2007年05月03日

映画『ロストロポーヴィチ 人生の祭典』

久々に音楽カテゴリでの記事です。見たのは映画だけれど、音楽記事。ロストロポーヴィチについてのドキュメンタリー映画を見ました。昨日のことね、5月2日のことです。

詳しいことはこちら↓
ロストロポーヴィチ 人生の祭典
2006年 アレクサンドル・ソクーロフ監督

この日は銀座から渋谷に出たんだけど、映画館が意外と遠くてちょっと焦りました。でも時間にも間に合って、無事見ることができましたよ。

フィルムは2部構成、ロストロポーヴィチと妻であり往年のオペラスターのガリーナ・ヴィシネフスカヤの金婚式のパーティーの様子から始まり、二人の人生の軌跡、そしてインタビューなどから構成されています。第2部には小澤征爾が振るウィーン・フィルでとある新曲をあわせ、そして初演を披露するまでの模様を見ることが出来ます。

やっぱり一番印象に残っているのは、あのオケとの練習風景。音楽を作り上げていく過程でのロストロポーヴィチの迫力!!ものすごかったです。もう、なんていうか、見えない閃光が走っているって感じ。眼差しに神が宿っていた。いや、神なんていうとちょっと洗練されすぎているかな。鬼神が宿っていた、と表現したほうがぴったりくるかも。

演奏風景で手元とかも見ることができたんだけど、私、弦楽器演奏している人の指って大好きなんです。あの、演奏することに特化されたような指の形、音の響きそのものを体現しているムーブメント。もうねえ、魅惑的。

彼自身があの演奏を「最後の初演」と決めていたらしいけれど、彼が天に召されたこのタイミングのことを考えると、どうして「最後の初演」にするって決めたんだろうって、何か不思議なものを感じます。

他には、妻・ガリーナもとても魅力的な音楽家でした。現役時代の声もすっごく素晴らしいし、後輩を育てるその姿も美しい。映画ではロストロポーヴィチについてもガリーナについても、その人間的魅力がとても味わい深く表現されていたと思うけど、ああ、この夫あってこの妻あり、この妻あってこの夫あり、という感じで、素晴らしいカップルだったんだな、と感じるのです。

あとはインタビューの中でバッハについて語るところがあって、嬉しかったです。無伴奏チェロ組曲の彼の演奏が大好きな者としては「こういうふうに感じて演奏していたんだな」と知ることができてとても興味深かったです。

それから、考えさせられたのは、彼と”ロシア”あるいは”ロシア的なもの”との関わり、かな。ソ連から亡命し「世界市民」として活躍した彼だけど、インタビューの中では音楽と”ロシア的なもの”とについてかなり重要なことを語っていました。芸術と”ロシア”ってちょっと興味深いかも。今度ロシア絵画の展覧会行くし、ちょっと自分なりに”ロシア的なもの”を考えることとしてみましょう。


最後に、心から心から、ご冥福をお祈り申し上げます
posted by はな at 12:12| Comment(17) | TrackBack(10) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はなさん、トラバありがとうございました。
私も2日行ってたんですよ。
3回目の回でした。
ガリーナさんが凄かったですよねぇ。
行って良かったです。
また遊びに来てください。
Posted by もんろー at 2007年05月03日 17:00
♪もんろーさん♪
はじめまして!お越し頂きありがとうございました^^コメント&TBもありがとうございます☆
2日の3回目ていうことは、なんとなんと、同じ回です!!ちょっと感動しちゃいました。あの中にいらした方とこうしてコミュニケーションできるなんてなんだか不思議な気分です。

映画はドキュメンタリーとしてなかなか秀逸でしたね。あの奥さんの存在はロストロポーヴィチにとって、とても大きかったんだろうなと思いました。

またそちらにもお邪魔しますね^^
Posted by はな at 2007年05月03日 20:03
こんばんは。初めまして。TB&コメントをありがとうございました。
ロストロポーヴィチって、たくさんの人に愛されていたんですよね。その人柄も音楽への姿勢も、ほんの少しでも垣間見れたことは、私にとっても大変意義のある事でした。
小澤さんとの師弟関係もとても強い絆であったり。演奏をしている姿はさすが巨匠でした。
なんか、時が流れたんだなって訃報を聞いて心に穴が開いてしまった気がしてます。
また読ませてくださいね♪ありがとうございました。
Posted by シャーロット at 2007年05月03日 21:10
♪シャーロットさん♪
シャーロットさん、こんばんは、はじめまして!
お越しくださりありがとうございました^^
本当にロストロポーヴィチは20世紀を代表するマエストロといっていい人なんだろうなと感じさせられた映画でした。音楽への姿勢には鬼気迫るものを感じました。
そして友人や家族と過ごすときのあの愛すべき人柄もまた素敵でした^^貴重なドキュメンタリーでしたね。彼の演奏をライブで聴くことができなくなってしまったのは大きな喪失だと思います。

