2008年03月09日

携帯写真だけど



友を待つ冬の終わりに花が笑む

おはなちゃん、心の俳句!
posted by はな at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | はなを | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

千葉のうまいもん

家人が千葉のほうに野暮用で行ってまいりまして、そのお土産でございます。

家人曰く「ういろうらしい」というもちもちっとしたものの中に白あん的なものが入っており美味でございます。

何より、見た目が麗しゅうございます!




このような菓子もございました。



中身はこのようなものでございます。




これもよいのですが、外側のゴマがもっと細かい粒子のほうがいいように感じました。


このような珍しいものもありました。



味が濃厚でございました。

これで間違いなくシーシェパードに狙われます、夜道に気をつけます。



とまあ、へんてこりんなお城言葉などを♪
ついさっきまで篤姫の再放送を見てました!
いやあ、おもしろくなってきた!
あおいちゃんの時代劇姿も板についてきたし、話も面白いし、助演の皆さんもいい味出してるし!
なんといっても堺さん、よすぎる〜♪
もう目が釘付け。

ところで、篤姫のオープニングであおいちゃんに着せられている金色の着物がどうもクリムトを連想させると思うのは私だけではないはず。

posted by はな at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 美味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月07日

まかろんちゃん、ししゅんき!

きゃー!
まかろんちゃんが!

オレンジ色になりました♪

かわい〜かわい〜!!!
ほんとメロリンは何をやってもかわいいなあ。
将来的にまたメロリンをむかえること、決定!て感じだな。


そんなまかろんちゃんの一言。



なんと気前がいい〜!!
ほんとに美術館あげるよっていわれたら、もう、びっくりして失神すると思う!
そして私に美術館が手に入ったら、夜間も開館することにする。

なんて、いろいろ妄想してみました♪

posted by はな at 22:52| Comment(2) | TrackBack(0) | メロ写真館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

水戸のうまいもん

今日はね、どこに行っていたかと言うと、何と水戸にいたんですよ!
遠い!!
貧乏人だから上野から特急じゃなくて普通の電車に揺られていったから、超遠い。
でも、本読んだり眠ったりして小旅行を楽しみました。

そんな水戸で買ったおいしいもの達!


まず、水戸といえば、の、納豆!!!

これは普通に観光地で買ったものです。



70グラムいり5本で730円。うーん、高いよね(苦笑)
でもまあ、せっかく水戸にきたんだし!
わら入りの納豆って食べたことないし。




夜ご飯の時にちょっと食べてみました。
普通だった(笑)
でもちょっと香ばしいっていうか、そんな風味が。
これがわらの風味かな〜と思いながら食べました。
付属のからしをいれてみたんだけど、次食べるときは納豆の風味を大事に食べるために、からしなしで食べてみよう。



そして、お出かけするときは御当地甘味のチェックを欠かさない私!

おいしそうだと思ったのが水戸駅近くの木村屋本店。

http://r.tabelog.com/ibaraki/rstdtl/8000367/

なにやら落ち着いた老舗の雰囲気がありました。



「水戸の梅」という水戸名物のお菓子、桜餅、栗茶巾、うぐいす豆の鹿の子をチョイス♪

夜は甘いものはいかんと思いつつ、帰って来てさっそく桜餅と栗茶巾をいただき〜!!!

おいしいです!!!すっごく!
posted by はな at 19:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 美味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なななんだこれ!

今日は外出していてこんなものを見つけた。

なんやこれ〜!!

思わず激写。



「ALLDAYS 二丁目の朝日」て…。

三丁目信者の私としてはこういうの…







大好き!

