2008年03月05日

うーむ

なんか最近の自分のブログを見返すと、どうも美術関連ニュースのコピーでお茶を濁してると言っても過言ではないというか。

むー、自分の好きなことを掲載しているという点では満足なんだけど、なんとなく手抜き感があるというか…。

うーん。

まあ、あまり気負わずに、これまでどおりぐだぐだ大量更新してたら、下手な鉄砲数うちゃ当たるの諺どおり、たまには何か面白いねたでもみつけられるでしょう!

posted by はな at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みつけもの

西美でコローの絵。

6月14日から。

この「コローのモナリザ」って書かれてる絵の女の人、きれいだ…

たぶん実物はこれまたきれいなんだと思う。


posted by はな at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウルビーノのヴィーナス

駅などで「こんなんいいんですか?」と目のやり場に困るような広告を展開している、「ウルビーノのヴィーナス 古代からルネサンス、美の女神の系譜」展を見に、国立西洋美術館に行ってきました!初日にです!!フットワーク軽いな、自分!(会期:2008年3月4日から5月18日まで)

ヴェネツィア派の巨匠・ティツィアーノの《ウルビーノのヴィーナス》を筆頭に、西洋美術の歴史の中に花開いた「ヴィーナスの表象」をたっぷり楽しめるラインナップになっております。



順を追って気に入った作品をメモしておきます。

まず古代の壺が美しかった〜。紀元前400〜300年あたりに作られたものが出ていました。アッティカ赤像式ヒュドリア(水瓶)《アフロディテとファオン》と名づけられたものとアプリア赤像式レキュスト(香油壺)《エロスに授乳するアフロディテ》という名前のものがあって、すごい繊細で細い線で人物とかが描かれているのだ。2000と数百年も前なのに、こんなすごいことができる人がいたなんて!匠の技だなあと思いました。

ぐぐっと時間軸に沿って先に進んで、ミケランジェロの下絵にもとづくポントルモ(本名ヤコポ・カルッチ)《ヴィーナスとキューピッド》はなかなか他にはない感じでした。なんといってもヴィーナスがマニッシュ。なんかたくましい。しかも顔が男前。あと、気になるのが画面左下のほうにある箱っぽいものの中に入ってる小さな死体っぽいもの。何これ?誰かお詳しい方教えてください。

そしてそして!今回のヒロインがでてきますよ〜!
ティツィアーノ・ヴェチェッリオ《ウルビーノのヴィーナス》!
いやー…ほんとに、ほんっとに綺麗だった。
前もってパンフレットやポスターなんかの印刷物みても「きれいだなーきれいだなー」って思ってたけど、本物の美しさは、これはもう、びっくりした。なんかため息ついて、くらくらと頭を軽く振りたい気分。これはほんと、名作といわれるだけあるわ。いやー、いやー、ほんとにきれい。語彙が貧困でごめんなさい。完璧な美しさをもっている女性の体がほんのり発光しているようなんですよ。女の私なんかが見ると「女性の体ってこんなにも美しく表現されるんだ」ってうっとり思っちゃうけど、男の人が見たらどう思うの?「いーねー♪」みたいな感じ?(すみませんね、下世話な質問で。)それともここまできれいだと美しすぎて圧倒されちゃう?これは男性鑑賞者の本音トークを聞いてみたいところです。
彼女が横たわるベッドもシーツとかきちっとしすぎてなくてリラックスした感じがする。なんていうか女神というより肉感を感じるんだよね。あとね、もちろん薔薇は描かれているんだけど、絵全体から薔薇のようなイメージがむんむん伝わってくるんだけど、その秘密は何かなって思ったら、各種「赤」がいい感じに使われてるからって感じやろか。ベッドの赤、薔薇の赤、唇の赤、そして、個人的に意外と大事だと思ったのが侍女のドレスの赤。これをつないだ弓なりのゆるやかな赤のカーブが画面をぱあっと横切っていて、それが画面全体に薔薇のイメージをもたせるように思った。
とにかく、そんなこんなで、綺麗なんですよ!

