2007年03月20日

ヒミツの花園 最終回

実の父親・野口の作品を航達の父親・片岡が盗作していた事実を知り、陽は秘密の部屋から片岡の作品とその基になった野口の絵を運び出して川原で火をつけようとする。そこにかけつける兄弟・月山達。盗作という過去に縛られないでそれぞれの人生を生きてほしいという陽に、絵を燃やさなくてもその気持ちは兄に伝わると説得する月山。結果として、花園ゆり子を解散させることにする。陽はイギリスへ留学して文学の勉強、智はマネージメントの仕事、修は描きたかった少年漫画、航は画家になるという夢に向かって進むことにする。ちなみに修はみなえに「結婚を前提につきあってほしい」と告白するが、亡くした夫のことを忘れられないから、と、ふられる。で、お互いの気持ちを伝え合おうとしない航と月山をくっつけようと兄弟3人が活躍。月山にウエディングドレスを着せたところに航を呼び出す。「互いの気持ちをはっきりさせろ」というと、月山は「大好きです…花園ゆり子が」と言う。兄弟達と一緒にいる航が好きだといい、花園ゆり子を解散させないでほしいというが、航は今はそれぞれの生き方をすることが必要だといい、またいつか花園ゆり子が戻ってくるときまで待っていて欲しいという。愛の告白を期待していた3人は「あほらし」といい部屋を出て行く。帰ろうとする月山を航が呼びとめ「僕の告白がまだです」といい「ずっとそばにいてください」といい彼女をだきしめる!それをベランダから3人が覗き見ていて、にやにや、でthe end!!


全部の話が(修兄の恋、以外かな?)まるく収まって、ハッピーエンディングでした!月山さんも社会人として成長をとげたし、いいんじゃないでしょうか♪

それにしても、堺雅人さんに胸きゅんきゅんだった3ヶ月でした〜かわいい今日だって、手を握って夏世をひきとめる&愛の告白なんて、もう、テレビの前で失神するかと思いましたよ!!あとお風呂のシーンとか、濡れ髪&タオルを頭になんてサービスショット多すぎて鼻血が…。

そういうもえもえな要素も含め、気軽に楽しく見られるドラマだったと思います!3ヶ月お疲れ様でした〜!
posted by はな at 23:23| Comment(2) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヒミツの花園も終わってしまいましたねぇ。。
なんか寂しいな…。

面白かったですね!結構笑えたし♪
それに堺さんッ!!こんな素敵な人だったとはッ!
新しい発見ですw
あの手を握るシーンは胸キュンでしたねぇw
すごい面白かったですw
Posted by bee at 2007年03月21日 21:14
連続ドラマが終わってしまうとなんだか寂しいですよねえ…3ヶ月間楽しませてもらったな〜て感じで!
今クールみてたのは結構コメディタッチのが多かったので、毎週楽しく見てました^^
Dr.コトーのときはよくわからなかったけど、このドラマではほんと堺さんの大ファンになっちゃいました!!素敵すぎます〜!!ああ、もう、私も告白されたいっ☆
これから堺さん出演作をいろいろ見ちゃいそうな気がします^^
Posted by はな at 2007年03月22日 10:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。