こういうセンス好きです(笑)

予告編はこちら。
http://www.alldays2.jp/
posted by はな at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

うーむ

なんか最近の自分のブログを見返すと、どうも美術関連ニュースのコピーでお茶を濁してると言っても過言ではないというか。

むー、自分の好きなことを掲載しているという点では満足なんだけど、なんとなく手抜き感があるというか…。

うーん。

まあ、あまり気負わずに、これまでどおりぐだぐだ大量更新してたら、下手な鉄砲数うちゃ当たるの諺どおり、たまには何か面白いねたでもみつけられるでしょう!

posted by はな at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みつけもの

西美でコローの絵。

6月14日から。

この「コローのモナリザ」って書かれてる絵の女の人、きれいだ…

たぶん実物はこれまたきれいなんだと思う。


posted by はな at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウルビーノのヴィーナス

駅などで「こんなんいいんですか?」と目のやり場に困るような広告を展開している、「ウルビーノのヴィーナス 古代からルネサンス、美の女神の系譜」展を見に、国立西洋美術館に行ってきました!初日にです!!フットワーク軽いな、自分!(会期:2008年3月4日から5月18日まで)

ヴェネツィア派の巨匠・ティツィアーノの《ウルビーノのヴィーナス》を筆頭に、西洋美術の歴史の中に花開いた「ヴィーナスの表象」をたっぷり楽しめるラインナップになっております。



順を追って気に入った作品をメモしておきます。

まず古代の壺が美しかった〜。紀元前400〜300年あたりに作られたものが出ていました。アッティカ赤像式ヒュドリア(水瓶)《アフロディテとファオン》と名づけられたものとアプリア赤像式レキュスト(香油壺)《エロスに授乳するアフロディテ》という名前のものがあって、すごい繊細で細い線で人物とかが描かれているのだ。2000と数百年も前なのに、こんなすごいことができる人がいたなんて!匠の技だなあと思いました。

ぐぐっと時間軸に沿って先に進んで、ミケランジェロの下絵にもとづくポントルモ(本名ヤコポ・カルッチ)《ヴィーナスとキューピッド》はなかなか他にはない感じでした。なんといってもヴィーナスがマニッシュ。なんかたくましい。しかも顔が男前。あと、気になるのが画面左下のほうにある箱っぽいものの中に入ってる小さな死体っぽいもの。何これ?誰かお詳しい方教えてください。

そしてそして!今回のヒロインがでてきますよ〜!
ティツィアーノ・ヴェチェッリオ《ウルビーノのヴィーナス》!
いやー…ほんとに、ほんっとに綺麗だった。
前もってパンフレットやポスターなんかの印刷物みても「きれいだなーきれいだなー」って思ってたけど、本物の美しさは、これはもう、びっくりした。なんかため息ついて、くらくらと頭を軽く振りたい気分。これはほんと、名作といわれるだけあるわ。いやー、いやー、ほんとにきれい。語彙が貧困でごめんなさい。完璧な美しさをもっている女性の体がほんのり発光しているようなんですよ。女の私なんかが見ると「女性の体ってこんなにも美しく表現されるんだ」ってうっとり思っちゃうけど、男の人が見たらどう思うの?「いーねー♪」みたいな感じ?(すみませんね、下世話な質問で。)それともここまできれいだと美しすぎて圧倒されちゃう?これは男性鑑賞者の本音トークを聞いてみたいところです。
彼女が横たわるベッドもシーツとかきちっとしすぎてなくてリラックスした感じがする。なんていうか女神というより肉感を感じるんだよね。あとね、もちろん薔薇は描かれているんだけど、絵全体から薔薇のようなイメージがむんむん伝わってくるんだけど、その秘密は何かなって思ったら、各種「赤」がいい感じに使われてるからって感じやろか。ベッドの赤、薔薇の赤、唇の赤、そして、個人的に意外と大事だと思ったのが侍女のドレスの赤。これをつないだ弓なりのゆるやかな赤のカーブが画面をぱあっと横切っていて、それが画面全体に薔薇のイメージをもたせるように思った。
とにかく、そんなこんなで、綺麗なんですよ!

《ウルビーノのヴィーナス》熱も冷めませんが、次に行きます。

ティツィアーノ・ヴェチェッリオと工房《キューピッド、犬、ウズラを伴うビーナス》。解説によるとウズラは欲情や多産の隠喩なのだそうだ。そういわれると、なんとなくウズラが俗っぽい顔をしているように見えるから不思議です(笑)

“ヴィーナスとアドニス”と“パリスの審判”をモチーフにした絵を集めたコーナーで、個人的に一番優美だと思ったのがルカ・カンビアーゾ《アドニスの死》。色がシックで、悲運のドラマを演出してる感じで、何よりこのヴィーナスの顔が美人だと思った。

