2007年07月12日

金刀比羅宮 書院の美― 応挙・若冲・岸岱 ―

♪こんぴらふねふね、シュラシュシュシュ♪

ということで、行ってきました!
東京藝術大学美術館で開催中の「金刀比羅宮 書院の美― 応挙・若冲・岸岱 ―」!

私はつい最近まで「金刀比羅宮」は「こんぴらぐう」と読むのだと超勝手に思いこんでいて、「ことひらぐう」と読むのが正しいと気付いたとき、一人心中で赤面しました。ああ、人様の前で「今度、“こんぴらぐう しょいんのび”見に行きたいんですよ〜」とか言わなくてよかった!!とまあ、それはどうでもいい独り言であって。

藝大のサイトはこちら
http://www.geidai.ac.jp/museum/exhibit/2007/kotohiragu/kotohiragu_ja.htm

朝日新聞のサイトはこちら
http://www.asahi.com/konpira/

またどうでもいい独り言いうぞ。この朝日のサイトURLはkonpiraになってるけど、p音の前の「ん」は"m"で表記する、つまりkompiraと表記するのがいいのではないか。♪どーでもいいですよー♪(←もう古い?)

余談で記事が終わってもしょうがないので、ちゃんと感想を書いておきます。

金刀比羅宮の2つの書院の中の障壁画を持ってきて、そして、実際の部屋の様子を再現してみるという企画!私はてっきり持ってきた襖とかを展示ケースにべたーっと陳列するだけかなあ〜と思っていたので、この部屋の再現にはびっくり&感動!!面白い試みだって思いました!壁など、持ってこれない部分は複製でカバー。最初、複製展示なんて中途半端なことしないで全部貸してくれればいいのに、ケチだなあ、なんて思ってたのですが、途中で「あ、壁は持ってこられないんだ!」と気付いたわけです…こんぴらさん、ケチとか思ってごめんなさい…。


全部で11の間があって、応挙5つ、邨田丹陵2つ、岸岱3つ、若冲1つでした。


円山応挙ってのびやかで、気持ちよくダイナミックな絵を描くんだな〜と思いながら見ました。伊藤若冲のパラノイアな感じ(←これほめてんのよ!)と比較すると、というくらいのニュアンスですが。

応挙の描く虎さんは、なんだかまるまると肉付きがよくかわいい感じもするのですが、でも、勢いがあっていい感じ!「虎の間」というところに1匹だけいるホワイトタイガーが気になりました。あと、虎模様じゃなくて、豹っぽい毛皮のが1匹いたんだけど、あれも虎なのかな?

邨田丹陵の「富士二の間」がとても気に入りました!富士狩巻図という狩の絵が広がっているのですが、繊細なタッチながらとても迫力があり躍動感のある馬、人物描写もくっきりめっきりはっきり手にとるようにわかります。ドラマティック。これは結構好きだったかも。

奥書院のほうに行くと岸岱の絵があります。「柳の間」の柳の葉の描写がなかなか濃密で見入ってしまいました。それから一転して、といってもいいと思うのですが、同じ岸岱の「春の間」は可憐な作風。春の野の花を描いているのですが、同じ人が描いたとは思えないような気がしました。

そして伊藤若冲。壁一面に濃く美しい花がぼんぼんぼんと描かれています。この展示のサブタイトルが「応挙・若冲・岸岱」となっていて、若冲は1つの間だけなんだけど、名前が2番目に来てるよ!さすが世は若冲ブームだね、と思っていたのですが、2番目に名前が来ても許してあげてもいいかなーと思わされるような、執念深い(←だから、これも、ほめ言葉。)絵でした。

地下2階に行くと今度は「金刀比羅宮 信仰の世界」と題して、こんぴらさん信仰をめぐる美術品がいろいろ展示されていました。こちらの展示も、博物館的なおもしろさがあって楽しめました!!

そんな中で私の心をずぎゅーん!ずぎゅぎゅぎゅーーーん!!!と射抜いたモチーフが!!!!!

