2008年06月26日

センス

お好きな方が多いと思うからあまり大きな声でいえないんだけど
今人気絶好調の松井冬子さんの絵に関心がもてない、まったく。
画廊に足を運ぶ気力が1ミリたりともわかない。
作品を実際見たことないから好き嫌いだとか評価うんぬんということは言えないけど
それ以前に私のアンテナにひっかからないというか、
私の人生には必要ないものと認識されてるらしい。
各所で最近の松井さんの個展(?)について読むにつけ
この画家のことが気にならない自分というものに焦りを感じたりもする。
ああ、同時代に対するセンスがほんとに悪いんだなあと
がっかりする。
でもしょうがないよね、昔からこうなんだ。
興味のないものに対しては力がわかない。
好きな絵を好きなようにみればいいじゃないか、それで幸せなんだから、と自分の肩をとんとんとたたいてみる。
posted by はな at 00:23| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは
シーラカンスのようなわたしです。
古美術と近代美術までしか興味がありません。
現代で興味があるのって何かな・・・
あったゾ!と思いついたものはマンガでした。
は・は・は・・・
このトシでマンガ雑誌を立ち読みしてニマニマしてるへんな女です。

まぁそれでもいいかな〜と思っています。
はなさんも自分の好きなものだけ好きで、ナイスです。(わたしに言われてもビミョ〜でしょうが)
Posted by 遊行七恵 at 2008年06月27日 18:53
♪遊行七恵さん♪
七恵さん、こんにちは!
返信遅くなってごめんなさい><
七恵さんは素敵なシーラカンスです!!(←そういう表現もどうかと思うぞ、自分)
あそこまでぴか一の審美眼と豊かな鑑賞経験とフットワークの軽さを持っておられるのはほんとにあこがれです〜!
でも七恵さんに好きなものだけ好きでいいって言っていただけたら、私なんてまだまだ及ばないけど、でも、好きなものを好きに見ていればいいか〜という気がして、なんかうれしくなりました^^
マンガもにまにましてください♪
Posted by はな at 2008年06月29日 11:30
別に自分がいい!と思ったものを愛せばよいと思いますよ〜。
あと食事の好みじゃないですけど、だんだん変わってきたります。
よくないと思ったものが、いいなと思えるようになることもしばしば。
私も昔、マティスのよさがぜんぜん分からず、あぁやばい〜とあせってましたが、
最近は自由な描き方が好きだなと感じるようになりました。
Posted by kino at 2008年07月03日 10:38
こんばんは。

私は嫌いな作家さんでも
興味のわかない作家さんでも
とりあえず、観にいけるなら
行くように心がけています。
あとで泣くことに比べたら
たやすいことです。
Posted by Tak at 2008年07月09日 20:51
♪kinoさん♪
なるほど〜好みが変わってくるっていうのもあると思います!
そんなに長いスパンでなくても、その日その日のコンディションで好きなもの・そんなに心に響かないものって差が出てきますしね。
やっぱり、その時好きなものを好きなようにみるのがいいみたいです^^


♪Takさん♪
Takさん、こんにちは!
返信がすごく遅くなってしまってごめんなさい><
Takさんはやっぱりそのバイタリティーとフットワークの軽さが素晴らしいんですよ〜!
私などはぽんこつで燃費が悪いので、なかなかモチベーションが最初に高くないと見に行くことに自分のリソースをさくことができないというか…。
でも、画集やネットの画像などで見ているのと実際に展示されてるものではまた全然迫力が違いますしね。
とりあえず行ってみるていうのはすごく大事ですね!
Posted by はな at 2008年07月13日 05:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。