2007年02月07日

ハケンの品格 第5話

今日は小笠原さんがピンチ!

嘱託の契約の更新はしない、つまり、クビということになってしまった小笠原。それを伝えなくてはいけない里中主任、先輩社員を大事に思っている東海林主任、マーケティング課のメンバー達がなんとかその人事部の決定を覆したいと思っているがなかなかうまくいかない。そんな中、税務の監査で粉飾決算の疑いが持たれ、ある年の伝票の提出を求められるが社員達は探すことが出来ない。手書きで仕事をしていた時代にばりばりの社員だった小笠原が見つけ出して無事に監査をのりきる…というお話でした。

パソコンの電源の入れ方も知らない小笠原さん、今までそこに座ってなんの仕事をしてたの??という基本的なつっこみはおいといて!

会社って意外とああいうアナログなところ残ってると思うんですよね。電子データ化されてない昔の書類なんかファイルにつめて倉庫とかにぶちこまれてるけど、どこになにあるかわかんないもんね。情報が共有されてなくて、こういうふうに「小笠原さんがいないとダメなんですよ!」みたいな属人的なものになってるのって、本当はよくないよね。でもまあ、そんな古いデータが必要になることってあんまりないと思うけど。

いかんいかん、なんか感想が「小笠原さん、やめるべし」の方向に向いてる…。

故障したエレベーターから伝票だけじゃなく、小笠原さんも助け出した春子。データの説明に小笠原さんが必要、という理由もあったかもしれないけれど、セリフにもあったとおり、小笠原さんの会社人生のことを思って助けてあげたんだったら、なんだか、春子の情があるところっていうか、優しいところがちょっと見えた感じでよかったな〜。少しずつ春子さんもその心のうちを見せてくれるんでしょうか。

次回はバレンタイン関係?ちょうど14日なのかな?楽しみです!
posted by はな at 23:10| Comment(4) | TrackBack(2) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小笠原さん、これから会社に残るとしても結局まだパソコンも出来ないんですよねぇ…。またリストラとかされそうですけどね…。

次は春子さんキグルミでしたね(´U`●)
楽しみだなぁ〜
それに助産師の資格までッ!!
驚きです。
Posted by bee at 2007年02月09日 21:31
そうそう、私も小笠原さん、せっかく自分でやめる決意したんだから、退職しちゃって、お孫さんと遊ぶ毎日でもいいと思うんだけどな〜なんて考えちゃいました。ちょっと冷たい?^^;

来週もまたすごい資格が飛び出しそうですよね!楽しみ〜♪
Posted by はな at 2007年02月09日 23:06
今回は、ロープを投げてくれて、助かった
にも拘らず、「ばっちぃ!」と切り捨てられた
ショウジバエ(撃沈)
Posted by mari at 2007年02月11日 03:45
mariさん、こんにちは!
あはは!ショウジバエは面白いです!!
ショウジバエにも里中主任にもがんばってほしいなーなんて思ってしまう今日この頃です♪
Posted by はな at 2007年02月11日 15:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

《ハケンの品格》★#05
Excerpt: 社員の査定を派遣にさせるのかと霧島部長に噛み付いた春子だった。同期の嘱託の契約更新が出来ないということを里中に伝えさせようとしていた。東海林たちは、先輩をどうしても辞めさせたくなかった。
Weblog: まぁ、お茶でも
Tracked: 2007-02-08 19:36

ハケンの品格 第5話
Excerpt: 「お時給インベーダーとナマコ大先輩」 人事部が小笠原(小松政夫)の嘱託契約の打ち切りを決定。賢介(小泉孝太郎)はその旨を本人に伝えるよう桐島(松方弘樹)から指示される。賢介から話を聞いた東海林(大泉..
Weblog: □■Honey March■□
Tracked: 2007-02-09 20:58
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。