2007年10月13日

『フラガール』

2006年の作品。

「黒いダイヤ」と呼ばれ日本の経済発展を支えた石炭にかげりが見えてきた時代。閉山が決まった炭鉱のかわりに「ハワイアンセンター」が作られることになった。フラダンスのダンサーになろうとする町の娘たちとそれに反発する町の人たち…。ようやく見ることができました!レンタル屋さんにいってもいつも貸し出し中で。すごくたくさん賞もとったんだよね。テレビで放映されていたのでわくわく鑑賞。
期待を裏切らない良作でした!
蒼井優ちゃん、ほんと、すごいなあ!フラダンスも方言もばっちり身につけて。女優さんってなんでもマスターしちゃうんだね。びっくりしちゃう。あの、物語のキーになっている、先生から紀美子ちゃんに受け継がれたといえる、あの激しいダンス。あれなんか、すっごい難易度高いんじゃない?その根性に脱帽しました。演技も骨太でさあ、ちょっと頑固で友達思いで繊細な性格、ていうのをうまく出していてよかったです。松雪泰子さんも素敵!!この人は本当にバレエとかやっていたのかな?最初のほうにダンス練習場のバーに脚をすっとのせるシーンびっくりした。
そういう、女優ワザを堪能するのもよかったんだけど、ストーリーとしても合格でした。まあ、散々前評判も知ってるし、どんでん返しがあるとも思わなかったし、まさにその通りのひねりも何もないストーリーです。だけど、家族の情、友情、それぞれの「働くことに対する誇り」がてらいなく語られていてよかった。お母さんがストーブ集めだしたシーン、お兄さん(こんなかっこいいお兄さん欲しい!)が力強くリヤカーをひきはじめたところ、よかったなあ。
先生が東京を去って福島の地に来たわけっていうのも突っ込み過ぎず、さらっとしていてバランスよかったし。あれ以上突っ込んだら話が膨らんじゃうしね。寺島進さんがやくざ役ってべたで笑えたけど!
最後のハワイアンセンターオープンの日のみんなの晴れやかなダンス、よかったな〜。
気持ちよく見ることができた一本でした!

posted by はな at 11:34| Comment(4) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も観ました!
松雪さんも蒼井優ちゃんも物凄くお上手で
はなさん同様、女優さんは凄いな〜と
ただただ関心しました。
最後、全員で踊り踊り終えた時は
感動して涙がポロポロ出ちゃったよ。
素敵な映画でしたね。
Posted by もこ at 2007年10月13日 11:47
♪もこさん♪
もこさんもご覧になったんですね〜^^
これ、話題作だったから、みんなテレビ放映楽しんだんじゃないかなって思います!
ほんと、みんな、フラダンスすごかったですよね!もちろん、それが仕事で、しっかりした先生をつけてみっちり練習するんだと思うけど、それでもあれだけ人を魅了するダンスを踊れるのはすごいと思います。
最後、よかったですよね〜;_;
あの、笑顔を絶やさずにでも大粒の涙を流す蒼井優ちゃんみたときはこっちも泣いちゃいました〜!!名作です☆
Posted by はな at 2007年10月13日 13:16
はなさん、こんにちは^^
いつも拙記事にコメント戴きありがとうございます。こちらからもお返しをと思いつつ、最近の記事にコメントし辛くて(汗)
でも映画の話ならノープロブレム! この映画、本当にいい映画でした。僕の昨年観た邦画の中でベスト1に挙げた作品でした。優ちゃんを中心にあのフラを練習したキャストの皆さんの苦労のあとが花咲いた作品だと思います。懐かしい匂いのする映画でしたが、現代にそっとメッセージも出していたりもして^^
Posted by cyaz at 2007年11月30日 12:45
♪cyazさん♪
cyazさん、こんにちは〜!
お返しとか、そんなお気になさらないでください〜!ていうか、コメントしづらい内向きなびみょーな記事ばっかりですみません^^;
最近、外にも遊びにいてなくって閉じこもってるからよくないのですね!
これはいっちょ、ぱあーっと遊びに行こう!

映画感想へのコメント、ありがとうございます^^
これはほんと、すごい映画でしたよね〜。
素直にあのフラを習得した女優陣の努力に脱帽です。
これでますます蒼井優ちゃんが好きになりました♪
Posted by はな at 2007年11月30日 14:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/60449507

この記事へのトラックバック

映画「フラガール」
Excerpt: 泣けるよ、泣けるよ、と最初からそう思いながら観た、・・そう思いつつも思いの片隅に、わざとらしく感動を押し付けられるのではとの疑念もあったのだが・・ 時は昭和も40年、時代の波に押され..
Weblog: 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
Tracked: 2007-10-13 18:42

『フラガール』
Excerpt: 人生には降りられない舞台がある・・・。まちのため。家族のため、友のため、そして自分の人生のために、少女たちはフラダンスに挑む。   ■監督・脚本 李相日■キャスト 松雪泰子、蒼井優、豊川..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2007-11-30 12:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。