それは、

「こんぴら狗」。

自分はこんぴらさんにお参りにいけないっていう人が、わんちゃんの首にお金とかをいれて、こんぴら参りする人にお願いしたり、はたまた道中出会う人に面倒見てもらって、で、そのわんちゃんがお宮に着いたらその首の袋にお札(ていうのかな?)をいれてもらって、そして、帰ってくるんだって!!かわいすぎない???なんか、はっはっとかいって、しっぽふりふり旅をしているわんちゃん!!みんなに可愛がられて旅をするワンちゃん!!!まじねー、想像しただけでキュン死しますよ!

それで…


買ってしまいました、こんぴら狗…。


1000円しました。微妙に悩む金額だったのですが…。

で、でも…かわいい☆




別に自分の中にこんぴらさん信仰があるわけでは全然ないのですが、なんていうのかな、その旅は道連れ、世は情け、みたいな温かさにあやかりたいっていうか、私もこんなワンちゃんみたいな暖かい旅をしたい、こんなワンちゃんみたいな旅人がいたら気軽にもてなしてあげられる人でありたい、というような願いをこめて買ってきました。


こんぴらふねふねには乗らないけれど、こんぴらさんの美を満喫できる、とっても楽しい展示です!!




で、同時開催で「歌川広重《名所江戸百景》のすべて」も見てきました!!

藝大サイトはこちら
http://www.geidai.ac.jp/museum/exhibit/2007/collection200707/collection200707_ja.htm

先日ニューオータニ美術館で半分くらい見てきたので、すぐに全部見る機会に恵まれて、すごく嬉しかったです!!!

藝大的にはこだわりがあるらしくって、「広重が描いた順に見せます!!そこに広重ワールドの変遷を見ることができますから!!!」みたいな感じだったのですが、私としては…うーん、別に、「目録」のカテゴライズごと、季節ごとの展示もわるくないと思うけどな、そのほうが気軽にのりのりで楽しめる気もするよ〜?みたいなことを思いつつ、でもまあ、その藝大の心意気もわかるという感じで楽しませてもらいました。

そして…藝大の心意気に感銘を受けこれも買ってきました^^;



謎解きえどひゃくという本と共に!さあ、これ読むぞ〜♪

この図録は「目録」順に(小さいけど)全部を並べているページもあるので、両方の楽しみ方が出来るな、と思って買いました。結構解説も詳しいような気がしたし、1500円ってリーズナブルだなって思ったし。


とっても満腹の藝大美術館でした!






posted by はな at 21:18| Comment(16) | TrackBack(13) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。TBありがとうございます。

こんぴら狗、見逃してました。気がついていたら買ってしまっていたかも。確かに微妙に悩む金額ですが。
江戸百も、展示方法や摺りがニューオータニと違ったりするところが、興味深かったですよ。
2つも楽しめるお得な展覧会でしたね。
Posted by キリル at 2007年07月13日 22:22
♪キリルさん♪
キリルさん、はじめまして!
お越しくださってありがとうございます^^

1000円は微妙だったのですが、私はあの地下2階でこんぴら狗の絵を見て説明を読んだ瞬間に「これはグッズがあったら買う!!」と決意してしまったところがあるので、悩みつつも買ってきました。今も部屋の本棚にちょこんと座ってます♪
江戸百もまるごと見られるというかなりおなかいっぱいになる展示でよかったですよね!
私が行った日は雨が降っていましたが、心は晴れ晴れ日和でした☆
Posted by はな at 2007年07月13日 22:50
TBありがとうございました。
力の入った記事↑を読ませていただきました。
展覧会はもりだくさんで、江戸百は流してしまいました。もう一度観にいく予定にしてます。
「藝大番号」と「江戸百番号」が微妙に違っているので対照表を作ってみました。↓
http://cardiaccardiac.hp.infoseek.co.jp/Edo100.htm#a
Posted by とら at 2007年07月14日 09:33
TBありがとうございました。
こんぴら狗、ご主人様の代わりにお参りに行くのっていうのがたまりませんね。
しかも、旅人がちゃんと連れていくという風習があったというのが素晴らしいですね〜。
Posted by あおひー at 2007年07月14日 16:35
♪とらさん♪
とらさん、こんばんは!
コメント&TBありがとうございました^^
私の記事はいつも文字通り「感想」だけのミーハーなものでお恥ずかしいのですが…+_+
リンク先のページも拝見しました!!すごい力作でびっくりしました〜!!画像も豊富だし…。原信田さんの本を読んでみて、藝大の図録をながめてみて、そしてまた参考にさせていただきます!