《ウルビーノのヴィーナス》熱も冷めませんが、次に行きます。

ティツィアーノ・ヴェチェッリオと工房《キューピッド、犬、ウズラを伴うビーナス》。解説によるとウズラは欲情や多産の隠喩なのだそうだ。そういわれると、なんとなくウズラが俗っぽい顔をしているように見えるから不思議です(笑)

“ヴィーナスとアドニス”と“パリスの審判”をモチーフにした絵を集めたコーナーで、個人的に一番優美だと思ったのがルカ・カンビアーゾ《アドニスの死》。色がシックで、悲運のドラマを演出してる感じで、何よりこのヴィーナスの顔が美人だと思った。

パオネ・ヴェロネーゼ(本名パオロ・カリアーリ)《息子アンテロスをユピテルに示すヴィーナスとメリクリウス》ていう絵は「ヴェネツィア派」ということで、ほんと、画面全体が晴れやかに鮮やか。あと、登場人物の描写も魅力的だしなー。ヴィーナスの体にかかってるのはちぎれた首飾りなのかな?なんかそれがドラマティックにセクシーに見えた。あと、ママの衣装にかくれてやんちゃしてるお兄ちゃんが超かわいい。弟と仲良くね♪

アンニバレ・カラッチ《ヴィーナスとキューピッド》。天井を装飾するものだったとのこと。天井飾りにふさわしい斬新な構図、きれいな色使い。そしてね、目が大きくて金髪の巻き毛もかわいくて髪飾りもきれいで、なんだか少女マンガみたいって印象的でした。

ラファエッロ・ヴァンニ《キューピッドを鎮める「賢明」》。展示を通して、美しく奔放に見えるヴィーナスばかりを堪能してきたけど、最後のこの一枚、なんだか「ママ・ヴィーナス」って感じがして、それまでとは違った好感を持ちました♪

ちなみにこの日は記念講演があって、ウフィツィにたくさんある美術館をまとめて監督しているお役所(?)のトップをしている、すごく素敵なレディのお話を聞いたんだけど、ウフィツィにはこんなにすごい作品があるのよ〜という話だったので、スライドを見て楽しむだけで、特にメモはとりませんでした。

とにかく力作ぞろいで、やっぱり西洋美術はがっつり、おなかいっぱいになるなあ、と思った展示でした!

posted by はな at 16:52| Comment(16) | TrackBack(9) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お金は大事だよ〜♪byアフラック

タイトルは、といいましても、無職貧乏の私の個人的なつぶやきではないです。

最近「ニュース」カテゴリの記事が美術系ばっかで恐縮ですが、今日もそんなニュースをお届けいたします♪


今日は美術とお金にまつわる景気の悪い話からいい話まで3本です。

+++++++++++++
+

国宝や重文の美術工芸品、3割未修復 滋賀県内の183件

http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2008030400056&genre=M2&area=S00

<引用>
文化財の美術工芸品については県教委が毎年実態調査を行い、必要に応じて修復している。しかし本年度57万円だった実態調査予算は来年度は6分の1の10万円に減額。

+
+++++++++++++

10万円て!!素人目にも「それって少ないんじゃないの?」ていう金額ですが…。
関西なんて大事なもの多そうなのに…がんばってほしいです。


バンカメさん(この呼称、使っててすっげーはずかしい)、こんな滋賀県を助けてください、と言いたくなるニュース。


++++++++++++++
+

BofA donates $1M to Fla. museum

http://www.bizjournals.com/charlotte/stories/2008/03/03/daily15.html

+
++++++++++++++

バンクオブアメリカが10年間で15億ドルをNPOに寄付するっていう取り組みをしていて、その一環としてフロリダの美術館に100万ドル寄付、それで建物を新しくするみたい。

気前いいなあ。



で、毛色は違うのですが、美術とお金の関わりあいといって、良くも悪くも念頭に上ってくる話は、やっぱりオークションの話?

クリスティーズの話題です。


+++++++++++
+

Sainsbury to Auction $30 Million Art at Christie's

http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=20601088&sid=aqL76jIx5Tmg&refer=muse

+
+++++++++++

Simon Sainsburyという故人の個人コレクションがクリスティーズに出品されるそうな。

絵画などは…Paul Signac, Edgar Degas, Paul Gauguin, Claude Monet and Henri Rousseau ということで。

ポール・シニャックのは180万から250万ポンドの予想だとのこと。


そういえば例の運慶らしいのはどうなったのでしょう…。

なんやかやと言うても、お金は力があるわ。

posted by はな at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。