2007年02月13日

ヒミツの花園 第6話

副社長命令で田中さんが花園ゆり子のサイン会の話を持ってくる。4兄弟は今まで田中あってこその花園ゆり子だったことを思い出し、田中の力になろうと、月山を身代わりに立ててサイン会を開催することを思いつく。サイン会が始まる前に花園ゆり子のファンだという女の子にサインと握手をしてあげてとても喜ばれた月山はファンをだますことは出来ないといって「自分は花園ではない」とみんなの前で言う。航が集まった人々に土下座して謝り、また、みんなの似顔絵を書くことによってファンサービスして一件落着…というお話でした。

ドレスを着ていた夏世に航と智が反応してたのが、あら、恋の予感?みたいな感じでにやにやしちゃいました!

あと、今日もまた兄弟げんかで突き飛ばされるひ弱な航兄にもえもえ!!土下座ももえもえ!!

それにしても編集長、あの4兄弟が花園ゆり子だとわかるなんて、ちょっと勘がよすぎますねえ。でもまあ、ドラマも折り返し地点まで来たから、そろそろばれてもいいころなんでしょう。

月刊石仏の編集の皆さん、いい味だしてます(笑)

ところで、夏世がサインを拒んだのは、あれ、正当な理由になってる?誰が本当の花園ゆり子かなんてあまり関係ない、ファンが花園ゆり子だって信じてる人からサインをもらったら、それで十分嬉しいと思うんだけどなって思う私は、よごれた心の持ち主?夏世、仕事放棄だと思うんだけど…。まあ、終わりよければすべてよし、で、今回は許してやろう。

夏世をめぐって、航兄と智さんの心の揺れ動きがありそうです!

ここはひとつ、私が航兄とつきあって、夏世さんは智さんとつきあうということでいかがでしょう?だめ?^^;
posted by はな at 23:07| Comment(4) | TrackBack(4) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はなさん、こんばんは〜♪
もう航兄に萌え萌えの回でしたね!
翠も航兄とお付き合いした〜い!(笑
夏世、、、せめてあの女の子には嘘を突き通しても良かったんじゃないかなぁ〜って。
サインして握手した後に「嘘でした」じゃ、傷が深くなる気がしますもん。^^:
次回はさらに航兄の萌えシーンがあることを期待したいです♪^^
Posted by at 2007年02月14日 01:16
翠さん、こんにちは^^
翠さんのブログの航兄祭拝見しましたよ〜☆
ほんとに、回を追うごとに、航兄にもえもえです♪Dr.コトーの時とは全然違う感じの堺さん素敵〜!!
あのサインをあげた女の子の気持ちになってみればちょっとかわいそうですよね。夏世も断るなら最初から断りなさいよーって感じですが、それなら田中さんが左遷されちゃうし…。まあ、ちょっともやもやが残る感じです!

来週は航兄と夏世がさらに接近の予感?
ああ、釈さんになりたい…(笑)
Posted by はな at 2007年02月14日 10:41
はなさん、こんにちは。
堺さん、今回も転がってましたね。見事な機転で危機を救うわけですが、夏世の方は何も考えてなかった気もします。ちょっと融通がきかないわけですが、ドラマの主人公はやっぱり清く正しくといった感じなのかもしれません。
Posted by スペードのA at 2007年02月15日 00:38
スペードのAさん、こんにちは!
一番上のお兄ちゃんでしっかりしてるのに、なよっとしてるところがかわいくてたまらない航兄です^^
今回もうまく場をまとめてくれましたが、それにしても夏世の対応はどうなんでしょう…。まあ、ドラマだなあ…といったところです!
Posted by はな at 2007年02月15日 08:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ヒミツの花園 第六話
Excerpt: ●キャスト 月山夏世/釈由美子 片岡航/堺雅人 片岡修/池田鉄洋 片岡智/要潤 片岡陽/本郷奏多 田中一郎/寺島進 川村亮子/真矢みき ? ●主題歌 Baby Don't Cry..
Weblog: ちょっと変な話
Tracked: 2007-02-14 01:16

ヒミツの花園〜第6話・影武者&見事な危機回避!
Excerpt: ヒミツの花園ですが、寺島進が会社のお偉いさんからの依頼で、花園ゆり子のサイン会を断れなくなるわけです。花園兄弟は、寺島進こと田中ちゃんには世話になっているわけですが、正体を明かすわけにもいかず、とりあ..
Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記
Tracked: 2007-02-14 15:57

《ヒミツの花園》☆#06
Excerpt: 一郎のたっての願いで、陽が、無名時代を思い出して、どうにかしてやろうと、言い出し皆でがっさんに代役を押し付けた。 新連載と引き換えでは断るわけにはいきません。
Weblog: まぁ、お茶でも
Tracked: 2007-02-15 04:30

「腐っても宝塚ですから」by真矢みき@ボウリング大会(ヒミツの花園#6)
Excerpt: 『ヒミツの花園』あの人達が花園ゆり子だったのねそうやって、また何も言わずに行っちゃうのね・・・涙を拭いながら、一郎(▼へ▼メ)の元を去る真矢ねーさん。。。て〜かこんな早くバラしたら、つまんないじゃん!..
Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
Tracked: 2007-02-15 12:15
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。