2007年05月14日

054:電車(はな)

今すぐに君に会いたい満たされぬ人々を食み電車は走る
posted by はな at 17:11| Comment(2) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「人々」にずらしてしまわないで、そのまま自分のままでも、いいのじゃないのかな。その方がストレートに伝わらないかな。。。

素材は、好きなお作です。
Posted by マロン at 2007年05月19日 13:22
♪マロンさん♪
なんのひねりもなく自分のことを詠んだ短歌が結構多いので題詠に出すときはちょっと変えてみようと欲を出したのかもしれません^^;「私を含み」「私飲み込み」…。
電車を走らせるのは実は電気ではなく人の満たされぬ気持ちだという歌です!

Posted by はな at 2007年05月19日 19:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

054:電車のうた
Excerpt: 7月18日 人間がだんだん重く思はれて電車は春の多摩川を越ゆ 春畑 茜 小6の5月の夜を切り裂いて走る電車を少し恨んだ 惠無 今すぐに君に会いたい満たされぬ人々を食み電車は走る はな 君の顔 ..
Weblog: 花夢
Tracked: 2008-07-18 22:14
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。