。



でもね、ほんとはこっちの猫ちゃんのほうが好きなんだー。

これは図録から写した写真。



あとは図録眺めて楽しもうかな。

うーん、でもサントリー美術館はもっと謙虚になったほうがいい。


posted by はな at 08:18| Comment(9) | TrackBack(7) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

実は「シャノワール」(黒猫)のポスターを
以前部屋に飾っておいたことあります。
ロートレックも含めこの時代の何とも言えない
アンニュイな雰囲気に惹かれた時期もありました。
Posted by Tak at 2008年02月26日 21:42
♪Takさん♪
Takさん、こんばんは!
Takさんの意外な(?)ご趣味の遍歴を垣間見たような気がします^^
シャノワールのポスターをお部屋にはってたなんて!
この時代はまさに美しい時代、ていう感じがします。
香水が似合う感じ。
それも少しくたびれたラストノートのイメージです!
Posted by はな at 2008年02月27日 18:37
こんばんは。
コメントとTBを有り難う御座いました。
作品リストは欲しいですよね。
私も会場で係員さんに訊いてしまいました。
作品では、企業広告類が面白いなと思いました。
Posted by palpal at 2008年02月28日 21:27
はなさんこんばんは。油彩も見事でしたよね。赤毛の女の背中には惚れてしまいました。今にも何かを語り出しそうです。

猫のモチーフも可愛らしかったですよね。

リストはWEB上には出ているようですが、やはり紙で欲しいなと私も思います。いつも出ていただけに残念です。
Posted by はろるど at 2008年02月28日 22:14
こんばんわ。
TBありがとうございました。

やはりグッズはついつい手が伸びてしまいますよね〜。わたしはここのところはポストカードばかりです。

リストがなくて困るってことはみなさんブログで書かれてるので、たぶんサントリーのほうにも伝わっているんではないでしょうか。と、次回以降に期待してみたいですね。


Posted by あおひー at 2008年02月28日 22:36
こんばんは
この展覧会、大阪から始まりましたが、「珍しいなーリストないのか〜困るな〜」と能天気なわたしでした。東京展が始まり、皆さんが怒られだしたので初めて「あっ!そうやんかなー」と。
ちょっとにぶいにも程があるぜ、という私です。

あのスタンランのえらそぉな猫たち、大好きです。'90年代初頭、サントリーはグランヴィレ・コレクションと言う一大ポスターコレクションを手に入れ、そのときの展覧会で「かわいい〜カワイイ〜〜」と絵はがき買ったりしてました。
Posted by 遊行七恵 at 2008年02月28日 23:34
♪palpalさん♪
palpalさん、こんにちは!
お越し頂きありがとうございます。
私も記事の中では油彩画の印象をとりあげましたが
広告ポスターも楽しいなって思いました!
自転車のとか家具屋(だっけかな?)のものとか一ひねりあるユーモアがよかたですよね。



♪はろるどさん♪
はるろどさん、こんにちは!
はろるどさんも油彩画たちに惹かれたんですよね。
この背中は本当にきれいです。
「潔い」なんて強い言葉では表現できないけど、それでも社会の澱のよどみ中に光る輝きみたいのを感じます。

リストは…コストがかかるというのなら上質紙じゃなくていいから、とにかくほしいのになーという感じでした><



♪あおひーさん♪
あおひーさん、こんにちは!
ポストカード・図録はついつい、ついつい!という感じですよね><
特にポストカードは部屋のインテリアにできるので、もうついついがとまりません。
今も机の上に黒猫と背中が見えてます。
リストがなかったという粗相(?)、きっと来館されたたくさんのお客さんからリストないんですか〜ときかれたと思うので次は改善してほしいです。



♪遊行七恵さん♪
七恵さん、こんにちは!
リストがなくても七恵さんのメモと記憶力による記事はさすがです〜!
私はデパート系だとリストがないのを覚悟してメモを持参するのですが、この日はよりによってかばんが重くて荷物を全部ロッカーに入れてから入場したらリストがないとのことで、ああ、万事休す、という感じでした^^;

