2007年04月18日

『誰も知らない』

2003年の作品。感想、ネタバレします。

『花よりもなほ』の監督の作品。『花より』を見たときの記事に頂いたコメントの中に『誰も知らない』のことが書いてあって、どんな映画かな〜と思ってレンタルショップでジャケットを見てみたら、あ、これ知ってる、この男の子役の子がすごく若くしてどこかの映画賞で賞をとったんじゃなかったっけ?と、そんな感じで私の認識にインプットされていた作品でした。

奔放な母親に見捨てられた、戸籍すらもない(←たぶんそうよね。戸籍があれば小学校入学の通知とか来るはずだもの。)4人の兄弟の生活を描いた物語。

実話を基にしているんだって最初に書いてあった。どこまでがノンフィクションの要素なのかわからないけれど…。無残なほどに悲惨な生活を淡々と描き続け、見ている私も、今ものすごくつらい不幸なものを見ているんだということは理解しているはずなのに、ただ淡々と見続けてしまった。でも、ラスト、ゆきちゃんが死に、暗闇の中みんなでろうそうくの明かりをたよりにトランクにつめるときのシーン、引っ越してきたときに入っていたトランクは小さく一回り大きなトランクを使い「大きくなったんだね」といい、ぬいぐるみをいれ、好きだった音の鳴るくつを履かせたとき、ベタな涙腺決壊ポイントかもしれないけれど、いままでのつらさが急に押し寄せてきてぼろぼろ泣いてしまった。

4兄弟の境遇は悲惨だと思う。ミスドで「幸せになっちゃいけないの?」なんて言い放つ母親も幸せじゃない。もちろんこの人は責められるべき人っていうところもあるけれど、それはまあ、おいといて。この人も不幸なんだよね。少なくとも主観的には不幸。自分の不幸で頭が一杯。さきちゃんだっけ、あのいじめられていた女の子。この子も不幸。みんな不幸。でも、みんな不幸なんだよね、で、おさまる話じゃないよね、この兄弟の悲しさは。保護者に棄てられて、衣食住にも事欠く。「欠落」の次元が違う。なのに兄弟同士で守りあい、生き抜くんだよね。もちろん、その状態がいいとは思っていないよ、いらいらもするし、外の世界の空気を吸いたがるし。でも、心の通奏低音として、兄弟をまもり、そしてどこか母を求めている(明が服を売ろうとしたとき、京子がそれをとめたりなんかしたから)。その、「こんな境遇なのにどうして?」という答えの返ってこない問いがこの映画を成立させてるエッセンスなのかもしれないと思いました。


映画的に見てみれば、この子役達、みんなすごく不思議なの。賞をとった柳楽くんもすごいんだけど、みんな、カメラなんかないように、台本なんかないようにすごくリアルなの。全部アドリブか?て思うくらい。これどうやって撮影したんだろ?すっごくリアルだった。

もろもろでかなりノックアウトされた映画でした。
posted by はな at 12:19| Comment(2) | TrackBack(16) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんな映画見ないで、
狼少女、見なさ〜い!!
すごく良い涙、流せると思います。
Posted by 猫姫少佐現品限り at 2007年04月19日 02:05
いやはや…^^;
狼少女、猫姫さまの記事を読んでみたら、なんかよさげでした。今度見つけたらみてみようと思います!!
Posted by はな at 2007年04月19日 07:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39163750

この記事へのトラックバック

誰も知らない
Excerpt: 実際に起きた事件をモチーフにした映画。 親に置き去りにされた4人の子供の物語。
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2007-04-18 15:19

救いのない映画、「誰も知らない」
Excerpt: 話題の映画「誰も知らない」を見て来た。第57回カンヌ国際映画祭で、主演の柳楽優弥君が最優秀男優賞を受賞した事で知れ渡った映画だが、それ迄は、作品自体が”誰も知らない”といった存在だったのではなかろうか..
Weblog: ば○こう○ちの納得いかないコーナー
Tracked: 2007-04-18 20:14

誰も知らない
Excerpt:  純粋に、こどもたちの演技に感動。
Weblog: ネタバレ映画館
Tracked: 2007-04-18 21:51

誰も知らない
Excerpt: 思っていたよりも見終わって鬱にならなかった。 でも、でも、はぁー、、、。 やっぱりため息でちゃうな。
Weblog: 映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α
Tracked: 2007-04-18 22:16

