2007年05月16日

花嫁とパパ 第6話

今回はいつもよりは笑いが少なめな展開だったかも〜。三浦君のご両親問題が表面化してきたからね。

あらすじは…
酔った愛子を送ってきた鳴海から「子離れしないから愛子が未熟なままになってしまう」といわれたパパ。それで子離れを決意して「干渉しない」ときめる。
一方、三浦に母親から電話がかかってきてなにやら不穏な雲行き…。愛子にも三浦の母からの電話があり、二人は三浦に内緒で会うことになる。そこで、交際をやめて欲しいと衝撃の発言が!三浦は三浦で独自に母親に会いに行き話をしようとするが、兄ばかりを大切にする両親の姿勢に腹を立て、部屋を出てきてしまう。愛子には「母にきちんと話した。母も会いたがっている」とウソをつくがばれてしまい、愛子は三浦と付き合うのをやめるといい…。

という感じでした〜。

三浦家ひどいよ〜。三浦君に縁談があるっていうのも、まずお兄さんありきで考えてるから、というふうに見えて、三浦君超かわいそう〜。あれなら怒るって!

そんな家なら出るっていう気持ちもわからなくないけど、愛子はみんなに認めてもらうことを選択するのですね〜。家族愛の強い子だ。えらい。

さてさて、一旦別れてしまった二人ですが、どうなることやら?

それにしても白石美穂さんがやってる役、いい女すぎます〜〜〜!!役柄的にちょっとむくわれない感じがかわいそうだけど、もしあんな女の人が実際に身の回りにいたら間違いなくほれてる!きれいだし、仕事は出来るし、責任感はあるし。姉御として慕わせていただきます!!



posted by はな at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。