このえらそうなシャノワール、葉書を見返すと、ほんと、天保山所蔵って書いてますね!
サントリーはこういう感じのポスターをいっぱいもってるのかー。いつか見てみたいです!
Posted by はな at 2008年02月29日 09:14
リストの件は同感です。
昨年、サントリーミュージアム天保山でダリ展を観た時もリストがないので驚きました。
美術館の経営状態が悪く、リストのコピー代を出せない状態ならば、せめてホームページに「リストはプリントアウトしてお持ち下さい」と書き添えるべきだと思います。
リストを渡さずカタログを買わせようというのがサントリー商法であるということならばあまりにもさもしいというか悲しいです。
このような状態では、おっしゃるように、親会社の株価にも影響するかもしれません。
Posted by とら at 2008年02月29日 11:10
♪とらさん♪
とらさん、こんにちは!
せっかくとらさんが教えてくださってたのに忘れていて…><
会場に踏み入れた直後、心の中で「ああああ〜」と悔やみました。
お金が足りないのか、でも、今回お客さんはいつもより多いと思うのですが…。コストを削るにしても間違った削り方だと思います!
上質紙でなくていい、お金をかけられない小さな私立美術館みたいに普通のコピー用紙でいいから用意してくれればいいのに、と思いました。
と、ついつい、美術以外のところで熱くなってしまいましたが、こういうサービスができるかできないかで、美術館の場としての質って問われてくると思います。
Posted by はな at 2008年02月29日 21:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「ロートレック展」
Excerpt: サントリー美術館で開催中の 開館記念特別展「ロートレック展 パリ、美しき時代を生きて」に行って来ました。 アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック(1864〜1901)のまとまった展覧会..
Weblog: 弐代目・青い日記帳 
Tracked: 2008-02-26 21:40

美術展巡り
Excerpt: 美術展巡り  2月22日(金)   リフレッシュ休暇が2日残っていたので、これを有意義に使おうと、土日をはさんで4連休を取りました まず4連休初日は最近行けてなかった美術展巡りをすることに..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2008-02-27 12:57

ロートレック展 パリ、美しき時代を生きて
Excerpt: 3/9までサントリー美術館で開催中の「ロートレック展 パリ、美しき時代を生きて」に行ってきた。 2/3にNHKの『新日曜美術館』でロートレックについて放映されると知っていたので、放映後は混むだろうか..
Weblog: Blue Bleu Blu
Tracked: 2008-02-28 21:27

「ロートレック展」 サントリー美術館
Excerpt: サントリー美術館(港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン・ガーデンサイド) 「ロートレック展 パリ、美しき時代を生きて」 1/26-3/9 移転リニューアル後、同美術館では初めてとなる西洋絵画の..
Weblog: はろるど・わーど
Tracked: 2008-02-28 22:12

ロートレック展(サントリー美術館)
Excerpt: 雪に怯えつつも行ってきました、サントリー美術館。 ロートレックは昔にBUNKAMUAミュージアムでやったのを見に行きました。 学生の頃だからもう15年以上前だったかと思います。 だから、ロートレ..
Weblog: あお!ひー
Tracked: 2008-02-28 22:30

ロートレック展を見る
Excerpt: サントリーミュージアムで『ロートレック』展が開催されている。大阪の次は名古屋それから東京へ巡回する。 サントリーミュージアムにして...
Weblog: 遊行七恵の日々是遊行
Tracked: 2008-02-28 23:21

ロートレック展 @サントリー美術館
Excerpt:  久し振りのロートレック。前回は2001年東武美術館で開かれた没後100年展。図録を出してみると、その前にはサントリーミュージアム天保山で開かれている。  今回もサントリーミュージアム天保山→愛..
Weblog: Art & Bell by Tora
Tracked: 2008-02-29 09:54
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。