2006年11月18日

東京タワー

いや、なにがって、もう…田中裕子さん、すごすぎます。本当、いい演技を見せてくれます。ありえない。大女優です。本当、好き。田中さんを堪能するための2時間半でした。


ドラマ自体は、最初に「古き良き昭和」みたいのを見せられたときに、個人的に『ALWAYS三丁目の夕日』がフラッシュバックして、それが厳然と聳え立つ基準になってしまったので、やむをえず低い点をつけざるを得ませんでした。映画とドラマの違いっていうのもあっただろうけど。全体的には期待していたほど磨き抜かれてるって感じではなく、新聞のテレビ欄に番宣してたほど「涙腺決壊」モノではなかったです。

期待してた大泉洋さんも、リリー・フランキーの面影に似てるから(もさっとした感じ)起用された?と思ってしまうほど、演技としてはごく普通レベルだったと感じます。まあ、私の中ではやっぱり彼は某地方局の某深夜番組ではじけてるほうが好きだなと思うのですが、どうでしょう。

そんなこんな不満ばかり言ってる私ですが、実は、雅也がオカンの手紙を読み上げてるところは、不覚にも涙をこぼしてしまいました。オカンはマー君が本当に本当に大好きだったんだな、と思って。すっごい普通のベタなシーンなのにぼろぼろっときました。

あ、あと、エンドロール見ていて「え?小林薫でてた?」ってびっくりしてたら最後に出てきてちょっと笑いました。大塚ねねさんも出てたし、なによ〜、志木那島メンバーがんばってるじゃん!なんて思っちゃいましたよ。

結論は冒頭で述べましたが、私としては、ひたすら田中裕子さんを拝めたことがよかったです。合格点をさしあげます!少なくとも、「おいでよどうぶつの森」でひたすら魚釣りしてるよりはいい時間の過ごし方だったんじゃないかなと思う。

なんか、ねちっこい言い方ばかりしちゃったけど、いいドラマだったですよかわいい
posted by はな at 23:51| Comment(3) | TrackBack(2) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記事をアップしたので、はなさんの感想がやっと読めます〜!
私も「三丁目の夕日」を連想しました。
あと志木那島メンバーで「コトー」を思い出して、親子の抱擁が!と思った私は「コトー」中毒です(笑

オカンの田中裕子さん、素晴らしかったですね。^^
母と息子って恋人に例えられることがありますが、やはり特別な絆があるんだなぁ〜と。
鼻メガネで踊ったり、皆に料理を振舞ったり…病気になっても最後まで息子を思う母の姿に胸が熱くなりました。
じんわりとキたドラマです。^^
Posted by at 2006年11月19日 22:07
おはようございます。

田中さんの演技を久しぶりに見ました。
やっぱり、素敵な女優さんですね。
今後もいろんな作品に出ていただきたいです。

「ジュリ〜〜〜」というのは、昔、樹木希林さんが
ドラマでやっていたのです。懐かしかった。(笑)
Posted by ちーず at 2006年11月21日 09:13
♪翠さん♪
読まずにとっておいてくださった私の感想、期待を裏切るしょぼさでごめんなさい〜(汗)でも読みに来てくださって感謝感謝です^^
私も『三丁目〜』も『コトー〜』も大好きなので、ついつい頭がそちらにいってしまいました^^;でも連想するくらい共通点があるってことはきっと私はこういう優しい温かいドラマが好きなんだろうなと思います。
オカンの愛情はどこまでも深かったですね…。最期の時、意識が混濁する中でも息子のことを思う姿にじーんときました;_;原作も読んでみたいです!

♪ちーずさん♪
こんにちは^^コメントありがとうございます!
田中裕子さん、本当に素敵な力ある女優さんですね!!圧巻でした^^あの素朴な笑顔が役柄とマッチしていてまたよかったです。いろんなドラマに出て身近に見られるところで活躍してほしいなって私も思いました!
樹木希林さんのネタも教えてくださってありがとうございました!「100へぇ」です!見ているときに知っていたらくすっと笑えただろうな〜^^
Posted by はな at 2006年11月21日 21:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

東京タワー ??オカンとボクと、時々、オトン??
Excerpt: ●出演者 中川雅也(ボク)/大泉洋 中川雅也(少年時代)神木隆之介 中川栄子(オカン)/田中裕子 中川弘治(オトン)/蟹江敬三 成田真沙美/広末涼子 藤本法子/大塚寧々 藤本種/加藤治子..
Weblog: ちょっと変な話
Tracked: 2006-11-19 22:05

ドラマ『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』&エキストラw
Excerpt: 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』東京タワーって昇った事ない(爆) 近くにあるからか演出を手掛けるはずだった久世光彦さんの急逝や吉本の某芸人の不祥事による大人の事情でお蔵入りも心配されたが、..
Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
Tracked: 2006-11-24 22:52
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。