2007年10月21日

特別展覧会 狩野永徳

「特別展覧会 狩野永徳」を見るために、東国より上洛いたしました。

於:京都国立博物館
会期:2007年10月16日〜11月18日

公式サイトはこちら↓
http://eitoku.exh.jp/

どはでな看板。



風雲急を告げる(?)京博。
この日は雨でした。でも、そんなの気にしない!雨もまた一興!



開場は9時半からです。それなのに、気合入れすぎて9時前に到着しちゃったよ!!こういうのはたぶん夕方とかのほうが空くんじゃないかなあ、と思うのですが、どうでしょう。朝一は私みたいに気合が空回りしてる人がつめかけるからさあ。

そんなわけで、かなり人出は多かったと思います。でも、覚悟してたほどじゃなかった。さすがに平日だし、まだ会期始まったばかりってこともあるし、入場制限とかはなかったしね。なんといっても「人ごみがしんどかった思い出」の不動の1位は若冲展ですよ。あれはしんどかったですよ。でも、あれを乗り越えたら、この先どんな人ごみも耐えられる力がついたような気がする。

とまあ、御託を並べてないで、展覧会の感想を書きます。

展示構成は墨の作品から始まって金地の豪華絢爛系へと盛り上げていく感じです。しかし、「いきなりサビから歌い始める歌」みたいな感じで、冒頭からすごいのが、どどん!と展示されています。

《花鳥図襖》は国宝で、とにかく梅と松から存在の主張がほとばしるようです。右側からずずいずずいと見ていったんだけど、左隻の前に来た時の凛とした鶴にはっとしました。真ん中あたりで空を飛ぶ鳥もぴりっと決まっています。

同じく国宝の《琴棋書画図襖》、狩野松栄筆《竹虎図壁貼付》もこの冒頭に展示されています。

若い頃の作品もありました。《花鳥図押絵貼屏風》はお手本を元に描いたとのこと。確かに、もうベテランで自信一杯!という感じというよりはまだもうちょっとおとなしい感じでしたが、「天下をとった絵師(from 展覧会のキャッチコピー)」もこうやって一生懸命描いて描いて修行してきたんだなあと思いました。

《二十四孝図屏風》は中国の孝行な話をモチーフに描いたもの。話の全貌はしらないんだけど、孟宗竹のことかな?ていう絵があったり、なんだか象で地面を耕している(??)絵があったり、と、ストーリーがわからなくても絵だけで楽しめる一品。とても丁寧に描かれています。狩野永徳はなんでもできるんだね。ダイナミックなのも、緻密なのも。

《許由巣父図》は汚い話(政治の話)を聞いたから耳を洗ってやる〜という絵。その耳を洗った水は牛に飲ませられません、みたいな感じで。生き生きと動きがあって、物語性を感じる一幅です。くるりときびすを返す牛と牛飼いがいい。

このあたりは永徳を含め、狩野派のいろいろな絵師、その弟子・工房の作品がいろいろ出されているんだけど、解説を読むと、こういうのって誰が描いたかっていう鑑定って難しいんだろうな〜と思いました。そういう研究されてる方には頭が下がる。でも私はあんまりそういう専門的なことはわからないので、永徳かも、いや、弟子の誰かかも、みたいに言われているものでも、素敵だな、と思ったものはぜーんぶまるごと素敵なのです(←単純)

そういった点で気に入ったのは《叭々鳥図》(伝狩野源七郎筆)。鳥のけんかがかわいいのです。ぎゃーとか鳴いてそう。

《芦雁図》は伝狩野永徳筆と書かれていながら、解説にはもしかして弟子の筆?みたいなことも書いていて難しいのですが、ともかく前述したように、私は気にしない^^;結構好きです。骨太な感じ、ずしっとせまってくる感じのする構図がいいのです。

他にもいろいろなものをみて、だんだん開場は金ぴか系に…。

有名な、美術の教科書にも載ってると思う、国宝《洛中洛外図屏風》!!これ描いたの23歳て!!!ありえんて!!!
あまりにも有名なのと、あと、人物が細かく描き込まれているため、ものすごい人だかりで、しかもそれが動かないのです。どうなの、それって。ここねえ、主催者さん、もうちょっと考えたほうがいい。交通整理の必要性を感じるよ。ロープ張って「最前列の方はゆっくりとお進みください〜」ていうあれ。他の大物展覧会でよくやってて、「せわしないなあ〜」て思ってたけど、これ、いざ人だかりが出来ちゃうとほんと整理が必要だって痛感する。なので私は人ごみの後ろから単眼鏡でのぞいて細かいところを堪能&肉眼で全体を見渡してその豪華さを堪能、の繰り返しで味わってきました。

で、うわさの新発見作品出てました、《洛外名所遊楽図屏風》。これは永徳だ、とか、永徳じゃないとか、私にはよくわからないんだけど、でも、楽しげな雰囲気のある絵で私は好きでした!

