2008年02月12日

春のめざめ

山種美術館で開催中の「春のめざめ」展に行ってまいりました(会期:2008年1月5日から3月9日まで)。お正月のためのおめでたい感じの絵や福々しい感じの絵の展覧会です。

というわけで…個人的には「うーむ、ちょっと来るタイミングが遅かったかな。」という感じでした^^;だってもうお正月は遠くなりにけりだし、1月は行く、2月は逃げる、のばたばたの毎日で、そういう「めでたや、めでたや」みたいな気分って吹き飛んでたからね。教訓:こういうお正月企画はおめでたい気分のうちに行くのがよい。でも、それでも、美しい絵ばかりで、心ゆくまで愛でてまいりました。

松園の絵は集客力が高そう。だって、やっぱりきれいなんだもん。



気になった絵についてメモします。

渡辺省亭《葡萄》。製作年は「明治‐大正初期」とな。かごを描く細い線とスモーキーで上品なパステルカラーが印象的だったのです。自分の中でなんで印象的だったかというと、たぶん脳細胞のどこかで藤田を思い出したんだろうな。あと、葡萄を食べようとしている(?)ねずみくんが愛らしゅうございました。今年の主役ですし。

やっぱり大好き、上村松園、みんな大好き、上村松園。今回は2作出ていました。《春のよそをひ》と《つれづれ》。《春のよそをひ》は上掲の私撮影のひどい写真をご参照ください。

これがちょうど展示室の角のところに並んで展示されてあって、交互に見比べて楽しんできました。松園は女の人のいろんな表情を描くね。《春のよそをひ》の、伏目がちな中に見られる、自分の美しさを自覚している女の自信みたいな表情と、《つれづれ》の、リラックスして、関心・意識の焦点が散漫に気持ちよく緩んでいる感じ。どちらの感情も一人の人間・一人の女性の中に存在するものなのだろうなあと思いました。

お母様を取り上げたから、というわけではありませんが、上村松篁《春鳩》も好きです。今度横浜そごうで松篁展やるそうなので、相当楽しみにしてます。
やっぱりこの人の優しい感じの色合い大好き。癒されます。白い梅(もしくは桃?花に無知でごめんなさい><)の若枝の色こそ「春のめざめ」。

遠目で見たとき「あれ、だれの絵だろう」と思ったのが東山魁夷《春来る丘》。東山魁夷って私の中で、どんな風景も独特の色合いを出してくれる画家っていう認識があったんだけど、この絵は一見普通の色使いの田園風景に見えたので「意外だな〜」って思ったのです。で、ゆっくりゆっくり見ていたら、このくぐもった黄色で色付けされている丘というか畑みたいな部分はいったいどんなところなんだろうって思ったんです。若草が萌える色なのか、それよりもっと早い時期の土の色なのか…。題名が《春来る丘》だから…。うーん。なんて、いろいろ想像をめぐらすことが出来て楽しかったです。東山魁夷も今年大きな展覧会あるよね。混まないうちに行こう。

一番新しい画家さんは林功《月の音》。山種美術館の展覧会って、その会に1枚くらい、比較的時代の新しい画家の絵をぱっといい感じに出してくれることがあると思うんですが、ご他聞に漏れず今回の「新しめの画家の絵」も気に入りました!白を基調とした色合いの絵なんだけど、白って不思議な色だよね、それを混ぜただけで、こんなに神秘的で夢かうつつかわからない雰囲気になる。ピンク色した椿が夢の中の出来事のよう。まさに題名どおり「月の音」を感じました。


さあ、春の桜の展示も楽しみな山種美術館でございました!


posted by はな at 12:39| Comment(6) | TrackBack(4) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

東山魁夷は近々近代美術館で
回顧展が開催されますね。
できれば、上村松園展も
やってほしいのですが・・・
Posted by Tak at 2008年02月12日 21:28
こんばんは。
横浜そごうの松篁展、いらっしゃるのですね?
私も楽しみにしています。
繊細な花鳥画、素敵ですよね。

Posted by ogawama at 2008年02月12日 23:43
こんばんは。
《葡萄》は優しい色で味わいがあって、春の小さな幸せ、という感じになりました。

