2006年12月27日

うわ、うわうわうわ

げー、これ法案作成に着手?最悪ー。

http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/nation/20061227it13-yol.html

以下、まんまコピー。

ホワイトカラーの労働時間規制除外、労基法改正案へ
2006年12月27日(水)20:28

 管理職一歩手前のホワイトカラー(事務職)のサラリーマンについて、厚生労働省は27日、1日8時間、週40時間の法定労働時間規制から除外する「自由度の高い労働時間制」(日本版ホワイトカラーエグゼンプション)を、労働基準法改正案に盛り込むことを決めた。
 同日開かれた同省の労働政策審議会労働条件分科会が、導入を求める最終報告をまとめ、柳沢厚労相に提出。報告書には「長時間労働となる恐れがあり、認められない」とする労働側の意見も併記されたが、同省は「議論は尽くされた」として、今後、来年の通常国会提出に向けて、法案作成に着手する。

 新制度が導入されると、労働者は自分の判断で、出社・退社時刻など、1日の労働時間を調整できるようになる一方で、残業手当は支給されず、成果で給料が決まる。企業が新制度を導入しようとする場合は、事前に労使で協議し、労働者側の同意を得なければならない。新制度の対象者については、週休2日に相当する年104日の休日確保を企業側に義務付け、違反した場合は罰則を科す。



ま、私は管理職一歩手前のホワイトカラーなんかじゃない、しがないOL(だった、もしくは、またそうなるかもしれない)だから別にいいっちゃーいいんだけどね。

それにしても最悪。会社に殺されるね。

ま、効率よく成果あげればいいんだろうけど、おばかな部下とかあてられたら悲劇だし、むずかしい仕事あたったらアンラッキーだし。そういう要素を評価するのも難しいよね。

管理職一歩手前って、主任とかそういう立場でしょ。傍から見てても、実質、あのくらいのポジションが一番ストレスフルな働き方を余儀なくされてる感じなのに、ほんと、かわいそすぎ。

制度の名の下に、堂々と殺人がまかり通るんだわ。

人が何人死ねばこの議論ひっくりかえるのかしら。
posted by はな at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。