2008年03月02日

山本武夫展 美人画と舞台美術

目黒区美術館で開催されている「山本武夫展 美人画と舞台美術」を見てきました(会期:2月9日から4月6日まで)。

山本武夫という画家さんは知らなかったのだけど…同時開催されていた所蔵作品の展示(藤田の絵がたくさん)にふらふらと引き寄せられて行ってきました。

「知らなかったのだけど」だけじゃ失礼なので、目黒区美術館のサイトから説明を引用させてもらいます。

+++++
山本武夫(1910〜2003年)は、東京美術学校(現東京芸術大学)図案科在学中から小村雪岱に師事して舞台美術を学び、後に歌舞伎座などの舞台美術、舞台衣装を手掛けるようになりました。
美術学校を卒業後は、師・雪岱の推薦で資生堂意匠部に入り、グラフィックデザインを担当。その他に、新聞など時代小説等の挿絵の仕事も多く残しました。 日本の伝統的な美人画を現代的な国際感覚を取り込んで華やかに描き、江戸情緒を引き継ぎながらも、明るく親しみやすい独自の世界を創り上げたのです。
+++++

2階が展示室なのですが、階段を上った真正面にまず1枚素敵な美人画がかけられていて、「おお、この美術館、なかなかセンスがいいんじゃないか」とか思ってしまいました。

美人画の作品群はもちろんその名の通りどれも美人ぞろい。切れ長の目だけれど、黒目勝ちっていう要素がちょっと新しさを感じさせるなあと思いました。

山本の描く美人画はなんだかちょっと頭の大きさと体の華奢さのバランスが不思議、顔の印象がばばんと前面に押し出されている、という感じなのです。それがちょっと気になった。

あとは展覧会のメインイメージにも使われている《シダル幻想》。これは並ぶ美人画の中でもやっぱりちょっと特異。19世紀末、ラファエル前派のロセッティが描いたエリザベス・シダルを基にして、とのことだそうです。



そういういわれを聞くと、伏し目がちの目、なんとなくすっと通って形のいい鼻が西洋的な雰囲気を感じさせます。

ちなみに、これは美校(だっけかな?)の修学旅行の時に描いた弥勒菩薩のデッサンとの共通性が感じられると学芸員さんがおっしゃってました。

他には本や新聞小説の挿絵がありました。本の挿絵の原画は色が塗られていたけど、これは本もカラー印刷されてたってことかな?素敵な本だったろうな〜。『小説江戸歌舞伎秘話』という本の挿絵の街並みにかかるピンクと水色の雲が特にお気に入りです。

舞台芸術ということで書割の原案の絵がたくさん展示されてました。『蝶の道行』という舞台はずっと手がけていたみたいで、何年分もの図案があります。その変遷がわかって面白い。

あと、書割だけじゃなくて小道具の扇子の図案とかもあった。それと感心したのは、もちろん仕事でいろんな人に情報伝達するための紙だから当然といえば当然なのだけど、説明の字が丁寧、説明そのものも丁寧。あー、きちんと仕事をする誠実な人だったんじゃないかなって思いました。

順路の最初に飾られていたポートレート写真、まぶたは二重(三重くらい?)でくっきりしてるんだけど、全体的にすっきりした、端正な面立ちの方でした。丁寧な仕事ぶりだし、きっと周りからの信頼もあるいい人だったんじゃないかなーって勝手にプロファイリングしてみました。



あーとーは!
所蔵作品展のほう。藤田嗣治、予想外の出品点数!!もう、うはうはですよ!結構、タイムスパン長く、いろんな作品が出てました。ドライポイントの《猫のいる自画像》っていうのも見ることが出来たんだけど、これって、油彩画であるよねえ?ちょっとあとでしらべよっと。なんかもう、プチ藤田嗣治展って感じで、めっちゃ満足、ぶっちゃけ恍惚。

他にもいろいろな画家さんが出ておりましたが、ごめん、ちょっと今日はあまり私の意識にはいってこなかった。

こんなに藤田作品もってるとは、目黒区美術館おそるべし。
posted by はな at 21:52| Comment(4) | TrackBack(4) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こんなことやってたんだ!