♪あおひーさん♪
あおひーさん、こんばんは〜!
コメント&TBありがとうございます^^
地下二階はこんぴら狗を最後に見るルートで部屋を回っていたのですが、最後にどかんとやられました〜!
普段は猫好きなのですが、今回ばかりはわんちゃんに胸キュンです^^こんなわんちゃん、お世話してみたいな〜て思いました!
Posted by はな at 2007年07月14日 20:01
こんばんは。
TBありがとうございました。

応挙の描く虎も、
こんぴら狗も
どちらも「反則」です。
可愛すぎます。
Posted by Tak at 2007年07月15日 23:53
♪Takさん♪
Takさん、こんばんは〜!
応挙の虎さんは、こわいはずなのに、あのぷくぷくふわふわ感がたまりませんでしたね〜!
ふわふわ抱きしめたくなりました。
こんぴら狗は…もう…ほんと!
まさに「反則」です^^;
Posted by はな at 2007年07月17日 21:34
はなさん、TBありがとうございました。
はなさんの楽しい記事に、またあの会場を思い出しました。
やっぱり今のお家の壁紙、つまらないから、
アートしたくなりました。
忠犬こんぴらって、いいたい!!ですね。
広重の百のなかで、私の育った所が出ていました。そうなると思い入れも百倍でした。
Posted by あべまつ at 2007年07月18日 10:36
はなさん、こんばんは
先日はたくさんのTBありがとうございました。
私も藝大美術館に行ってきましたのでTBさせていただきますね。
応挙の虎に心緩みつつも、山水にも穏やかな気持ちになれました。
こんぴら狗、かわいいですね。売っていたんですね!!それは気がつきませんでした〜
Posted by アイレ at 2007年07月18日 22:28
♪あべまつさん♪
あべまつさん、こんばんは!
お返事遅れてごめんなさい!

おうちの壁紙もこんなにパワフル&華やかだったら毎日が楽しそう…というよりも、家の持つパワーに負けてしまいそうです?!
こんぴら狗いいですよね〜!忠犬こんぴら、いいひびきです^^私もそんなわんちゃんがほしい〜!

広重の江戸百も見ごたえ十二分でしたよね!
あの日に買った江戸百についての本を読みながら理解を深めようと思います。



♪アイレさん♪
アイレさん、こんばんは!
お返事遅れてごめんなさい+_+

この間はコメントも残さず、TBばかり爆撃のように送ってしまって失礼いたしました^^;いった展覧会がたくさん重なっていたので、ええい、これはどれにコメントすればいいのだ!ということでああなりました…m(_ _)mこれからもどうぞよろしくおねがいしますね☆

応挙はとても気持ちのいい絵を描くな〜って思いました!今度サントリー美術館の展示の後期分にも応挙の作品が出るはず(←記憶違いでなかったら)それもいまからわくわくです^^

こんぴら狗、今でもお気に入りです!黒い台座がついているのですが、それに乗せないで単体で愛でているほうがなんか親近感が沸いていい感じです^^
Posted by はな at 2007年07月19日 21:58
こんばんは〜
こんぴらを変換すると金毘羅となるので、
私も、「ことひらぐう」という名称ははじめて知りました。
富士狩巻図の躍動感、ステキでしたね。
私が見たときに、キツネ狩りと言っていた
若者がいてびっくりでした。
写真のこんぴら狗、かわいすぎます〜
Posted by 一村雨 at 2007年07月23日 01:47
♪一村雨さん♪
一村雨さん、こんばんは!
ようこそおこしくださいました☆
「金比羅」と「金刀比羅」、一字違いなんですね!きっと私のほかにも今回の展示の読み方を「こんぴらぐう」だと思っている人がいるはずだとひそかに思ってます^^
一村雨さんも富士狩巻図お好きなんですね!繊細なのにあの躍動感、惹かれました。
キツネ狩って…(汗)確か、イギリスかどこかのスポーツでしたっけ?^^;

