2008年01月24日

本日の収穫物

ルーブル美術館展の説明を目にしたとき「日仏交流150周年」みたいなことが書いてあって「ということは今年はフランスがらみでなにかいい展覧会が企画されるのかな?」とちょっと思ってました。

そしたら、あった、あった!都美でこの初夏にやるそうです。



パリのいろんな美術館からいいもの貸してもらって。

フライヤーをちら見した感じ、またなんというか、「みんな大好き!」みたいなメジャーどころが散見されそうで、ちょっぴり楽しみです♪

他にも今年はフランスがらみのイベントいろいろあるのかなあー。

いろいろ楽しみたいです☆
posted by はな at 22:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はなさん、こんにちは♪
ルーブル美術館展もう始まっていたのですね! 行くの早いですね〜。私はまだ行くかどうするか迷っているところなので、詳細な記事を拝見し、ひとまず行った気分を味わわせてもらいました。むしろこっちが気になりました。「芸術都市パリの100年」ってなんかこういうタイトル見ただけでわくわくしちゃいます。

ピエール・エルメも乙女(?)心をくすぐりまくりです。
Posted by chat_noir at 2008年01月25日 21:55
♪chat_noirさん♪
chat_noirさん、こんにちは!
私も初日に行くなんてめずらしいですよ〜^^;
これはひとえにルーブル美術館の館長をライブで見てみたかったというミーハー根性のなせるわざです。
「芸術都市パリの100年」も楽しみですよね♪
きっとおいしいとこ盛り合わせでやってくるんじゃないかなって、期待を膨らませています。気体に違わぬものになりますように。

ピエール・エルメの夢のお菓子も買ってきて、ぜひぜひ乙女タイムをすごしてください!お互いまだ現役乙女ということで(笑)
Posted by はな at 2008年01月26日 19:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。