パオネ・ヴェロネーゼ(本名パオロ・カリアーリ)《息子アンテロスをユピテルに示すヴィーナスとメリクリウス》ていう絵は「ヴェネツィア派」ということで、ほんと、画面全体が晴れやかに鮮やか。あと、登場人物の描写も魅力的だしなー。ヴィーナスの体にかかってるのはちぎれた首飾りなのかな?なんかそれがドラマティックにセクシーに見えた。あと、ママの衣装にかくれてやんちゃしてるお兄ちゃんが超かわいい。弟と仲良くね♪

アンニバレ・カラッチ《ヴィーナスとキューピッド》。天井を装飾するものだったとのこと。天井飾りにふさわしい斬新な構図、きれいな色使い。そしてね、目が大きくて金髪の巻き毛もかわいくて髪飾りもきれいで、なんだか少女マンガみたいって印象的でした。

ラファエッロ・ヴァンニ《キューピッドを鎮める「賢明」》。展示を通して、美しく奔放に見えるヴィーナスばかりを堪能してきたけど、最後のこの一枚、なんだか「ママ・ヴィーナス」って感じがして、それまでとは違った好感を持ちました♪

ちなみにこの日は記念講演があって、ウフィツィにたくさんある美術館をまとめて監督しているお役所(?)のトップをしている、すごく素敵なレディのお話を聞いたんだけど、ウフィツィにはこんなにすごい作品があるのよ〜という話だったので、スライドを見て楽しむだけで、特にメモはとりませんでした。

とにかく力作ぞろいで、やっぱり西洋美術はがっつり、おなかいっぱいになるなあ、と思った展示でした!

posted by はな at 16:52| Comment(16) | TrackBack(9) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お金は大事だよ〜♪byアフラック

タイトルは、といいましても、無職貧乏の私の個人的なつぶやきではないです。

最近「ニュース」カテゴリの記事が美術系ばっかで恐縮ですが、今日もそんなニュースをお届けいたします♪


今日は美術とお金にまつわる景気の悪い話からいい話まで3本です。

+++++++++++++
+

国宝や重文の美術工芸品、3割未修復 滋賀県内の183件

http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2008030400056&genre=M2&area=S00

<引用>
文化財の美術工芸品については県教委が毎年実態調査を行い、必要に応じて修復している。しかし本年度57万円だった実態調査予算は来年度は6分の1の10万円に減額。

+
+++++++++++++

10万円て!!素人目にも「それって少ないんじゃないの?」ていう金額ですが…。
関西なんて大事なもの多そうなのに…がんばってほしいです。


バンカメさん(この呼称、使っててすっげーはずかしい)、こんな滋賀県を助けてください、と言いたくなるニュース。


++++++++++++++
+

BofA donates $1M to Fla. museum

http://www.bizjournals.com/charlotte/stories/2008/03/03/daily15.html

+
++++++++++++++

バンクオブアメリカが10年間で15億ドルをNPOに寄付するっていう取り組みをしていて、その一環としてフロリダの美術館に100万ドル寄付、それで建物を新しくするみたい。

気前いいなあ。



で、毛色は違うのですが、美術とお金の関わりあいといって、良くも悪くも念頭に上ってくる話は、やっぱりオークションの話?

クリスティーズの話題です。


+++++++++++
+

Sainsbury to Auction $30 Million Art at Christie's

http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=20601088&sid=aqL76jIx5Tmg&refer=muse

+
+++++++++++

Simon Sainsburyという故人の個人コレクションがクリスティーズに出品されるそうな。

絵画などは…Paul Signac, Edgar Degas, Paul Gauguin, Claude Monet and Henri Rousseau ということで。

ポール・シニャックのは180万から250万ポンドの予想だとのこと。


そういえば例の運慶らしいのはどうなったのでしょう…。

なんやかやと言うても、お金は力があるわ。

posted by はな at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

もう春だわ

今日から化粧下地を日焼け止めにしました。
冬でも紫外線はふってるけどね。
でもこの太陽のもと、堂々とした気持ちでいるには日焼け止めは大事。

それにしても今日もまたおばかアドエスがフリーズしてうんともすんともいわなくなった。リセットもきかないくらい。
これ不良品なんじゃないかしら。
posted by はな at 12:47| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

