2008年01月15日

一瞬夢みた

時間ないぜ!とかいいつつ、やっぱりブログかいてる私。

先日、大学時代の恩師から最新の研究報告書のコピーを送ってもらい、簡単な感想をメールしたら、まだまだやることはたくさんあります、人手が足りません、気が変わったら戻ってきたら?という返信をもらいました。




泣いたよ、心の中で。

男泣きに。
男じゃないけど、言葉のイメージ的に、男泣きに。



一瞬妄想したね、研究の世界に飛び込む自分を。

ああ、でも先生、私にはあなたがいる世界でひとかどの者になれるほどのセンスと勇気と忍耐力がありません。悲しいです、悲しいです。

でもさ、今会社辞めて自分から収入の保証を放り出したっていう、頭のおかしいことをやっちゃってる私なら、意外と、このタイミングでback to schoolってのもありなんじゃない?なんて、また妄想の萌芽が…。

いやいやいや…無理無理…自分、何歳だと思ってるんだよ。


まあ、こんな感じでぐだぐだと「できない理由」を見つけ出してくる程度なら、もうその姿勢自体で、厳しいあの世界に飛び込む器量なんてないってことがわかるってもんですよ。


やっぱここは、夢はでっかく、石油王と結婚して、奨学金を設立しようと思う。






とか、ばかなこといってないで、今日も早めに寝て頭すっきりさせて、明日もがんばります。

posted by はな at 22:03| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!
社会人を経た今だからこそ出来ることもあるのではないでしょうか。
そんな風に声がかかるなんて、素敵です♪
私はといえば、大学時代はたいした勉強もせず、
今思えばなんてもったいないことをしたのだろうと反省しきりです。
せっかくですもの、先生の研究室に遊びに行ったりしてみてはいかが?
Posted by ハリー☆ at 2008年01月15日 22:52
ハリーさんの意見に同感。
社会に出て、色んな経験をしたからこそ
感じる思いや考えがあるのでは?
日本ではまだまだマイノリティーですが
海外では、社会に出てから大学にもどる
ことは当たり前なのです。
これも何かのご縁ですよ。
Posted by at 2008年01月16日 01:08
はなさん、おはようございます!
大学の先生からお声がかかるなんてすごいです!
皆さんのおっしゃってるように
大学へ顔を出してみてから決めてもいいんじゃないかなぁ?
このチャンス、もったいないですよ〜(^o^)
Posted by みー at 2008年01月16日 10:10
はなさんの専門分野が何なのか知りもしないでコメントするのもナンですが・・・ここはひとつ、乗ってみてはいかがでしょうか。
研究者として一人前の収入を得ようとすると、大学の今の状況は大変だと思います。でも、今やりたいと思っていることがあってその邪魔になるというのでなければ、お手伝いするのもいいんじゃないかしら。
院生としてなのか、助手としてなのか、たんなるお手伝いなのかはっきりしないので、勝手なことを言っていますが、ご勘弁を。
Posted by palette at 2008年01月16日 11:15
♪ハリー☆さん♪
ありがとうございます〜^^;
もちろん、そのまま進学したってばりばりがんばっている友達はいるけど、私の場合、一回会社生活を経たほうが一日の時間管理がうまくできるようになってそうなところがいいところかなあと思います。あくまで学部時代からそのまま進学した場合を想像して、ですが^^;
私だってぱっぱらぱーの学生でした。今回の先生からの返信も多分に社交辞令が含まれてると思いますし^^;
でも、こういうふうにいつまでも知の風を感じさせてくれる存在は本当にありがたいので、コンタクトはとっていきたいと思います。
いつか先生とお食事でもできたらいいなって思ってます♪


♪そさん♪
アドバイスありがとうございます^^
私の周りにも社会人経験を経てからもう一度研究の道を選びなおした友達もいます。みんな、賢くて資質のある人ばかりです。
そういうのを見ていると、ここが日本だからとか、そうじゃない場所だからというわけではなく、あくまで自分の勇気と資質を見極めて決めていくことだろうなと思います。



♪みーさん♪
みーさん、こんにちは☆
大学の先生からお声がかかって、ていうほど大したことじゃないんですよ〜^^;
あくまで、社交辞令レベルってことです(恥)
でも卒業してだいぶたったのに今の研究のことを教えてくれる先生には大大大感謝です!!
今度、先生のご都合がいいときにでも、近況報告を兼ねて会いにいきたいなあ、なんて、おもっちいました♪


♪paletteさん♪
ご心配頂いてありがとうございます〜!
ちなみに万が一私がその先生のもとに戻って研究の道を志すことになるとしたら、その分野だけでは絶望的に就職が厳しいです。かなり自分の中心軸から離れてフィールドを広げて論文を書いていかないと雇ってくれるところはない…ていう感じのところです^^;
先生が「人手がたりない」っておっしゃっていたのは、先生がほんとに思うところなんだと思います。たぶん資料整理とかそういうところの人手ではなくて、同じフロンティアに立ち向かう研究者としての人手がたりないという意味で。
でも、私にこぼしたのは、私を必要としてではないと思いますよ〜^^;大いに社交辞令です^^;
でもそういう偉ぶらないでフランクなところがある先生、いいなあ、と思うので、これからもしっかりコンタクトはとっていきたいと思ってます!



Posted by はな at 2008年01月17日 13:12
大学、研究という言葉を聞いてすごぉ〜いと思っちゃいました。
でも先生からそんなお言葉を頂けるなんて素敵です♪
私は勉強が嫌と言う単純な理由で高卒で社会に出ました(今はちょっと後悔してます。笑)
私も皆さんと同じく一度先生のところへ顔を見に行くのも良いと思います〜♪
Posted by のほほん桜 at 2008年01月17日 20:48
♪のほほん桜さん♪
ありがとうございます〜^^;
でも、こうやって日記に書いたらなんかたいそうなことのように見えるかもなんですが、先生からは非常にかる〜い感じで、そんなに真剣なお誘いではなかったので!
私は勉強が好きだったので大学へ行くことも楽しかったし、もっと賢かったら大学院にも進みたかったな、なんて考えてました。でも、そこは「好きなこと」と「できること」は必ずしも一緒ではないという感じでーー;

でも、今でも勉強したり新しい話を聞いたりすることはすきなので、今度、機会があったら先生に会いにいきたいと思います^^
Posted by はな at 2008年01月19日 10:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。