これを過ぎたあたりから「桃山の華 −金碧障屏画−」というセクションになるのですが、もう、このへんは、すみません、ボキャ貧なので言葉が出てきません。ただただ美しい。ありえんて。これはもうね、見にいったほうがいい。もう、きれいだから。

でね、最後のセクションが「壮大なる金碧大画」ていうのですが、このへんもね、ごめん、レポート不可。すみません、この秋、みんな京都行ったほうがいい。

国宝《檜図屏風》。これ、看板に使われている絵だって、あとから気付いたよ。その実物から受ける感じは、並々ならぬもの。心臓をどしんと殴られたような鈍い痛みのようなものを感じました。ちなみに心臓を殴られたことはないけど、あと、心臓を強打するのは本当に危険だからやめましょう。これはどうしてなんだろうね〜。絵そのもののサイズがもつ迫力?筆の勢い?構図?

そして、これに出会えたことで、もう、何も言うことはない、の、《唐獅子図屏風》。意外なことにこれ国宝とか重要文化財指定はされてないんだね。すごく有名だから何かに指定されてるのかと思った。こんなにでかいんだーって思ったよ。ほんとうにでかいんだ、これが。眉毛とかが毛もじゃのあやしげでうんと強そうな生き物(怪物?)が2匹。そのスケールは、愉快というか、爽快という感情をもたらしてくれるようでした。

最後がもう打ち上げ花火みたいなことになってかたら、私も、出口を出てミュージアムショップ見ないで飛び出してきちゃったよ!

とにかく、あっぱれ!!

ちなみに、平常展示館のほうもさりげなく狩野祭になっていたので必見です。


そうそう、早く行っていいことあったんだ!
先着500名に狩野永徳バッヂをプレゼント中♪



どこにつけたらええねん、という野暮なつっこみはおいといて、いい記念が出来ました☆かわいいから大事にとっておこう。


あー、とにかく、上洛した甲斐があったというものです。
ほんとねー、私の足腰が動くうちにこれだけの狩野永徳展はもう開催されないと思うので、ほんと、行ってきて、よかった。
posted by はな at 18:09| Comment(19) | TrackBack(9) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

早いですね!
もう行かれましたか。

空いていたとは羨ましい限り。
今日NHKで放送していたので
自分が行く頃は大変なことになっているかと。
それでも「待ってろ永徳!」
Posted by Tak at 2007年10月21日 22:10
トラックバックありがとうございました。初トラックバックです!しくみが今ひとつよくわかっていませんが。。。
永徳、面白かったですねぇ。今回は唐獅子目指してずんずん進んでしまったので途中がはなさんほどよく見れていませんが、コメントを参考に図録を楽しんでみようかな。
Posted by Phoca at 2007年10月21日 22:36
やっぱり京都でしたねー。
狩野永徳ですか、いいなあ。「洛中洛外図屏風」私も大好きなんですよ。しかも、↓のお土産も大変においしそうです。
「京都、いかなくちゃ・・・」
日程をやりくりして、永徳の期間中にいけるかしら?
いい情報、ありがとうございます^^
Posted by palette at 2007年10月22日 08:09
♪Takさん♪
Takさん、こんばんは〜!
若冲の時は会期ぎりぎりであまりの混雑ぶりに絵を見る以外のところでエネルギーを使ってしまったいたい思い出があるので、今回は準備万端、鼻息荒く有給を取得していってまいりました!!
「空いてる」とはいいがたいのですが、「思ったよりはこんでなかった」という感じでしょうか。Takさんもベストタイミングでいかれますように!!


