2007年06月27日

山種コレクション名品選 後期

前期でとても感銘を受けて後期もとても楽しみにしていた山種美術館の「山種コレクション名品選」に行ってきました!いやあ、前期もいいけど後期のほうがさらにパワーアップしてる。(前期は越路十景がたくさんありすぎてちょっとダレちゃったかも…なんて生意気なことを書いてみる)

前期の時なんとなく悩んで買わなかった図録も今回しっかり買ってきました!分厚いほうではなくこのコレクション名品選のために作った図録のほうです。こちらのほうがなんとなく自分的に大事にできそうな気がしたから。

感想メモ。展示順路の順ではありませぬ。

(伝)俵屋宗達《槙楓図》。木の幹のうねる具合、楓の枝の伸びる具合、とってもお見事でした!

俵屋宗達下絵・本阿弥光悦書《四季草花下絵和歌短冊帖》は素敵な合作。これ、元はもっと色鮮やかだったんだろうなあ。そうだとしたら、さぞ風雅だったろうなあ!花が短冊に咲き乱れていたもん。あと、こういう書も読めるようになりたいなあ、と思ったり。それは難しいかな。

鈴木其一《四季花鳥図》。これは図らずも、いえ、図ってかもしれないけど、前期の酒井抱一の作品と同じ場所にディスプレイされてました。前記後期通じて私の滞在時間が最も長くなった場所です!やっぱり好きだあ〜。構図が優れているのは当然のこと1つ1つのデザイン性にも斬新さがある植物群、その中にうずくまる鶏親子とおしどり(?)は細かく、そして艶やかに描きこまれてます。超いいです。

上村松園が2作でておりましたが、どちらもとても素敵。女性の鏡です。《砧》は例えるならば仏様のよう。着物の色がとても穏やかな色でこの女の人によく似合っていると思いました。

同じく松園の《牡丹雪》はまたまるで違った雰囲気の作品です。雪が傘に降り積もる中歩く二人の女性なのですが、雪の積もった傘の外側の色と、黒みがかった傘の内側の色の対比が画面のはじのほうでぱっと目をひき全体のダイナミズムを作り出しているように思いました。

速水御舟もたくさん出ていました。《炎舞》が目玉作品で素晴らしいのですが(他のもみんなすばらしいけど!)私が気に入ったのは《翠苔緑芝》と《秋茄子》。《翠苔緑芝》のほうはキャプションに「琳派的画面構成が云々」というようなことが書いてありました。確かに金地を背景に構成物の大胆な配置なんかが見たとき琳派っぽいと感じました。でも植物などのなんていうかつるんとした感じがオリジナルな感じだなあとも思いました!

《秋茄子》は個人的なノスタルジーかな。小さいときなすびを植えていて、そのとき葉脈がこんな感じの色合いに紫だったんだよなあ、と懐かしく思っちゃって。絵の葉は墨の濃淡で描かれているので色はのっておらず、画面の中の紫はなすの花だけなのですが、葉脈まで紫に見せる技には恐れ入るばかりです。

上村松篁《竹雪》!かわいい…。寒そうにしてる鳩がすごくかわいい…。雪の絵で寒い季節を描いているけど心がほこほことなごむ一瞬です。

東山魁夷《緑潤う》。色の魔術師、画面の魔術師。




もしかして前期も書いたかもしれないけれど、まさに「珠玉」という言葉がぴったりとあてはまる展示です!!
posted by はな at 12:00| Comment(8) | TrackBack(5) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はなさん、こんばんは。
私も記念に前期に図録を購入しました。
山種美術館はこの展覧会出品作以外にも珠玉の名品を所蔵しているので、今後も楽しみな美術館ですね。
リンクの件、どうぞよろしくお願いします。
Posted by Minnet at 2007年06月28日 01:06
♪Minnetさん♪
Minnetさん、こんにちは^^
山種美術館ってほんと素敵ですね〜!
学校の夏休み期間にあわせてまた企画展やるみたいです(おそらく)。またいろんな作品を見られることを楽しみにしてます。

