2007年12月31日

東京国立近代美術館常設展(07年12月24日)&三の丸尚蔵館


山種→近美と来て近美の企画展を見ているといつも時間が足りなくなって常設を駆け足で見ることになります。いつも宝の山を前にして手ぶらで帰る様な気分。
この日はゆったりと常設を見ました!いつもは日本画中心に流しちゃうんだけどこの日は洋画も。でも、駆け足で見てもゆっくり見ても、やっぱり惹かれる絵っていうのは同じようなものなんだなあ、とちょっと苦笑。

下村観山《木の間の秋》。これは日展展で見たもの。新美より照明が落とされてるのかな、最初に受けたきらびやかなという印象から少し薄暗く鬱蒼とした感じを受けました。でも、近づいてみるとやっぱりあの美しい黄金のグラデーションは健在。近寄って見るから光を浴びた樹木の優しい輝きがいいんですよ。

木島桜谷《しぐれ》。時雨の瞬間の鹿の家族。お父さん鹿、お母さん鹿、子供鹿、それぞれの表情が愛しい良品です。

藤島武二《アルチショ》。アーティチョークなわけですが。紫の花とぐいぐいと伸びる線に勢いを感じる。

そして…これはもう反則技だろう…いきなりこれが出てくるとほんと泣いちゃうから。まじであやうく涙がこぼれそうになりました。
藤田嗣治《自画像》(1929年)。藤田は今の私を支える画家です。この絵の前でしばらく時を過ごして自分をはげましました。えー、24日に常設ごらんになっていた皆様にお詫びします、長いことこの絵の前をうろついていてすみませんでした。



線が細くてやわらかくて芯があって…。この独特の雰囲気にやられます。今まで画集とかで何度も見ていたはずだけど、この時ようやく硯が描かれていることに気付きました。そうかー、硯を使っていたんだね、と知っているようで忘れていたことを再確認した気分。

藤田といえば彼の戦争画も展示されていました。《十二月八日の真珠湾》という絵です。絵そのものがどうというより、これを描いたときの藤田の思考回路というものに思いを馳せました。藤田と戦争画というテーマについては、また書籍などを読み返したいと思います。


そして近美を出た後はてくてく歩いて三の丸尚蔵館へ。



「祝美(いわいのび) 大正期皇室御慶事の品々」という展示を見てきました。
皇室の慶事を祝う様々な美術品、国内外から寄せられた逸品に圧倒されてきました。さすがしっかりしたものばかりだ〜とため息がでます。初めて知ったのは昭和天皇が皇太子だった時に外国をたくさん周られたようで、それでご結婚の時に海外からたくさんの贈り物が来ていました。

東御苑のお散歩も気持ちよかったです!お散歩コースとしても良いし、これからちゃんとチェックしなくては!と思いました。


posted by はな at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。