足立美術館の話題2つ

横山大観展で名前を認識した足立美術館。
でも…島根は遠いやろ!と思っていたのですが、こんなニュースがありました。

++++++++++

足立美術館が日本画館増築

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200803040073.html

<引用>
近代から現代までの日本画の変遷を一堂に紹介するのが狙い。開館40周年に当たる2010年11月3日のオープンを目指す。

++++++++++

ふーん、なるほど。常々、最近の日本画ってどんなのかなー、見たいなーと思っていたのですが、日展・院展とかに足を運ぶ機会がなく…。
なかなか面白そうな建物が出来るなあと思いました。
どこでもドアがあったら行ってみたい!


そんな新しい建物が完成した暁には、院展の巡回会場にもなるようです。


++++++++++
2010年に足立美術館で再興院展

http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=500834006
++++++++++

まあ、どこでもドアがほしいとかいってないで、まず、自分の目で日展やら院展を一度見るのが先決だと思う。

posted by はな at 07:36| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴッホのこんな絵

こんなニュースを発見。

++++++++++++
Van Gogh painting to go on sale for US$30 million

http://www.chinapost.com.tw/art/2008/03/03/145445/Van-Gogh.htm

++++++++++++

ゴッホ最晩年の作品でスイスにて個人蔵だった"The Child with an Orange"がオランダ・マーストリヒトで開催されるThe European Fine Art Fairにて売りに出されるとのことです。
TEFAFは3月7日から16日。



参考画像はこちら。なかなか素敵な絵です。

http://www.vggallery.com/painting/p_0785.htm

ここなんか、めちゃくちゃゴッホに詳しいサイトでした。
こっそり右クリックで画像拝借しようと思ったのですが(←悪い子)やはりそのへんはちゃんとしていて右クリック&画像保存が出来ないようになってました^^;

posted by はな at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カーウァイのインタビュー

カーウァイのインタビューがネットニュースで読める!

http://sankei.jp.msn.com/culture/arts/080303/art0803031422001-n1.htm

マイ・ブルーベリー・ナイツも楽しみだなあ♪
posted by はな at 07:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

目覚ましが鳴らない

携帯端末にいれたフリーソフトのschedy mobileの調子が悪い。
設定した時間にならない…。
そんなんじゃこまるんだけど…。
まあ、目覚まし時計をひっぱりだして使えばいいのかもしれないけど、旅行とか行くのに荷物は軽いほうがいいし、携帯端末ひとつで用がすむにこしたことはないじゃん。
ほんと、こまりますねー。
posted by はな at 07:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

ひなまつり

今日は3月3日。桃の節句のひな祭りです。
仕舞うのが遅れないように雛人形は出しません。
まさに、戦わずして勝つ!みたいな感じやね!!←全然違う。

我が家のメロは性別不明なのだけど、一応女の子っぽい雰囲気のあるまかろんちゃんに、ひなまつりについて一言コメントをいただきました。



最初の動詞、何て読むかわからないよ…。

でも、なんとなく西洋の分裂って感じがしますね!
まかろんちゃん、『EUの現在と展望』ていう本を書いているそうです(うそです)たぶんそれの副題なんだな(うそです)

今晩はちらし寿司なのだそうです。
ありがとう、マモン!
いつも料理しないパラサイトシングル(かつニート)でほんとにごめんなさい><



posted by はな at 17:19| Comment(2) | TrackBack(0) | メロ写真館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

山本武夫展 美人画と舞台美術

目黒区美術館で開催されている「山本武夫展 美人画と舞台美術」を見てきました(会期:2月9日から4月6日まで)。

山本武夫という画家さんは知らなかったのだけど…同時開催されていた所蔵作品の展示(藤田の絵がたくさん)にふらふらと引き寄せられて行ってきました。

「知らなかったのだけど」だけじゃ失礼なので、目黒区美術館のサイトから説明を引用させてもらいます。

+++++
山本武夫(1910〜2003年)は、東京美術学校(現東京芸術大学)図案科在学中から小村雪岱に師事して舞台美術を学び、後に歌舞伎座などの舞台美術、舞台衣装を手掛けるようになりました。
美術学校を卒業後は、師・雪岱の推薦で資生堂意匠部に入り、グラフィックデザインを担当。その他に、新聞など時代小説等の挿絵の仕事も多く残しました。 日本の伝統的な美人画を現代的な国際感覚を取り込んで華やかに描き、江戸情緒を引き継ぎながらも、明るく親しみやすい独自の世界を創り上げたのです。
+++++