♪Phocaさん♪
Phocaさん、こんばんは!はじめまして^^
お越し頂きありがとうございます☆
初TBだなんてなんだか光栄です〜♪
私もやっぱり今回見たかったものの1つが唐獅子図でした。
最後にあれだけの迫力をもって出てきてくれたのには、もう大感激でした〜!!
図録買われたのですね〜。出品リストを見返すと、悲しいかな、結構思い出せない絵が多いのですが…。
図録で奥様とご一緒に余韻に浸っちゃってくださいね☆


♪paletteさん♪
こっそりと風のように上洛し、そしてまた風のように戻って参りました!
また夜行バスです!!あはは^^;貧乏旅行万歳!!
まだ紅葉の季節ではなかったのですが、なんだか秋のさわやかな風の中、お散歩する京都はすごくよかったです。paletteさんもご都合よろしかったらぜひぜひ〜☆
この白雲竜というお菓子もおいしかったし、他にもいろいろおいしいものを堪能してきました!
今週中にぼちぼちと他に見た美術館の覚書とその合間に食べたおいしいものレポをアップしていこうと思いますのでどうぞご高覧くださいまし♪
Posted by はな at 2007年10月22日 20:15
はなさん、こんばんは
永徳、凄かったですね。「檜図屏風」「唐獅子図屏風」などは本当に実物を見てくれ!!!というお気持ちのなるの、わかります。


あ、「唐獅子図屏風」が何故文化財指定されていないかは、あれは宮内庁所蔵だからです。昔で言う「御物」ですね。文化財は所蔵者が文化庁に申請して、OKが出れば重文とか国宝に指定されるシステムのはずです。「御物」は所蔵者が宮内庁ですから、申請の必要がないんではないでしょうか?それ以上はうまく説明できませんが、宮内庁所蔵=国宝級ってな感じでしょうか、はい。
Posted by アイレ at 2007年10月25日 01:33
♪アイレさん♪
アイレさん、こんばんは〜^^
コメント&TBありがとうございます☆
いやはや、ほんとにすごかたですよね〜!!
これは実物を見にいけて本当によかったと思います。美術品との出会いなんて一期一会のものが多いけど、これほどまでにオールスター作品を一度に見られるのはもうないことだと思うと感慨深いです。

国宝・重要文化財についてもありがとうございます!!
なるほど〜です^^すごくよくわかりました♪
御物かあ〜。
宝物は集まってるところには集まってるんだろうなあと想像中…!
Posted by はな at 2007年10月25日 21:14
はなさん、こんばんは。はじめまして。
TBありがとうございます。
私も、ブログの仕組みがよくわかってなくって…
遅くなりすみませんでした。
後で私もTB送ってみますね!
ところで…私が行った日も雨だったので、もしかして同じ日だったのかしら?
10時前に着きましたが、バッヂはもらえませんでした(;_;)
「唐獅子図屏風」、素晴らしかったですね!ホント、コレは実物を見るに限ると思いました。
Posted by ハリー☆ at 2007年10月27日 00:16
♪ハリー☆さん♪
ハリー☆さん、こんにちは!はじめまして!!
こちらに遊びに来てくださってありがとうございます^^
うれしいです♪
TBもちゃんと受け取れました〜!
TBは「あなたの記事と関係ある記事を書いたから読んで読んで!」ていう、自己主張の強い(汗)機能かもしれません^^;でも、それで、いろんな方とつながれるから楽しくて私は結構活用してます!
私が行ったのは10月19日だったので、ハリー☆さんの日記を見ると、きっと同じ日ですね!!
なんかこういうのって、どこかですれちがってたかもって思うと不思議な気持ちになりますね^^
最後の「唐獅子図屏風」はあのダイナミックさにKOされました。一生ものの経験だなあ〜って思いました!!
Posted by はな at 2007年10月27日 13:35
はなさんへ
「狩野永徳展」よかったですね。
19日の夜間展示の時は、雨のせいもあってかガラガラで「洛中洛外図」もゆっくりとみられましたよ。
ブログにも書きましたが京都の人達、あの屏風に特別の思い入れがあるみたいです。
「檜図屏風」<心臓をどしんと殴られたような鈍い痛みのようなものを感じました。>危ないですね。すばらしい画を見る前には「AED」のある場所を確認してから見るようにしてください。(笑)
TBさせてもらいますのでどうぞよろしく。
Posted by 好日 at 2007年10月28日 11:37
♪好日さん♪
ほんとに、一期一会のすばらしい展示にいけてよかったと思います!
金曜日、夜はすいていたのですね〜。他の展覧会も金曜の夜間は意外とすいてると聞くことがあります。朝一番でかけつけるよりも意外と穴場なのかもしれませんね^^《洛中洛外図》を見る京都の方の目線、なるほどなって気付かされました!

