2006年12月20日

僕の歩く道 最終回

円満にハッピーエンドな最終回でした、『僕の歩く道』。

お兄ちゃんをはじめとした家族や都古、動物園のみんなの応援を受けて、輝明はロードレースに出ることにします。練習もしっかりがんばります。

お母さんは堀田先生から輝明をグループホームで自立した生活をさせることを勧められます。ちょっと複雑そうなお母さん。

動物園では、来園者数も増え、園長さんは本社に戻れることになるけれども、なんだかうかない顔。動物が好きになり、動物園の仕事にやりがいを感じるようになった園長さんは、本社には戻らない、といいます。「えーっ、本社に戻らないっていう展開はちょっとないんじゃない?」と思ったら、やってくれました動物園スタッフ。「冗談言ってる場合じゃないですよ」「本社にもいてもらいたいんです、動物に愛情のある人が」というわけで、園長を送り出します。いいねー。それが園長さんの歩く道なんだからね!

いよいよロードレース。大きい音が苦手なのか、スタートの銃声を聞かないように工夫したスタートをお兄ちゃんに協力してもらいます。胸には都古からの葉書をおまもりにしていれてます。さすがに苦しくなって途中で止まりますが、動物園のみんなからプレゼントしてもらったボトルからドリンクを飲んでまたがんばります。順調にゴール目前まで走ってきたのに、輝明は横道に入ってしまいます。説明をせっかく覚えたのに、動物園にいなくて見ることができなかった鳶の鳴き声を聞いて、いってしまうのです。「待ちましょう」というお母さん。回り道しても、それが輝明の歩く道なら。鳶を見た輝明は満足して、もとのコースへ戻ってきます。そして、ついにゴール!ゴールした輝明はお母さんに「グループホームに行く」と告げます。輝明も巣から飛び立ったのです。

輝明がグループホームで生活するようになってからのある週末。おいしそうなものを作って、みんなで輝明が実家に帰ってくるのを待ちます。待ちきれないお母さんが電話をしてみると「僕にだって予定がある」といってその日は実家に戻らないよう。何の予定かといえば…都古との自転車デート!揺れるハートなんとー!輝明と都古は並んで一本道を自転車で走り出していきます。

ぱちぱちぱち…ぴかぴか(新しい)

まあ、都古ちゃんと会う予定があっても、ちょっとくらい実家に顔出してね!と言いたいところもありますが、まあいいか。

約3ヶ月、味わい深いドラマを見ることができました!輝明が何か周りに影響を与えようとしてるわけじゃない、でも、自分の歩く道を淡々と歩くその変わらなさが誠実さとなり、周りにいる人が影響を受けていく、そんな様子が描かれてました。障害がある人も、ない人も、どんな人も、それぞれ、自分の歩く道があるんだね、それを歩いていけばいいんだね。
posted by はな at 12:53| Comment(6) | TrackBack(3) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はなさん、こんばんは♪
とうとう最終回を迎えてしまいましたね(涙
毎回テルと周囲のやり取りを見るたびに、自然と涙が零れてきました。
テルの成長や自立する姿、周囲の葛藤や戸惑いを丁寧に描かれていて、すっかり物語の中に入り込んでしまい…
河原のことなんか本気で怒ってましたし(笑
テルの歩く道には、いつも都古が隣にいる……そんな風に感じたラストでした。^^
こんな素敵なドラマに出会えて幸せです♪
Posted by at 2006年12月20日 23:05
翠さん、こんにちは^^
1回も逃さず、テレビにかじりついて見てしまったドラマでした!
シンプルなシナリオで「はい!ここ感動するところ!」っておしつけがましくないのに、静かな感動が広がる物語でしたよね^^
あと、私も河原には腹が立ちました、あはは(苦笑)翠さんは、特にアレルギーありますもんね^^;
輝明の素敵な未来を感じさせられながらの最終回でした。また再放送とかやってたらついつい見ちゃいそうな、そんなお気に入りの作品になったと思います♪
Posted by はな at 2006年12月21日 11:53
はなさん、こんにちは!
いや〜、良い感じで終わりましたね。
もちろん、輝明重視で言っています。
他は一部触れたくない事態があったので(苦笑)。

それにしても、輝明が周りの人たちを変えていく様は、
フィクションとはいえ良かったですね。
レース中に各々が彼とのことを思い出すシーンは、
さすがに感動してしまいましたよ。

「僕」シリーズを上手く締めくくったと思いました。
こちらでもいろいろとお世話になりました。 m(__)m
Posted by ads(あず) at 2006年12月23日 23:29
あずさん、こんにちは^^
未来につながるエンディングでとてもよかったですね!
輝明は周りを変えようなんて思っていないけど、その変わらない姿が誠実さとなって、回りに影響を与えていく、そんな過程がとても心温まるものでした。
いいドラマだったと思います^^
Posted by はな at 2006年12月24日 10:59
(* '-')ノ ハジメマシテ☆ 「酔芙蓉に恋をして」のkaorihonokaと申します^^ 
ご報告遅くなりましたが、勝手ながらTBをさせていただきました。お返しのTBとコメント、どうもありがとうございます。
主人公の輝明同様、人にはそれぞれの日々の戦いってあるのだと思います。
輝明の勇気、輝明の前向きな生き方にいっぱい感動しました^^
Posted by kaorihonoka at 2007年04月03日 00:37
kaorihonokaさん、こんにちは、はじめまして!
こちらこそTB&コメントありがとうございました。
「僕の歩く道」いいドラマでしたよね。私も私の道を歩いていけたらと思いながら見ていました。
Posted by はな at 2007年04月03日 10:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

僕の歩く道 最終話
Excerpt: ●キャスト 大竹輝明/草なぎ剛 松田都古/香里奈 大竹秀治/佐々木蔵之介 大竹真樹/森口瑤子 大竹幸太郎/須賀健太 大竹里江/長山藍子 大竹りな/本仮屋ユイカ 三浦広之/田中圭  ..
Weblog: ちょっと変な話
Tracked: 2006-12-20 23:03

僕の歩く道・第11話(最終話)
Excerpt: このドラマの終了と共に“「僕」シリーズ・三部作”が終了するわけですが・・・。
Weblog: あずスタ
Tracked: 2006-12-23 23:20

泣きたい夜に…(ありがとう)
Excerpt: ? SMAP ありがとう ? 曲よりも何よりも。 この惹き付けるタイトル、素敵な歌詞に。 瞬間的に心を奪われた。 耳を澄まして、最後までじっくり聴いていた。 聴きたいと心が動..
Weblog: 酔芙蓉に恋をして
Tracked: 2007-04-01 13:00
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。