2008年02月03日

王朝の恋 ―描かれた伊勢物語―

この日はずいぶんと歩きました。三井記念美術館→ブリヂストン美術館→出光美術館。そのあと、大丸東京にも行ってね、ということで、かなり散歩したことになるのではないでしょうか?暑いのより寒いほうがずっと好きなので、そこそこ空気は冷たかったけど、てくてく歩くのも苦にならない一日でした。

出光美術館で開催中の展覧会「王朝の恋 ―描かれた伊勢物語―」に行ってきました(会期:1月9日から2月17日まで)。

むかし男ありけり…たーくさん恋をした男がありけり、でございます。

小さい頃に子供向けの古典文学の本を読んで、そのシリーズの中に伊勢物語もあったはずでして、その程度の知識で恐縮ですが、とても楽しんでこられました。
ほんにまあ、日本人は伊勢物語が好きなんだなあ、恋して恋していっぱい恋して、お話それぞれも短くて印象深いし、共感もするだろうし、これをもとに何か作品を…!ていう気持ちになるんだろうなあ。そんな風に愛されてきた文芸作品っていうのは幸せだね。

まず英一蝶の《見立業平涅槃図》にニヤリ。涅槃の業平の周りで様々な女の人が泣いてます。もてますねえ、業平。もてすぎです。女泣かせまくってます。おもしろい絵。東博所蔵なんだそうです。いつか東博で再会して心の中でぷっと吹き出す日がくることを楽しみにしてます。

とても発色が美しいな、と思ってびっくりしたら、比較的新しい時代の作品だった(昭和4年)というのが中村岳陵他による《伊勢物語絵巻》。いつの時代になっても、この雅な恋の世界を描いてみたいと思わせる普遍的な力があるのですね。

そして、ずらっと並んだ伝宗達の《伊勢物語図色紙》の数々。うーん、なんというか、これだけ並んでいると、あっぱれと言いたくなりました。いろいろ悩んだり、かけひきしたり、うまくいったり、いかなかったり。ずいぶんとまあ、みんな恋に生きていること。なんだか人生楽しそう、て感じです。

「東下り」のセクションに入って…酒井抱一《八ツ橋図屏風》!これ見たかったんです。美しかったなあ〜。見ることが出来てよかったなあ…。これ、私、実物は初めて見たのよね?どこかで画像だけ見て、「見たいな〜」という思いが募って、見たという妄想を抱いてたりするわけじゃないよね?よね?よね?なんかそんな感じで夢うつつでしたが、さすが抱一さん、いつ見ても素晴らしい作品ばかりでございます。

あと、このセクションで、「どう伊勢物語と関係するのかな?」と不思議に思ったのですが、その絵のパワーがとても印象的だった伝俵屋宗達《果樹花木図屏風》。手前側の植物の大胆な強調に驚かされました。

他に気に入ったのは山口蓬春の《扇面流し》。とてもデコラティブ、金や他の色がとても鮮やか。ゴージャスな一品でした。

江戸時代のもので《見立伊勢物語・河内越図》という絵があったのですが、これ好き。お芝居の1シーンみたいな感じでかっこいい。着物が赤でとってもまばゆいし。

恋の物語が好きなのは今も昔もかわらないのだな、と思いました♪

posted by はな at 17:36| Comment(4) | TrackBack(2) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは
わたしも抱一の八つ橋図がでていたので「おっ!やったー」でした。
何しろ本当は初夏にしか出ませんし。
伊勢物語万歳でした。

東博の業平涅槃図。ふふ。実は昨日京博で若冲の野菜涅槃図見てまして、個人的にウケてました。
Posted by 遊行七恵 at 2008年02月03日 23:07
♪遊行七恵さん♪
七恵さん、こんにちは!
抱一の八つ橋図は出品される時期がきまってたりするのですね〜。
それではほんとに、今回は伊勢物語さまさまですね!
美しい作品で、見ることが出来てほんとよかったです。

七恵さん、うわさの京博の若冲展にも行かれたのですね。うらやましい〜!野菜涅槃図っていうのもまたおもしろそう☆
Posted by はな at 2008年02月04日 07:49
こんばんは!
今日、滑り込みで『伊勢物語』を観てきましたので、TBさせていただきました。
買った図録を帰りに読みながら、これをわかった上でもう1回観たいなー、と思いました。(無理ですが・・・)
でも、今回の展示と次の出光の展示(西行)が繋がっているようで、楽しみです。
Posted by 曜子 at 2008年02月13日 19:43
♪曜子さん♪
曜子さん、こんばんは!
コメント&TBありがとうございます☆
図録を買われたのですね〜。
伊勢物語という文学を視覚的に理解できるいい本だったんじゃないかなーって想像します。
私は最近図録は買わない主義で…><
西行さんの書もよさそうですね!
行かれたらまた感想お聞かせください♪
Posted by はな at 2008年02月13日 21:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『王朝の恋』 伊勢物語を楽しむ
Excerpt: 出光美術館には岩佐又兵衛の業平がいる。 業平はマメオくんだからどこなと出かけ、いつでもOKというスグレモノなのだが、なかなか好み...
Weblog: 遊行七恵の日々是遊行
Tracked: 2008-02-03 23:03

描かれた伊勢物語展
Excerpt: 王朝の恋 描かれた伊勢物語展を観てきました。
Weblog: 私の好きなもの
Tracked: 2008-02-13 19:41
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。