写真のこんぴら狗ちゃんはすっかり私の部屋になじんでます☆私も時々手に持ってじっと眺めてます(←あぶない人?)
Posted by はな at 2007年07月23日 21:49
こんばんは。今頃コメント失礼します(^^;

こんぴら狗、可愛かったですよね!
1000円で売ってたんですか。確かにちょっと迷う金額かも・・・。

応挙はダイナミックなのに、かえって目立たないような細かい部分に手を抜いてないところなどすごいなあと思ってみていました。
トラ、ラブリーでしたね(^^)
Posted by しのぶん at 2007年09月04日 22:36
♪しのぶんさん♪
しのぶんさん、こんばんは!
コメント&TBありがとうございます☆
TBのタイミングなんて気になさらないでください〜!
私も楽しかったことを思い返せていいですし^^

こんぴら狗、微妙な値段設定に苦しみましたが、今でも私の部屋の一番いいところを占領しているので、いい買い物をしたのではないかと思ってます(笑)ほんとかわいすぎます!!

応挙はぱっと見、肩の力が抜けてるように見えるのですが、しっかり描きこんでいましたね!
私が行った日は結構すいていたので、存分に楽しんでこられました!
Posted by はな at 2007年09月05日 20:56
楽しめた展覧会でした。とにかく日本人の感覚、その空間の使い方、生かし方を改めて素敵だと感じたひと時でした。襖を全部閉めて、一枚開けて、二枚開けて、全部開けても、それぞれどれをとっても絵になる〜!!広重を見たときも、その独特のデザイン感覚に魅了されました。
Posted by rubicone at 2007年09月06日 23:44
♪rubiconeさん♪
rubiconeさん、こんばんは☆
障壁画、とりわけ今回みたいな襖絵って面白いな〜って思いました!
アートで生活空間を作り上げてるんですもんね。
襖がある生活って素敵って思いました!

同時開催の広重江戸百も見ごたえありましたよね!構図がおもしろいものが特にお気に入りです。書籍も買ってきてそれも興味深かったけど、予備知識なしで絵だけ見ても、私的にはむしろ予備知識なしのほうが、楽しいなって思いました!
Posted by はな at 2007年09月07日 22:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「金刀比羅宮 書院の美」をみて
Excerpt: 東京藝術大学大学美術館で「金刀比羅宮 書院の美 ― 応挙・若冲・岸岱 ―」をみた。   たくさんの書画工芸品を抱える金刀比羅宮。書院の襖絵が再現され、わくわくする空間が出現している。 ..
Weblog: アトリエ・リュス
Tracked: 2007-07-13 22:24

金刀比羅宮 書院の美 @東京芸術大学大学美術館
Excerpt:  金刀比羅宮の書院の襖絵を鑑賞する機会が訪れた。外すことのできない障壁画は高精度のデジタル写真で複製され、一応書院の雰囲気が出るようになっている。もちろん急ごしらえのセットであるから、金属がむき出し..
Weblog: Art & Bell by Tora
Tracked: 2007-07-14 09:26

金刀比羅宮 書院の美― 応挙・若冲・岸岱 ―(東京藝大美術館)
Excerpt: 金刀比羅宮 書院の美― 応挙・若冲・岸岱 ―を見てきました。 やはり画面が大きいので障壁画は見てて楽しいですね。 しかも、これだけ一度にたくさん展示するのは珍しいのでは?さすがに全部全部は無理でイ..
Weblog: あお!ひー
Tracked: 2007-07-14 16:32