>すばらしい画を見る前には「AED」のある場所を
>確認してから見るようにしてください。(笑)

これ、爆笑してしまいました(笑)
心臓大事にして展覧会をまわろうと思います^^
Posted by はな at 2007年10月29日 20:51
こんばんわ。
コメント&TBありがとうございました。
ダ・ヴィンチも狩野永徳も20才そこそこでこんな作品を完成させていることに驚きですね。
永徳バッヂ、なかなかよいですね。
ポストカード今更ながら、全部買っておけばよかったなと思ってる始末。
ああ、もう一回見たいなあ。時間とお金が許すなら。
Posted by あおひー at 2007年10月30日 23:27
♪あおひーさん♪
あおひーさん、こんばんは!
レオナルドのやったことも永徳のやったことも、もうほんと桁外れで、天才っていうのはいるもんだなあ…と思わされます。私なんかは足元にも及びませんが、自分のペースで自分にできる仕事をこなしていきたいなあと思います。
永徳バッヂはちょっぴりお宝ですよね☆
大事にします^^

私ももう一度みたい…何度でも自由に見られたらなんて夢のようなことを考えてしまいます。
Posted by はな at 2007年10月31日 22:09
こんばんは。無理だと本当にあきらめていた京博行きへの方程式が偶然にも解けたので、朝一番で日帰り京都巡りに出陣してきます。もみくちゃにされようが、唐獅子図屏風、しっかりと見てきます。感想はまた書きますね。
Posted by Minnet at 2007年11月04日 02:56
♪Minnetさん♪
わ〜!!素晴らしい!!よかったですねえ!!
なんだかそのお話をうかがって、私までうれしくなっちゃう気分です^^
かなり盛況のようですが、人ごみのパワーになんか負けない力をもらえる屏風がででんと並んでますよ!
ぜひ堪能してくださいね^^
またご感想を拝見できるのを楽しみにしてます☆
Posted by はな at 2007年11月04日 11:18
こんばんは。
行って来ました。こちらは朝4時30分に家を出たのに、9時50分に到着、なんと長蛇の行列で90分待ちました。この待ち時間は私の過去最高です。予想外にボリュームがあり、最後の唐獅子図屏風にたどり着いたときは、ヘトヘトでした。実物はやはり写真のイメージと違うので、あの場の雰囲気が味わえて満足できました。他にも権力者=パトロンと絵師の精神的葛藤が垣間見える資料もでていて、面白かったですね。
記事を書いたら、TBします。
Posted by Minnet at 2007年11月05日 00:50
♪Minnetさん♪
Minnetさん、おかえりなさい〜〜!!
堪能されてきたようで、行けて本当によかったですね!
9時50分着でそんなにもすごい入場制限があったとは…。若冲よりもすごいかもしれませんね…。だって、これがこれから会期末に向かってどんどん増えていくわけだから…!
最後の部屋のあの迫力だけはどんなものをもってしも代えられないですよね。
私もあれを見ることが出来て大満足の大満足でした。
パトロンとの葛藤について、Minnetさんのご見解を読んでみたいです^^旅の疲れが癒えたらまた素敵な記事を書いてくださいね!
お疲れ様でした☆
Posted by はな at 2007年11月05日 21:25
はなさん、こんにちは♪
以前こちらに永徳展をあきらめているというコメントを残したのですが、あきらめきれずに私も日帰りですが行ってきました。やはり実物を見なければわからない発見がたくさんあり、行ってよかったです。

しかしヘンに力が入りすぎていたのか途中からちょっと腰痛気味になりました(^^;
Posted by chat_noir at 2007年11月16日 19:52
はなさんこんばんは。バッチを配っていたのですね。先着500名などあっという間になくなってしまうそうですが…。

>並々ならぬもの。心臓をどしんと殴られたような鈍い痛みのようなものを感じました。

同感です。言ってしまえば木を描いた絵ですが、何か表現出来ないような恐怖感も感じました。

>唐獅子図屏風》。意外なことにこれ国宝とか重要文化財指定はされてないんだね。

おそらく旧御物(宮内庁所蔵)なので指定されていないのだと思います。一般の美術館などにあったら間違いなく国宝でしょうね。凄い作品でした。

今更で恐縮ですがTBさせていただきました。
Posted by はろるど at 2007年11月16日 23:03
♪chat_noirさん♪
chat_noirさん、こんにちは〜☆
素晴らしいです〜!!行ってこられたのですね!!
無理だと思っていたご予定だったのに、えいやっと行ってしまったその行動力に拍手です^^
日帰りっていうのがまたすごいなー。
その前後には日常のスケジュールが詰まっていたということですよね。私なんて、有給とってゆったりスケジュールでした^^;
でも、とにかく、お互いいけてよかったですね!
これはほんとに強烈に記憶に残る展覧会になると思います。