誰も知らない (2004) NOBODY KNOWS 141分
Excerpt: とある2DKのアパートに引っ越してきた母けい子と4人の子供たち。しかし追い出されるのを恐れるけい子は、自分と12歳の長男・明だけの2人暮らしと大家に嘘をついていた。 けい子は子供たちにも近所にバレな..
Weblog: 極私的映画論+α
Tracked: 2007-04-18 23:24

映画『誰も知らない』
Excerpt: 1988年、実在の東京・豊島区巣鴨の子供4人置き去り事件、・・自堕落で無責任な母親・・淡々と静かな感情が溢れ、切なく悲しい子供達の物語。 シングルマザーのけい子(YOU)と、明(柳楽..
Weblog: 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
Tracked: 2007-04-19 00:56

「誰も知らない」
Excerpt: 「誰も知らない」 母親としてではなく女として生きることを選択した身勝手な人間に対して、自己の中に、怒りがあるのかないのか?・・・解らなくなってしまった、正直なところ。 母親の失踪当初は、4..
Weblog: 雑板屋
Tracked: 2007-04-19 01:01

『誰も知らない』
Excerpt: 誰も知らない 柳楽優弥君がカンヌで最優秀主演男優賞を受賞したことでも有名になった作品、正直カンヌもあまいなぁって思っていたが、いざ鑑賞してみると、なんで他の賞を与えなかったのか疑問に思えるほどの..
Weblog: ロハンのゲロゲログ
Tracked: 2007-04-19 01:41

誰も知らない 今年の127本目
Excerpt: 誰も知らない   映画の出来がどうこうって言うような作品じゃない。 なんなのこれ?? イタイ映画だってことはわかっていたし、だから、今まで手が伸びなかったのyo。 やっぱり、見なく..
Weblog: 猫姫じゃ
Tracked: 2007-04-19 02:00

誰も知らない
Excerpt: 製作年度 2004年 製作国 日本 上映時間 141分 監督 是枝裕和 脚本 是枝裕和 音楽 ゴンチチ 出演 柳楽優弥 、北浦愛 、木村飛影 、清水萌々子 、韓英恵 ..
Weblog: タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌
Tracked: 2007-04-19 10:37

誰も知らない
Excerpt: 知りたくない 知ったら火の粉が ふりかかる   言葉にしようと思って、ずっと書けなかった映画。是枝裕和監督の作品は難しい。いや、映画が難しいのではない。コメントするのが難しいのである。たいて..
Weblog: 空想俳人日記
Tracked: 2007-04-19 13:50

誰も知らない
Excerpt: ドキュメンタリー映画みたいだった。 学校には通わせてもらえず、引っ越すときはスーツケースに隠れて、長男の明以外はから外に出ちゃいけないと言われ・・・そんなふうに世間から隠されながら生きている兄弟の話..
Weblog: ★Mooooovie★
Tracked: 2007-04-19 14:11

<誰も知らない> 
Excerpt: 2004年 日本 141分 監督 是枝裕和 脚本 是枝裕和 撮影 山崎裕 音楽 ゴンチチ 出演 明:柳楽優弥    紗希:韓英恵    福島けい子:YOU    京子:北浦愛    ..
Weblog: 楽蜻庵別館
Tracked: 2007-04-20 09:33

誰も知らない
Excerpt: 是枝裕和監督の作品を続けて。 カンヌ映画祭で最優秀男優賞を取った話題作で ビデオ屋ではずっと貸し出し中だったのですが やっと借りました。 アパートに母親と4人の子供が引越して来ると..
Weblog: 映画、言いたい放題!
Tracked: 2007-04-24 01:43

誰も知らない
Excerpt: 「誰も知らない」 ?    2004年/日本  監督:是枝裕和?  音楽:ゴンチチ?  出演:柳楽優弥 、北浦愛 、YOU 他 1988年に東京で実際に起きた「子ども..
Weblog: 月影の舞
Tracked: 2007-05-01 16:23

誰も知らない(2004)
Excerpt: 12年前の作品なのですね。柳楽優弥が、史上最年少で2004年度カンヌ国際映画祭主演男優賞に輝いた話題作。今も存在感のある見事な俳優さんですが、この年令ならではの輝きに感心しました。しかし、12歳にして..
Weblog: のほほん便り
Tracked: 2016-08-12 11:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。