>比較的時代の新しい画家の絵

この一角もいつも楽しみにしています。知らない名前だなと思うと、実は大家だった、なんてことがよくあります(無知なだけですが)。
Posted by キリル at 2008年02月13日 00:00
♪Takさん♪
Takさん、こんにちは!
東山魁夷展、混みそうですよね〜。
でもとっても楽しみです!
松園展なんてのもいいですね^^
なんだか観終わったらすごく美人になれてそうです。て、そんなことないか…


♪ogawamaさん♪
ogawamaさん、こんにちは!
お越し頂きありがとうございます♪
松篁展、楽しみにしていくつもりでおります^^
優しい感じがあふれている絵がすきです。
今まで単発ではみるけどまとめてみたことがなかったので楽しみです。

へなちょこブログですが、また遊びにいらしてください!



♪キリルさん♪
キリルさん、こんにちは!
《葡萄》はあの色合い、とってもよかったですよね。
小さいながらもとてもいい作品でした。

あの第1展示室と第2展示室の境の辺りの壁、要チェックですよね。ああいうのを観ると、日展とか院展とかに足を運んで「日本画の今」みたいのを知りたいな〜とか思うのですが、でもやっぱり山種美術館セレクトだからこそ、珠玉の一品が出てくるのかな、なんて、出不精してしまいます。
Posted by はな at 2008年02月13日 07:32
はなさん、こんばんは♪
モバイル端末よいですね〜。見ていたら私も欲しくなってきちゃいました(^^;

さて、山種ですが魁夷の《春来る丘》は私も最初彼の作品だとは思わず名前を見て驚きましたよ〜。魁夷と聞いてぱっと思い浮かべるものとはちょっと違うイメージでしたね。林功は昨年の夏の子供のいる情景展でもおもしろい作品を見ましてけっこう印象に残っている画家さんです。

横浜そごうで松篁展ですか!う〜ん、そそられますね。
Posted by chat_noir at 2008年02月14日 20:41
♪chat_noirさん♪
chat_noirさん、こんにちは!
新しい端末、「なれなきゃ!」とか言い訳をして、ついつい触ってしまいます^^;
使い心地は…うーん、微妙なのですが、これからばんばん使いこなせるようになりたいです♪

東山魁夷の絵、chat_noirさんも同じリアクションですね〜!
ぱっと見、普通の色使いなところが、ちょっとびっくりしました。
林功の作品、他にもご覧になったのですね。
私もいろいろ見てみたいなあ。
きっと私好みの絵を描いてくれる人だと思います。

松篁展もとっても楽しみにしてます☆
あの優しい感じが大好きです^^
Posted by はな at 2008年02月15日 07:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「春のめざめ」展
Excerpt: 山種美術館で開催中の 「春のめざめ〜横山大観・上村松園・小林古径・安田靫彦」展に行って来ました。 女流日本画家の片岡球子さんがお亡くなりになられたという訃報を今朝の新聞で目にししばし絶..
Weblog: 弐代目・青い日記帳 
Tracked: 2008-02-12 21:27

【みる】春のめざめ(山種美術館)
Excerpt: 山種美術館で「春のめざめ―横山大観・上村松園・小林古径・安田靫彦ー」をみた。 日差しはそこそこ暖かいものの、底冷えのするなか、館内には鶴、梅、富士そして「子」がめでたく華やいでいて、春の訪..
Weblog: アトリエ・リュス
Tracked: 2008-02-12 23:51

杉山寧
Excerpt: 山種美術館に「春のめざめ」展を観に行く。ぐるっとパスの期限が切れかけていることもあって、今週は何かと忙しそうな気配。山種美術館は...
Weblog: One person a day
Tracked: 2008-02-14 01:31

「春のめざめ」
Excerpt: 山種美術館に「春のめざめ−横山大観・上村松園・小林古径・安田靫彦−」(会期:3/9まで)を観にいってきました。1/5から始まっていたこの展覧会はまさに新年おめでた企画で、富士・松竹梅・鶴・鯛などな..
Weblog: - CHAT NOIR -
Tracked: 2008-02-14 21:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。