♪はろるどさん♪
はろるどさん、こんにちは!
コメント&TBありがとうございます♪
バッチは使い道はないのですが、大事な思い出の品としてアクセサリーボックスにいれておいて、毎朝目にはいるようにしてます^^

最後のセクションの《檜図屏風》と《唐獅子図屏風》、両方ともすごいパワーながら、陰と陽みたいな、対照的なパワーが渦巻いているような気がしました。

旧御物についても教えてくださってありがとうございました^^ほんと、このあっぱれぶりは国宝級ですよね!

京都にいけて、ほんとによかったです!
Posted by はな at 2007年11月17日 11:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

狩野永徳展
Excerpt: 特別展覧会 狩野永徳10月19日 京都国立博物館(〜11月18日)  桃山時代を代表する絵師狩野永徳の展覧会に行ってきました。思えば、今まで狩野永徳の作品を見たことがないかもしれません。 ……..
Weblog: 青色通信
Tracked: 2007-10-24 23:31

北欧モダンデザイン&クラフト展と狩野永徳展
Excerpt: 雨の京都{%rain_a%} しかも結構雨足が強い。そして、寒い…… 結構、晴れ女なはずなんだが、日ごろの行いが悪かったのか…ヤラレタ{%komaru%}
Weblog: 花のように
Tracked: 2007-10-27 00:17

「狩野永徳展」京都国立博物館(その1)
Excerpt: 9月の終わりから忙しい日々が続き、ブログの更新もままならなかったが、ちまたでは秋
Weblog: 京都 洛中洛外 日々是好日
Tracked: 2007-10-28 11:40

特別展覧会「狩野永徳」
Excerpt: 京都国立博物館で開催中の 特別展覧会「狩野永徳」に行って来ました。 以前も紹介しましたが、今一度。当時の狩野派について。 ・「日本絵画史上最大の画派」というのが狩野派に与えられる..
Weblog: 弐代目・青い日記帳 
Tracked: 2007-10-29 19:17

京都の狛犬と唐獅子
Excerpt: 狩野永徳展での唐獅子は迫力満点でした。 さて、京都ではいろんなところで狛犬と唐獅子に出会うことが出来ました。て、どっちがどっちか?確認してはいないので断言はしないでおきますよ。 こちらの2体は養源..
Weblog: あお!ひー
Tracked: 2007-10-29 23:30

狩野永徳展(京都国立美術館)
Excerpt: 昨日、京都へ行ってきました。狩野永徳展です。 天気は生憎の雨模様。 開場前に到着したのですが列が出来ていました。前に150人くらいは並んでおりました。うーむ、中に入ってどれだけ混雑するのか心配で..
Weblog: あお!ひー
Tracked: 2007-10-29 23:31

「狩野永徳」展
Excerpt: 京都国立博物館で開催されている「狩野永徳」展に行ってきました。 この展覧会は、ぜひとも行きたいと思っていたのですが、仕事の都合上、展覧会期間中は、まる一日休みがとれそうもなく、半ばあきらめていま..
Weblog: 美術館は楽しい
Tracked: 2007-11-07 02:37

「狩野永徳展」
Excerpt: 今週の火曜日、日帰りで京都に行き「狩野永徳展」を見てきました。 時期的にキツイことはあらかじめわかっていたのでムリムリと自分に言い聞かせていたのですが、ミーハー心は止まず。だって永徳と言えば日本美術の..
Weblog: - CHAT NOIR -
Tracked: 2007-11-16 19:40

「特別展覧会 狩野永徳」 京都国立博物館
Excerpt: 京都国立博物館(京都市東山区茶屋町527) 「特別展覧会 狩野永徳」 10/16-11/18 10月末に関西へ出向いたのも全てはこの展覧会のためでした。激動の桃山時代を駆け抜けた稀有な絵師の画業..
Weblog: はろるど・わーど
Tracked: 2007-11-16 22:56
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。