2007年08月27日

キスリング展

もう会期は終わってしまったのですが、横浜のそごう美術館で「キスリング展」が開催されていたので見てきました。

きれいで私好みな絵が多くてかなり癒されました。
やっぱ好きな感じの絵を見るのっていいよね。
当たり前のことだけど、あらためてそう思うわけです。

感想をメモメモ。

若い頃の静物画等は結構いろんな人やいろんな流派の影響を受けている感じが面白かったです。

いろんなことに挑戦してみたんだな〜て感じで。

でもそういう時代を経て、色合いと塗りがとても美しい作風になったあたりがやっぱり好きです。

どうでしょう、《オランダ娘》。



いつもながらピンボケ写真でごめんね。
大阪市立近代美術館建設準備室というところから借りてたようなので、どうぞ、その大阪市立近代美術館にぜひ行ってみてください!ていうか、大阪にそんな美術館ができようとしているところなのかしら。いいわね。

《プロヴァンス地方の女(ルネ・キスリングの母の肖像)》はもうちょっといい意味で土臭いというか。これは奥さんのお母さんを描いたものなんだけど、肌が日焼けしている感じがこれまたいい意味で洗練されてない感じ、でも優しい感じが伝わってくる。親戚関係良好だったんだろうなあって思わせてくれます。

看板絵にもなってるのが《赤いセーターと青いスカーフを纏ったモンパルナスのキキ》。



すごくよかった〜。キキが綺麗。この絵、大好き。個人的に非常にしんみりとする思い入れがあるから、この絵、愛してる。


《果物のある静物》どうでしょう。
きれいだね〜!文句なしにいいでしょ?



なんか、今回の展示は、ひたすら癒されにいった感じ。疲れてたのかな。こういう綺麗さに癒された。

《女優エディット・メラの肖像》とかねえ、ドレスの描き方すごかったよ!

結構最後のほうの作品で気になったのが《ミモザの花束》。ミモザの花ってのが自分的に気になるモチーフだから印象に残ったのか、それとも、やっぱりあの花の色のおき方がちょっと変わってたのが気になったのか。丁寧なつるんとした塗りの作風かと思いきや、この絵は花を絵の具を盛り上げて描いていたから。

そしてとても美しい《アルルの女》。



これみてたら美人になれそうだから身近に飾っておこうか。




posted by はな at 22:46| Comment(9) | TrackBack(4) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キスリング、大好きなんですよね〜。
あの大きな目の女性はたまりません。
Posted by あおひー at 2007年08月28日 01:12
♪あおひーさん♪
私は今までキスリングを意識してみてきたことがなかったのかもしれませんが、
今回のこの展示でかなりお気に入りになりました!
ほんと、どの女性の描き方もきれいですよね。
これは売れっ子だったんじゃないかな、と思ってしまいます!
Posted by はな at 2007年08月28日 20:20
こんばんは。
TBありがとうございました。

私も大のキスリング好きです!
こうして普段見られないキスリングの
イメージとは違う多くの作品に触れられ
幸せいっぱいです!
Posted by Tak at 2007年08月28日 23:14
こんばんは。
私もキスリングの作品にうっとりしました。
国内の美術館もキスリングを結構所蔵していると思うので、キスリング展がもっと開かれるといいですね。
それから、大阪市立近代美術館建設準備室ですが、展覧会を開催するときのみ、大阪市立近代美術館(仮称)心斎橋展示室(旧出光美術館大阪)が会場になっているようです。いつかまたキスリングの「オランダ娘」が展示されるのを私も楽しみにしています。(今年の3月に「大阪コレクションズ展」で展示されていました。)
Posted by Minnet at 2007年08月29日 00:45
♪Takさん♪
Takさん、こんにちは!
こちらにもお越し頂きありがとうございます。
なんだかTakさんのブログのほうにうまくコメントが投稿されなかったみたいで…あとからやりなおしにいきま〜す^^;
私も今回でキスリングファンになりました☆
こういうふうに1人の画家さんの一生を追う展示はやっぱり見ごたえがありますね〜。


♪Minnetさん♪
Minnetさん、こんばんは!
「大阪市立近代美術館」というのはそういう場所のことなんですね〜!教えていただいてありがとうございます^^
いつもながらMinnetさんの名画を追い求めての日本全国に足を伸ばされているのはすごいなあと思わされます!
またいろんなこと教えていただきたいです!
Posted by はな at 2007年08月30日 16:10
きれいですね〜
人物画もいいけれど、その下の静物画が、色合いがすごくきれいだと思う。
良いもの見せていただきました〜
Posted by マロン at 2007年08月31日 22:19
♪マロンさん♪
マロンさん、こんばんは〜!
このピンボケ写真が悔しいほど、実物はほんときれいなんです。色彩も美しいですよね。
いつも私のへなちょこ携帯カメラ写真をお見せしてばかりなのも申し訳ないので、こちらのブログを紹介します!
「弐代目・青い日記帳」美術のお話満載、きれいな画像満載で、毎日更新!

http://bluediary2.jugem.jp/

ちなみにキスリング展のもっときれいな画像もありますのでぜひぜひ〜!

http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1119
Posted by はな at 2007年08月31日 22:55
この夏は、こちらと日展100年で、ブイヤベースに
二度も出会えて、嬉しかったです。
キスリングって、モディリアニやユトリロの影に隠れていて、
けっこう地味なんですが、実は、超ハデハデの
いい絵を描いているのですね。
Posted by 一村雨 at 2007年09月02日 08:04
♪一村雨さん♪
一村雨さん、こんばんは^^
ブイヤベースはなかなかインパクトのある作品でした〜!魚がごったがえしてました…。
私は今までほとんどキスリングを知らなかったのですが、この展示はいけてよかったって思います。また好きな画家さんが1人増えました!
色彩が華やかですよね。明るく綺麗な色合いの絵が私の好みです☆
Posted by はな at 2007年09月02日 20:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

キスリング展(茨城県近代美術館)
Excerpt: 以前から気になってたキスリング。 シャガールとエコール・ド・パリコレクション(青山ユニマット美術館)で見た作品にやられてしまいました。 キスリングはやはりあの目が印象的なのです。以来、キスリングの..
Weblog: あお!ひー
Tracked: 2007-08-28 01:10

「キスリング展」
Excerpt: そごう横浜美術館で26日まで開催されていた 「キスリング展 モンパルナス−その青春と哀愁」に行って来ました。 所謂「エコール・ド・パリ」に属する画家さんの中では個人的に最も好きな作家の..
Weblog: 弐代目・青い日記帳 
Tracked: 2007-08-28 23:12

「キスリング展」
Excerpt: JR横浜駅東口のそごう横浜店にある、そごう美術館へ行ってきました。 現在「キスリング展 モンパルナス−その青春と哀愁」が開催されています。 モイーズ・キスリングは、独自の美の様式を確立した、エ..
Weblog: 美術館は楽しい
Tracked: 2007-08-28 23:52

「キスリング展 エコール・ド・パリの華」を観る!
Excerpt: 茨城県立近代美術館 水戸市にある千波湖は、湖の周囲が約3.1km、水戸市民の憩いの場です。湖上でボートを楽しむ人や、ジョギングやウォーキングを楽しむ人を多く見かけます。ここ数年、周辺の整..
Weblog: とんとん・にっき
Tracked: 2007-08-30 19:42
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。