2008年07月30日

化粧品の名前というのは

ものすごい力をもっているんだ、名前というのは。

これ、今日買ったアイシャドウ。

ブルジョア。



私のアイシャドウはほとんどブルジョアです。
基礎化粧品とかファンデーションとか、ベースになるものはちゃんと御用達のものがありますが、色モノは遊び心も手伝って割とドラッグストアとかで適当に楽しく買い物したりします。
そんなわけでブルジョア。

ドラッグストアとかだと、他にドメスティックブランドのしっかりしたものとか並んでいます。同じくらいの価格帯で。実は冷静に品定めしたりすると、そちらのほうがきめ細かだったりするかなーと思ったりします。

でもブルジョアを買ってしまう。

これは明らかに「ブルジョア」という名前が好きだからなんだろうなあという結論に至るわけです。

化粧品選びのキモであるはずのきめ細かさとかつけ心地とかそんなところよりもパワーを持ってる名前。あなどれませんね。

なんのブルジョアになりたいんだろう?
美のブルジョア?
あふれるほどの美をあやつって、哀れなるプロレタリアート(誰?)をしばりつけ、搾取し、君臨する。

うーん、そういう願望があるのか、私。
posted by はな at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。