2007年08月11日

サントリー美術館開館記念展2 水と生きる(後期)

ちょっと前になりますが、行ってきたので感想を書いておきます。
忘れないうちに…。

歌川広重の《東海道五十三次》ていうのは「保永堂版」と文字が隷書体の「隷書東海道」があるのですが、これって保永堂版のほうは《東海道五十三次之内》ていうタイトルで、隷書東海道は《東海道 五十三次》ていうタイトルって決められているのかな?なんか出品リストを見るとそういうふうにタイトリングされてるから…。

と細かいことが気になりつつ…。

保永堂版五十三次の《庄野 白雨》です。



同じく広重の《江戸高名会亭尽》より「木母寺雪見 植木屋」です。




今回の一押し作品だった丸山応挙《青楓瀑布図》も見てきました!
とっても清涼感にあふれる絵!水の流れを描く線が丁寧に描かれているように見えながら、全体としては躍動感があるというもの。



今回はなんか感想が少ないな…。

結局全期通いました。日本の古いものが好きな人にとっては、とっても楽しい空間であること間違いなし!

あとは、美術館を見終わった後のカフェがもうちょっとすいていればねえ…。こればかりは難しいリクエストかなあ…。



この日は友達と行ったのでちょっとミッドタウンの中をうろうろと…。



ミッドタウンはどこも綺麗ですね〜!

そしてまだどこも混んでる!!
ちょっとお茶をしようにもどこも満席といったありさま…でも最終的には座れるお店見つけたけど。
気軽に立ち寄ってくつろぐにはまだちょっと人口密度が高すぎるかもしれません…。
posted by はな at 15:07| Comment(4) | TrackBack(3) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
後期行かれたのですね!
私も応挙の滝の絵が観たくて
暑い中でかけてきました。

清涼感たっぷりの絵でした。
Posted by Tak at 2007年08月13日 23:09
♪Takさん♪
全体を通してみると会期長いような気がするのですが、3回に分かれているとそれぞれが意外と短いので、忘れないうちにいってきました!
応挙の絵は青い楓がとっても涼やかでしたね。
さすが展覧会の目玉作品になってるだけあって名品だなと思いました!
Posted by はな at 2007年08月14日 22:07
はなさんこんばんは。後期行かれたのですね。私も応挙を目当てに見てきました。仰るとおり、その清涼感が見事だったと思います。

カフェは美術館横のところでしょうか。
ミッドタウンはどこも混んでいて、なかなか座るところがなくて困ります。乃木坂の方がもう少し開けてくると良いのですが…。
Posted by はろるど at 2007年08月16日 00:26
♪はろるどさん♪
はろるどさん、こんばんは^^
私、3回とも行っちゃったんですよ〜!
揃物で見たいものがあったので。(→江戸高名会亭尽です!)

後期の目玉はやっぱり応挙ですね!
今思い出しても不思議な感じがする滝の絵でした。ちょっと幻のような…。

カフェはミュージアムカフェもそうなのですがミッドタウンの中のいろんなお店も混んでいて…。
六本木アートめぐりを終えたらどこに避難するか、ということを、ちゃんと作戦練っておかなくてはいけないかもしれません。
Posted by はな at 2007年08月16日 21:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「水と生きる」展(後期)
Excerpt: サントリー美術館で開催中の 「サントリー美術館 開館記念展? 水と生きる」展に行って来ました。 前期の感想はこちらです。 後期の目玉はポスターにも使われている円山応挙「青楓瀑布図」 ..
Weblog: 弐代目・青い日記帳 
Tracked: 2007-08-13 23:07

六本木で滝を見る
Excerpt:  連日35度を超える暑さである。 少しでも涼をとろうと、 東京ミッドタウンの「サントリー美術館」に、 江戸時代中期の絵師、円山応挙が書いた 「青楓瀑布図」を見に行った。 写真は「サントリー美術館」ホー..
Weblog: 富久亭日乗
Tracked: 2007-08-14 20:09

「水と生きる」(後期展示) サントリー美術館
Excerpt: サントリー美術館(東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン内) 「サントリー美術館 開館記念展2 『水と生きる』」 6/16〜8/19 「日本美術に表現されてきた『水』の造形美」(公式HPより..
Weblog: はろるど・わーど
Tracked: 2007-08-16 00:22
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。