リンクもご快諾頂きありがとうございます!
早速追加させていただきますね☆
これからもどうぞ宜しくお願いいたします!
Posted by はな at 2007年06月28日 09:52
はなさん、はじめまして♪
私も先日山種の後期に行ってきました。
やはり御舟の《炎舞》を目的に行ったのですが、《翠苔緑芝》にすご〜く惹かれました。
琳派的装飾性でありながらそれだけではない独特の世界がありましたね。

>植物などのなんていうかつるんとした感じ
↑よくわかります(^^

それから松篁の《竹雪》は前期の《白孔雀》とともに私もとっても気に入りました♪

TBさせていただきましたのでどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by chat_noir at 2007年07月06日 03:02
♪chat noirさん♪
こんにちは、はじめまして!
お越し頂きありがとうございます^^
泊まりで外出していたのでお返事するのが遅くなってしまい、ごめんなさい!

御舟作品ももちろんなのですが、ほんとに、名品ぞろいの密度がぎゅっと濃い展覧会でしたね!御舟はいろんな作風の作品が出ていて、才能の豊かな努力の人だったんだろうなって思いました。
chat noirさんも前期もいらしたんですね!上村親子(とひとくくりにしていいのか^^;)にもほんと魅了されました〜!どれもすごくよくって!

Posted by はな at 2007年07月10日 21:36
こんにちは。はじめまして。
四季草花下絵和歌短冊帖、私も描かれた当時の
ものを見たかったと思いました。
Posted by 一村雨 at 2007年07月16日 10:43
♪一村雨さん♪
こんばんは^^ようこそおいでくださいました!
あの短冊帖は風雅をつめこんだ宝箱のような感じがしましたね!あれが一番輝いていたときに見ることが出来た昔の人が羨ましいです。
Posted by はな at 2007年07月17日 21:41
こんばんは。

記事には書きませんでしたが鈴木其一の向日葵のドット模様やひし形の菜の花など面白いな〜と思いながら観て来ました。抱一にはない面白さもっていますね。

TB送らせていただきました。
Posted by Tak at 2007年07月17日 22:29
♪Takさん♪
Takさん、こんばんは!
お返事遅れてごめんなさい!

鈴木其一の菜の花は私も印象に残っています。写実というよりグラフィック的な…。ディテールも楽しいし、全体の華やかさに酔うのもいいし、めちゃくちゃお気に入りです!
Posted by はな at 2007年07月19日 21:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「山種コレクション名品選」(後期)
Excerpt:  山種美術館で開催されている開館40周年記念展「山種コレクション名品選」(後期)を鑑賞した。 5月6日にNHK新日曜美術館で放映されたので、大混雑しているかと思ったが、心配したほどでもなく、それ..
Weblog: 美術館は楽しい
Tracked: 2007-06-28 00:59

山種コレクション名品選(後期)
Excerpt: 開館40周年記念展山種コレクション名品選(後期)6月9日 山種美術館(〜7月16日)  日本画の名品を集めた山種美術館の開館40周年記念展の後期展示を見てきました。 残念ながら、日程の都合で前..
Weblog: 青色通信
Tracked: 2007-07-04 23:02

「開館40周年記念展 山種コレクション名品選」
Excerpt:                               ・速水御舟《炎舞》1925年 昔は洋画にしろ日本画にしろ明治以降のいわゆ日本の近代絵画というものはとても退屈な気がしてまったく興味を持てな..
Weblog: - CHAT NOIR -
Tracked: 2007-07-06 03:04

開館40周年記念展 山種コレクション名品選
Excerpt: 藝大に行こうか、山種にしようか悩んだ。前期も見ていないこともあり、岩佐又兵衛の「官女観菊図」は必見だと思い、会期終了間際でもあるこちらに決定。台風の大雨が一段落したためだろうか、かなりのお客さんで狭い..
Weblog: つまずく石も縁の端くれ
Tracked: 2007-07-16 10:32

「山種コレクション名品選展」(後期)
Excerpt: 山種美術館で昨日まで開催していた 開館40周年記念展「山種コレクション名品選」展に行って来ました。 (前期の感想はこちら) 会期: 前期 2007年4月21日(土)〜6月3日(日) ..
Weblog: 弐代目・青い日記帳 
Tracked: 2007-07-17 22:26
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。