またお越しください☆
私もお邪魔します^^
Posted by はな at 2007年05月03日 22:03
はなさん、初めまして。「BLUE EYES」の管理人くーみんです。TBして頂き有難うございました。
はなさんのご感想を読ませて頂いて、ぜひ地方でもこの映画の上映をと切に思いました。残念ながら地方者の私はいつか上映されるであろう日を待つ悲しい身です(笑)。
チェロ奏者ではパブロ・カザルスさんも平和活動家として有名でしたが、ロストロポーヴィチさんの死はまさに、「またひとつ巨星墜つ」、ですね。音楽を含め芸術の放つエネルギーの大きさを感じます。
はなさんのブログは大変充実していて楽しいですね。私のブログはぶつぶつ独り言のような感じでお恥ずかしいですが、よろしければまたお遊びにいらして下さい。これからもよろしくお願いします。
Posted by くーみん at 2007年05月03日 22:49
はじめまして
トラックバックありがとうございます。

この映画是非見たいと思っています。
この記事を読んでさらにそう思いました。
私は趣味でチェロを弾いたりしていることもあってロストロポーヴィチの存在は大きかったです。
そういえば奥さんとの歌の入ったCDを持っていたことを思い出しました。
聴いてみます。
Posted by ダンベルドア at 2007年05月03日 23:05
♪くーみんさん♪
くーみんさん、こんにちは、はじめまして^^
お越しくださってありがとうございます!
くーみんさんのお住まいのお近くにはこれが上映される映画館がないんですね…。でも、貴重なドキュメンタリーに仕上がってますし、DVDも発売されるのではないかとにらんでいます!もしそうなったらぜひご覧くださいね!
ロストロポーヴィチ氏の存在はその行動の社会的な意味も大きく取り上げられることがあるけれど、芸術も社会的な行動も彼の中では別物ではなく「自分らしく在るために必要なこと」として1つなんでしょうね。とにかくスケールの大きな大人物だったと思います。

私のブログなんてそれこそ独り言のはきだめみたいなところでお恥ずかしい限りですが…在宅・外出先に関わらず、何か手持ち無沙汰になったら更新するという、更新頻度だけは高いブログですのでお気が向かれたら遊びに来てくださると嬉しいです^^私もくーみんさんのブログにお邪魔しますね☆


♪ダンベルドアさん♪
ダンベルドアさん、こんにちは、はじめまして!
お越し頂きありがとうございます^^
チェロをされてるんですね。すごく素敵です!私はもし生まれ変わって(?)音楽の才能に恵まれたらやってみたい楽器がチェロかファゴットなんです。チェロをやってみたいと思ったのは私にとってもやはり氏の存在が大きかったのかもしれません。
ところで私はこの映画で初めて奥様がすごい歌手であったことを知りました。なので、そのチェロと歌のCDというのはものすごく興味がひかれます!!もしよろしければCDタイトル・レーベル名などご教示願えませんでしょうか。またここにいらっしゃることがあったらコメント欄に書いていただければすごく嬉しいです!!心ひそかにお待ち申し上げております^^
Posted by はな at 2007年05月04日 10:18
トラックバック有難うございますm(_ _)m
この映画、見てないんですよ。何とか都合をつけて見たいと思います。
Posted by 千鳥道行 at 2007年05月04日 15:07
コメントとトラックバックありがとうございます。他の方のコメントを読んでしまうとネタバレ
自爆しそうなので、映画見たらまた読みに来ますね。これからもよろしくです♪
Posted by まっしゅ at 2007年05月04日 19:54
こんばんは。

ロストロポーヴィチと夫人のチェロとソプラノの共演CDを聴いて今日記事にしました。
記事の中でリンクを貼っておきましたのでご覧下さい。

何年も前のCDなのでショップに置いていないかもしれませんが、ネットでは廃盤でないようです。
Posted by ダンベルドア at 2007年05月04日 21:18
♪千鳥道行さん♪
こんにちは、はじめまして!
お越し頂きありがとうございます^^
貴重な映画になってるので機会がおありでしたらぜひご覧ください!



♪まっしゅさん♪
こんにちは、はじめまして^^
お越し頂きありがとうございます!
ドキュメンタリー映画で特にストーリーのどんでん返しとかがあるわけではないので「ネタバレ」を気にせず未見の方にもTB送ってしまいました…失礼いたしました+_+
まっしゅさんがご覧になったときのご感想も読めればなと思ってます!



