2007年12月27日

うーむ…

きいてみたいような、複雑な気分…
Made in Heaven発表で終わらしておいてくれればいいのに。

複雑すぎる…



QUEEN本格復活!12年ぶり新アルバム発表へ

http://sankei.jp.msn.com/entertainments/music/071227/msc0712270808002-n1.htm
英ロックバンド、「クイーン+ポール・ロジャース」が来年のデビュー35周年に合わせ、12年ぶりのオリジナル・アルバムを発表することが26日、分かった。

 クイーンは一昨年、オリジナル・メンバーのブライアン・メイ(60)とロジャー・テイラー(58)が、元フリーのボーカリスト、ポール・ロジャース(58)を加え再結成。同年10月には、20年ぶりの来日公演を大成功させた。

 この際、ロジャーはサンケイスポーツの独占インタビューに応じ、「3人でアルバムを作る」と表明。区切りの年に向け、いよいよ実現することになった。

 これに先がけ31日には、10年ぶりの新曲「セイ・イッツ・ノット・トゥルー」が発売される(輸入版のみ)。この曲は南アフリカのネルソン・マンデラ前大統領のエイズ撲滅運動、46664コンサートのため、ロジャーが制作。今年も同コンサートに出演予定だった3人が、新作レコーディングのため欠席する代わりに発売され、全収益がマンデラ氏に寄付される。

 アルバムは95年の「メイド・イン・ヘヴン」以来。ロジャーはサンケイスポーツに「アルバムを作るからには『クイーンならでは』というオリジナルのものにしなければ」と話しており、その音に期待が集まりそうだ。

posted by はな at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。