2007年07月28日

館蔵品展 江戸の粋

これは以前に行ったもので、もう会期も終わってしまったのですが、感想をメモしておきます。

ホテルオークラ併設の大倉集古館で開催されていました。

これに行く前にニューオータニで浮世絵(美人絵)を堪能してきたので、工芸品なども多かったこちらの展示もみて、いい感じにバランスが取れた感じがしました。

ところで、ニューオータニからオークラの間って歩けますか?土地勘が無いのでよくわからなかったのですが…。まあ、夏は暑いし、あんまり無理はしないということでいっか。



焼き物として、鍋島のお皿が2枚ほど。
焼き物ってどんな種類があるのか、とかそういった基礎的な知識がかけているからよくわかってないんだけど、でも、いろんな展示でみる鍋島はどれもプロの技だなあって思います。

円山応挙の大きな屏風《波濤図》が気に入りました!
金が筆で描ききれなかった細かい細かい水しぶきが光を受けてきらきらしているように見えて、立ち位置をいろいろ変えて、光の方向をいろいろ変えて楽しみました。

《藤流水蒔絵盥》というのもゴージャスなの!!もともと花の藤も藤文様も好きだからだけど、黒と金のコントラストで表される藤流水はとても華やか。もしこんなたらいで産湯につかったら、かぐや姫みたいな女性になれそうです(ほんまかいな)。

伊藤若冲のちょっと変わった雰囲気の作品にもお目にかかりました。拓版画というのだそうです。《乗興図》といいます。あの、仲良しのお坊さんと一緒に川遊びを楽しんだときの様子を二人で合作で作品にしたもの。まったく、この人たち、ほんと、風雅なんだから!

こんな感じのが続くながーい巻物で、見ている側も気持ちいい川遊びに同行しているような気になります!



そして《百鬼夜行図》!
こういう変なもの、大好きです。
巻物のいくつかの場面を絵葉書にしたものを買ったんだけど、ちょっとでも雰囲気伝わるかしら…。
いつもながらピンボケでだめねえ。



楽しいひと時でした!
posted by はな at 20:45| Comment(5) | TrackBack(3) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はなさん、こんばんは。
早速TBして下さり、ありがとうございます。
六本木一丁目駅ができて、相当便利になりましたが、神谷町から、坂道を這い上がるのも、結構大変ですよね。
面白い興味そそるもの沢山所蔵している大倉なので、建物も含めて、大好きです。
Posted by あべまつ at 2007年07月28日 22:30
はなさんこんばんは。TBをありがとうございました。

>藤流水蒔絵盥

今回は工芸品も良かったですよね。鍋島も意匠に凝ったものが目立ちました。素敵です。

>ニューオータニからオークラの間って歩けますか?

20〜25分くらい(?)ではないでしょうか。私もあべまつさんと同じく専ら六本木一丁目駅ですが、以前はここから六本木のヒルズまで歩いたことがあります。溜池からは近いですよね。
Posted by はろるど at 2007年07月29日 01:10
♪あべまつさん♪
あべまつさん、こんにちは!
コメント&TBありがとうございました^^
六本木一丁目からも近いのですね。
あのあたりは微妙に地下鉄1駅分くらい歩けばいろいろまわれそうで、でもその1駅が結構長そうで、どうやってまわればいいもんかな〜と悩んでしまいます。
ほんと、大倉集古館、建物自体も趣があっていいですよね☆


♪はろるどさん♪
はろるどさん、こんにちは!
工芸品の素敵さにうっとりしながら、実際にこういう品物が生活の中にあった(日常で実際に使ったかどうかはわからないけど)層がいたんだよな〜と思うと、羨ましい限りでした。
実際手にとって見てみたいものです。

ニューオータニからオークラの間は徒歩でそれくらいかかるのですね〜。私はニューオータニ→赤坂見附→溜池山王→オークラと動いたのですが、地下鉄の駅に戻るという動作がどれだけのロスになっているのか今もってわからずじまいです^^;
でも今度、歩いてみたい気もしました!
Posted by はな at 2007年07月29日 11:01
こんにちは。
昨夜無事帰宅しました。
留守中もコメントありがとうございます!
とても励みになりました。

昔(若い頃)はよく美術館をハシゴし
渡り歩いたものですが、最近は無理しません。
というか無理できません。。。
Posted by Tak at 2007年07月31日 10:37
♪Takさん♪
出張おつかれさまです〜!!
出張前のお忙しいときにも記事を5つもしあげていかれたのにはびっくりです!

美術館のはしごって結構体力必要ですよね。
私はまだ一応休みがあったら気力体力財力の限りあそびたおしたい、という年代なので、それらの「力」がなりをひそめるまではめいいっぱい遊ぼうと思います^^;
Posted by はな at 2007年08月01日 20:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

館蔵品展 江戸の粋 ・ 大倉集古館
Excerpt: 泉屋博古館に行ったら、やはりご近所の大倉を訪ねなければ、落ち着かない。 その上、6月から「江戸の粋」という展覧会。 若冲の「乗興舟」も展示されているというし、見に行かねば。
Weblog: あべまつ行脚
Tracked: 2007-07-28 22:31

「江戸の粋」 大倉集古館
Excerpt: 大倉集古館(港区虎ノ門2-10-3 ホテルオークラ東京本館正門前) 「江戸の粋」 6/2-7/27 若冲、広重、狩野派、それに鍋島焼や江戸箪笥までが出品されています。館蔵品にて構成された大倉集古..
Weblog: はろるど・わーど
Tracked: 2007-07-29 01:04

「館蔵品展 江戸の粋」
Excerpt: 大倉集古館で開催中の 「館蔵品展 江戸の粋」に行って来ました。 美術界の江戸時代ブーム、止まることを知りません。 各美術館で浮世絵も含め江戸時代をテーマにした展覧会華盛りです。 ..
Weblog: 弐代目・青い日記帳 
Tracked: 2007-07-31 10:34
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。