クリスティーズで競売にかけられそうになっている運慶のものかもしれない大日如来坐像。

どうなるのかなー、と、個人的に心の中でいろいろ思っていたのですが、署名運動が起こっていることを知りました。

ニュースはこちら↓

++++++++++++++++++++++++++++

運慶仏像『国が購入を』 米NYで競売予定
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2008030102091839.html

<抜粋>
足利市は、二月下旬から市民が中心となって、国による購入などを求める署名運動を開始。公民館などの公的施設に署名ブースを設置するとともに市ホームページでも呼び掛け、同月二十九日現在、全国各地から五千人を超す賛同署名を集めた。郵送による署名もあり、二、三千人の上積みがあるという。吉谷宗夫市長は「われわれが大騒ぎして値がつり上がるのも困るが、これだけ多くの署名者の思いをどうにか国に伝えたい」と陳情策を模索中だ。

 動きを知った文化庁美術学芸課は「国が海外の競売に参加した例はない。相当な額でもあり、要望を受け入れるのは難しいのではないか」と困惑気味に話している。競売はニューヨークのクリスティーズ社で十八日(現地日付)に行われる。

++++++++++++++++++++++++++++++++++

で、探してみました。足利市の署名に関するページはこちら。

http://www.city.ashikaga.tochigi.jp/01_kakuka-page/10_kyouiku/05_bunka/hogogakari/dainichi_syomei.htm

「ことがおこってからの陳情ってちょっとなさけない…」とか「署名運動って実効性とか個人情報保護の観点から生理的に受け付けない…」とか「確かにニュースにも書いてあるとおり、ことここにいたって市民運動とか起こっちゃったらよけい値段とか吊り上って売った人ハッピー、みたいなオチに?」とか、いろいろ思うところもあるのですが、なんとなく、今回は私にしては珍しく、署名とかして送っちゃいました♪

気になるニュースに一主体者としてからんでみたかった、みたいな、お祭根性、といったら不謹慎すぎるかしら…。でも、これで、自分の中のこのニュースへの注目度がまた少しあがるってことですよ。





posted by はな at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日買ったポストカード

今日は今まで行ったことのなかった美術館に行ったので、ミュージアムショップをきっちりチェック。ショップっていうほどおおがかりなものではなく、ポストカードのラックがあったくらいだけど^^;

そこで、かわいいのをしっかりがっちり買ってきました!

藤田の五人の裸婦。

これ、私のポストカードコレクションの中にあったかなー???
ないこともないような気がするんだけど…。
でも、これなら100枚あってもいいよ!




国芳の猫の絵。最近猫グッズ好きに拍車がかかってる。生きてる猫も好き。この間道を歩いていて猫ちゃんが遠くにいるのを見ただけで、仲良くなりたい衝動に駆られたけど、逃げられた。それでも猫好き。

これ、何て書いてあるの?にぼし、じゃないよねえ。←絶対ちがう。
輸入物のポストカードで、裏の説明にはCats in different poses.って書いてある。「たとえつくしのうち」という作品おなかの一枚ということらしいのだけれど?国芳も猫好きなんだよね。藤田といい国芳といい、猫好きに悪い人はいない。





で、猫好きがたたって、こんなカードまで。
ビュフェです。



ビュフェぽい。
今まで、別にキライじゃないけど、取り立てて好きというほどでもないかなー、という位置づけだったビュフェですが、この絵は気に入った♪

ていうか、このポストカードが気に入った!
posted by はな at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かるがも?




なんだかよくわからないきたならしい写真に見えるけど、これ、川で整列というか群れを成してるかるがも。

肉眼で見たら、とってもかわいかったのよ!

携帯カメラしかもってなかったからズームがあまりきかなかった。
ああ、お出かけするときはデジカメもたなきゃな!
そろそろ花も咲き乱れる時期だし。


今日はお外で桜あんがはいったお菓子を買い食いしてしまった。
さいこー。
そういう、桜をウリにしたお菓子とかが出回る時期なのよ。

「桜の花をかじったらこんな味がするのか?」と毎年疑問に思いながらも、「でもこの『桜味』のお菓子っておいしいよね」と、にこにこしながらお菓子を買い求める私なのでした。

スタバでもまた桜マカロンとか桜シフォンケーキとかでるのかなー。

posted by はな at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。