♪ダンベルドアさん♪
ダンベルドアさん、こんにちは!共演CDの情報ありがとうございます!ぜひ聞いてみたいと思うので早速ネットでチェックしようと思います。
器楽も好きですが歌声も好きなので…。
CD聴かれた感想の記事にもお邪魔しますね!
Posted by はな at 2007年05月04日 23:00
はなさま
トラックバック&コメント、ありがとうございます。
映画、見に行って参りました。こちらの記事にトラックバックさせていただきます。
Posted by yuriko at 2007年05月10日 12:42
♪yurikoさん♪
こんにちは!コメント&トラックバックありがとうございます!見てこられたんですねo(^-^)o今は旅先でパソコンにつなげない環境にいるので帰宅したらまた感想読みにお邪魔しますね☆
Posted by はな at 2007年05月10日 18:38
はじめまして〜TBさせていただきました。
短い時間だけれども、2人の人生と音楽をギュッと凝縮した濃い映画だったと思いました。
Posted by カオリ at 2007年05月20日 14:41
♪カオリさん♪
こんにちは!TBありがとうございました^^
題名の「ロストロポーヴィチ」一人の映画というよりも、まさに2人の人生を描いた映画でしたね☆ぜひ、ガリーナ・ヴィシネフスカヤの歌も聴いてみてください!
Posted by はな at 2007年05月22日 12:54
はじめまして。

私は、TBを打っただけでしたが、当方のブログにコメントも入れていただきありがとうございました。

とても良い番組で、ブログに書かないではおれませんでした。
番組の中での、奥さんの言葉も重みのある内容が非常に濃いものでした。

映画は勿論、こんどCDを買って聞きたいと思います。
Posted by だいまつ at 2007年06月01日 22:14
♪だいまつさん♪
こんにちは、はじめまして!
またお越しくださってありがとうございました^^TBのみでも全然問題ないです、大歓迎です!
奥様も音楽家としても、また、あのロストロポーヴィチのパートナーとしてもすばらしい人ですよね。最近彼女の歌をよく聴いています。だいまつさんもぜひお聞きくださいね^^
Posted by はな at 2007年06月02日 07:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40666586

この記事へのトラックバック

映画を見たよ
Excerpt: (鼻水がじゅるじゅる出るの・・・鼻かぜ?) 午後から映画を見に行きました。 ロストロポーヴィチ 人生の祭典 。 ロストロポービッチの凄さは、演奏を聴いているので、まぁ知ってるけど(←偉そうに)、奥さ..
Weblog: もんろーの部屋
Tracked: 2007-05-03 16:57

ロストロポーヴィッチ 人生の祭典
Excerpt: 現役のロシア人音楽家夫婦が歩んだ波乱の半生と、人生最後の初演に挑んだ音楽と、表現の喜び・・・
Weblog: シャーロットの涙
Tracked: 2007-05-03 18:28

4/1の予告編
Excerpt: 「絶対の愛」の時の予告。ユーロスペースが久々のせいか、9本中8本新作。 不完全なふたり 公式サイト(準備中)/6月公開 おしどり夫婦と言われた夫婦が、離婚を決めて過ごす数日間の話。ヴァレリア・ブ..
Weblog: Addicted to the Movie and Reading!
Tracked: 2007-05-03 21:06

ロストロポーヴィチ氏、逝く
Excerpt: 4月27日、ロストロポーヴィチ氏が亡くなられた。享年80歳とのことである。 本名はスティスラフ・レオポリドヴィチ・ロストロポーヴィチというらしい。さすが、ロシア人だけあって父姓の分だけ名前が長たら..
Weblog: まっしゅ★たわごと
Tracked: 2007-05-03 22:38

映画「ロストロポーヴィチ 人生の祭典」〜渋谷で上映中
Excerpt: ロストロポーヴィチ 人生の祭典 という映画がまさに今上映中だそうです。
Weblog: ★ 音楽と季節の記♪ ☆
Tracked: 2007-05-03 22:57

ロストロポーヴィッチと夫人ガリーナの共演CD
Excerpt: 映画『ロストロポーヴィチ 人生の祭典』上映中の記事を4月29日にかきました。 この映画をご覧になった、はなさんの記事で奥様のガリーナがとても素晴らしい音楽家だったと拝見しました。
Weblog: ★ 音楽と季節の記♪ ☆
Tracked: 2007-05-04 21:14

「ロストロポーヴィチ 人生の祭典」
Excerpt: 連休明けの5月7日に「ロストロポーヴィチ 人生の祭典」を見て参りました。内容は、
Weblog: ♪Paris-Tokyo雑記帳♪
Tracked: 2007-05-10 12:44

ロストロポーヴィチ 人生の祭典(06・ロシア)
Excerpt: 「演奏家は音楽の娼婦だよ。いろんな音楽を愛するんだからね。」 ソ連からロシアへ―動乱の中に生きた、二人の音楽家。 アレクサンドル・ソクーロフ監督。天皇ヒロヒトを描いた「太陽」の監督、と言った方..
Weblog: no movie no life
Tracked: 2007-05-20 14:39

「21世紀への証言 ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ」 を見た
Excerpt: 偶然に任せてテレビを見ていたら、心に響くような番組を見ることが出来た。幸運に感謝
Weblog: 東方見聞人
Tracked: 2007-05-28 21:03

『ロストロポーヴィチ人生の祭典』
Excerpt:  ロストロポーヴィチという名前が(普通の)映画ファンの間でどのくらいの知名度を持つのか分からないが、クラシック音楽ファンにとっては、世界的なチェロ奏者であり、彼を超えるのはパブロ・カザルスくらいであろ..
Weblog: 分太郎の映画日記
Tracked: 2007-06-08 14:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。