2007年04月14日

『007ダイ・アナザー・デイ』

"...live to die another day..."

007シリーズの題名は劇中の一番かっこいいところでさらりと言われているので素敵です。

2002年の作品。ボンドは私の大好きなピアース・ブロスナン様。ちょっと生活に潤いをもたらしたく、借りてきました。

北朝鮮の偉い人のばかたれ息子との闘い。北朝鮮、香港、ハバナ、アイスランド、そしてまた北朝鮮と世界各地をまわって大活躍します。

やっぱりどう贔屓目に見てもかっこいい。本当にかっこいい。
ブロスナン、本気でかっこいい。パーフェクトボディといえなくてもかっこいい。そして、ハル・ベリーのきれいなこと!このシリーズっていうのはとことんかっこいいボンドと女もほれるボンドガールとやりたい放題のドハデなアクションを見て元気になるためのものですよね。

うろ覚えなんだけど、この作品って確か公開当初、北朝鮮からクレームついたんじゃなかったけ?そんな記憶がある。別の映画だったかなあ…。

2002年ってどんな年だっけ。私何してたっけ。なんかこういう映画を見てると、ああ、この数年で東アジアと世界は大きく変わったんだなあってしみじみ思っちゃう。今だったらあまりにもリアルの火種が熱すぎてこんなストーリーは作れないよね。

【追記】
おーっと、記録しておくの忘れてた!!
本作で、ひっくりかえってびっくりして大爆笑したのが、Q!!
なんと、モンティ・パイソンのジョンだよ、ジョン・クリーズ!!
こんな仕事してるんだね〜。すっかりおじいちゃんになっちゃって。いやー、なんだかすごく嬉しくなりました。

posted by はな at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。