2006年12月13日

おーこれこれ!

今さっき『Dr.コトー〜』のサイト見にいってきて、鳴海先生こと堺雅人さんのインタビュー読みました。

そこでこんな一節が。

心とか、家族とか、奇跡とか…医師が言葉にして、すがって良いのか? コトー先生に対して、鳴海がずっと抱いている疑問です。これは、もしかしたら『Dr.コトー診療所』シリーズに対して投げかけられていることではないかと思います。鳴海は、そこに突き刺さるリアルな棘。コトー先生は、この棘に耐えることが出来るのか? 耐える力を持ち続けることが出来るのかを見ていただきたいですね。」

そうなんだよね。うんうん。さすが役者さんだけあって、大事なところをおさえてらっしゃる、と思いました。
私も『Dr.コトー〜』は大大大好きなドラマだけど、ここんところをどう描くかな、とは気になってたんだよね。ゆかりさんの回復も嬉しかったけど、ああいう奇跡が全てではないと思うし。最終回に向けてどう展開していくか、ますます楽しみなところです!
posted by はな at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。