金刀比羅宮 書院の美 ・芸大美術館
Excerpt: 地元の子ども会のお祭りの準備に駆り出され、バタバタと日々が過ぎて、 夏休みに入る前に、気になる美術館をどのくらい回れるだろうかと不安がよぎっていた。そんな中、ぽっと時間ができて、芸大まで行くことがで..
Weblog: あべまつ行脚
Tracked: 2007-07-15 21:41

「金刀比羅宮 書院の美展」
Excerpt: 東京藝術大学大学美術館で開催中の 「金刀比羅宮 書院の美−応挙・若冲・岸岱−」展に行って来ました。 金刀比羅宮表・裏書院に描かれた「障壁画」を丸ごと移送させ どのように美術館に展示す..
Weblog: 弐代目・青い日記帳 
Tracked: 2007-07-15 23:51

金刀比羅宮 書院の美
Excerpt:  東京藝術大学大学美術館で開催中の「金刀比羅宮 書院の美」を観ました。詣でる地で...
Weblog: 柏をたのしむ@水上デザインオフィス
Tracked: 2007-07-17 10:15

金比羅宮書院の美
Excerpt: 金比羅宮書院の美 −応挙・若冲・岸岱ー7月14日 東京藝術大学大学美術館(〜9月9日)  四国のこんぴらさんにある書院を飾る江戸絵画を見てきました。 金比羅宮には表・裏の二つの書院があり、そこ..
Weblog: 青色通信
Tracked: 2007-07-18 21:30

金刀比羅宮 書院の美 ― 応挙・若冲・岸岱 ―
Excerpt: 金刀比羅宮 書院の美 ― 応挙・若冲・岸岱 ― 2007年7月7日から9月9日 東京藝術大学大学美術館 表記を訪れました。2004年の「平成の大遷座祭」を記念した展覧会「金刀比羅宮のすべて」では、国..
Weblog: 徒然なるまままに
Tracked: 2007-07-19 19:34

「金刀比羅宮 書院の美」
Excerpt: '07.07.14 「金刀比羅宮 書院の美」@東京藝術大学大学美術館 「こんぴらさん」こと香川県の金刀比羅宮の表書院、奥書院の襖絵約130点を展示。円山応挙、伊藤若冲の襖絵が見られるってことで雨..
Weblog: ・*・ etoile ・*・
Tracked: 2007-07-22 17:13

金刀比羅宮 書院の美 東京藝術大学大学美術館
Excerpt: やっと行くことができました。すでにご覧になられたブロガー諸氏のレポートを拝読していたため、先行知識はばっちり。おかげさまで、応挙の虎や若冲の花と感激の対面ができました。「竹林七賢図」の賢人の顔の墨。他..
Weblog: つまずく石も縁の端くれ
Tracked: 2007-07-23 01:48

最近の美術館めぐりその3(2)「金刀比羅宮 書院の美」
Excerpt: [8/11にUPしました] 前回の記事の続きです。 トプカプ宮殿のお宝を堪能した後、そのまま続けて行ったのは東京藝術大学大学美術館。 「日本の美特集」という感じで二つ展示がありました..
Weblog: ライトオタクなOL奥様の節約入門日記
Tracked: 2007-09-04 22:36

最近の美術館めぐりその3(3)歌川広重《名所江戸百景》のすべて
Excerpt: [8/13にUPしました] 前回の記事(第2回の続きです。 第1回 東京藝術大学大学美術館の「金刀比羅宮 書院の美」の後に続けて藝大コレクション展を鑑賞しました。 ■「「歌川広重《..
Weblog: ライトオタクなOL奥様の節約入門日記
Tracked: 2007-09-04 22:36

金刀比羅宮 書院の美
Excerpt:                            金刀比羅宮 書院の美              ― 応挙・若冲・岸岱 ― 会期:2007年7月7日(土)〜9月9日(日)月曜休館    午前1..
Weblog: la Casa del Lapiz:鉛筆庵
Tracked: 2007-09-05 23:52
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。