2007年08月24日

さみしい

さみしいんですよ。



いつもマイペース、脳みそだだもれ、悩みがないことが悩みの種、独り言のくせしてぎゃあぎゃあうるさい、というのがウリ(?)のはなことばのはなちゃまですが、さみしいんですよ、今日は、ほんとに、さみしい。













さみしいよう。







よくわからんけど、今日はさみしい。
自分の中のスイッチをあれこれつけたりけしたりしてみたんだけど、さみしい。
最近バッハとか聴いて悟りを開いたと思ったのに、やっぱりさみしい。
いや、悟りを開いたとか思い込もうとした反動がきてるのかな。
さみしいんだわ。

さみしい。

力がでないんだよ。

体がだるい。

疲れてるってのとはまた別のだるさ。


好きな人はいっぱいいるさ。家族とか友達とかね。
でも、正直に言って、そういうのとはちょっと違う特殊な「好きな人」っているじゃんよー。
どこが特殊かっていうとうまく説明できんけど、なんか、心臓の痛さが違うんだよ。好きなのに痛いんだよな。その人に会ってると心臓が痛いんだわ。なんか体に悪そうねえ。

そんな、好きな人、もっとゴージャスな言葉で飾ると、愛してる人。

愛しているのに愛されないって、思った以上にさみしい。

愛せるだけで十分幸せなはずなのに、欲張りねえ、自分ったら。


自分が愛している人が特別に愛している人が自分ではないということがもたらす心の疲労感はすさまじいぞ。


あと、「新しい恋人を見つけるための積極的な努力」が、今の私には正直つらい。
パーティートークはきらいじゃないし、新しい人と知り合うことは好きだから、いろんな場でもりあがれるんだけど、「ほんとはこんなことしたくないんだけど。気がのらんなあ。」ていう、本音にふたをしている気がする。

これが見えない疲労を蓄積させてる。




どうしたらいいんだ。


私が愛している人は別の人を愛おしく思っていて、私は、だから、別の誰かを愛せればなあ、なんて考えてるんだけど、心の奥底の本音の部分がそれを拒否していて、今愛している人を愛したいらしいのだけど、それはあまりにさみしくて。


もういい年なんだから、という正論は、この際あえて封じ込めておきましょう。それをいっちゃあおしまいよ。




ま、この文章を書き起こしたときからこういうオチになることはわかっていたのですが、「結論:答えは出ません!」ということです。はいはい。


さみしいのは一晩寝ればなおるわ。
だいたいそういうふうにできてるから。

なるようになるから、毎日をマイペースで生きていくわ。


恋人同士なんかじゃない、ただのありきたりな知人同士の二人だけど、きれいでしょ、いい絵だねといって、一緒に眺めた1枚のポストカードを、でも、今晩はしんみりと眺めたいのです。
posted by はな at 22:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ。
恋愛と就職には絶対の正解ってないような気がします。こればっかりはなんとも言えないですね。
でも、何もないよりも好きなひとがいるって状況だけでうらやましいなって思いますよ。
Posted by あおひー at 2007年08月25日 01:47
♪あおひーさん♪
あおひーさん、こんにちは^^

>恋愛と就職には絶対の正解ってないような気がします。

これは名言ですね〜!確かに仕事もあんな仕事が羨ましくなったり、こんな仕事が羨ましくなったりと、隣の芝生があおいばかりです。

恋愛もどういう形に収束していくのかよくわかんないけれど、今はなんとなく、新しい世界にチャレンジする気力がわきません^^;
でも確かに誰かを好きでいられるっていうこと自体は幸福なことなのかもしれません^^
Posted by はな at 2007年08月25日 10:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。