2階が展示室なのですが、階段を上った真正面にまず1枚素敵な美人画がかけられていて、「おお、この美術館、なかなかセンスがいいんじゃないか」とか思ってしまいました。

美人画の作品群はもちろんその名の通りどれも美人ぞろい。切れ長の目だけれど、黒目勝ちっていう要素がちょっと新しさを感じさせるなあと思いました。

山本の描く美人画はなんだかちょっと頭の大きさと体の華奢さのバランスが不思議、顔の印象がばばんと前面に押し出されている、という感じなのです。それがちょっと気になった。

あとは展覧会のメインイメージにも使われている《シダル幻想》。これは並ぶ美人画の中でもやっぱりちょっと特異。19世紀末、ラファエル前派のロセッティが描いたエリザベス・シダルを基にして、とのことだそうです。



そういういわれを聞くと、伏し目がちの目、なんとなくすっと通って形のいい鼻が西洋的な雰囲気を感じさせます。

ちなみに、これは美校(だっけかな?)の修学旅行の時に描いた弥勒菩薩のデッサンとの共通性が感じられると学芸員さんがおっしゃってました。

他には本や新聞小説の挿絵がありました。本の挿絵の原画は色が塗られていたけど、これは本もカラー印刷されてたってことかな?素敵な本だったろうな〜。『小説江戸歌舞伎秘話』という本の挿絵の街並みにかかるピンクと水色の雲が特にお気に入りです。

舞台芸術ということで書割の原案の絵がたくさん展示されてました。『蝶の道行』という舞台はずっと手がけていたみたいで、何年分もの図案があります。その変遷がわかって面白い。

あと、書割だけじゃなくて小道具の扇子の図案とかもあった。それと感心したのは、もちろん仕事でいろんな人に情報伝達するための紙だから当然といえば当然なのだけど、説明の字が丁寧、説明そのものも丁寧。あー、きちんと仕事をする誠実な人だったんじゃないかなって思いました。

順路の最初に飾られていたポートレート写真、まぶたは二重(三重くらい?)でくっきりしてるんだけど、全体的にすっきりした、端正な面立ちの方でした。丁寧な仕事ぶりだし、きっと周りからの信頼もあるいい人だったんじゃないかなーって勝手にプロファイリングしてみました。



あーとーは!
所蔵作品展のほう。藤田嗣治、予想外の出品点数!!もう、うはうはですよ!結構、タイムスパン長く、いろんな作品が出てました。ドライポイントの《猫のいる自画像》っていうのも見ることが出来たんだけど、これって、油彩画であるよねえ?ちょっとあとでしらべよっと。なんかもう、プチ藤田嗣治展って感じで、めっちゃ満足、ぶっちゃけ恍惚。

他にもいろいろな画家さんが出ておりましたが、ごめん、ちょっと今日はあまり私の意識にはいってこなかった。

こんなに藤田作品もってるとは、目黒区美術館おそるべし。
posted by はな at 21:52| Comment(4) | TrackBack(4) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こんなことやってたんだ!

クリスティーズで競売にかけられそうになっている運慶のものかもしれない大日如来坐像。

どうなるのかなー、と、個人的に心の中でいろいろ思っていたのですが、署名運動が起こっていることを知りました。

ニュースはこちら↓

++++++++++++++++++++++++++++

運慶仏像『国が購入を』 米NYで競売予定
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2008030102091839.html

<抜粋>
足利市は、二月下旬から市民が中心となって、国による購入などを求める署名運動を開始。公民館などの公的施設に署名ブースを設置するとともに市ホームページでも呼び掛け、同月二十九日現在、全国各地から五千人を超す賛同署名を集めた。郵送による署名もあり、二、三千人の上積みがあるという。吉谷宗夫市長は「われわれが大騒ぎして値がつり上がるのも困るが、これだけ多くの署名者の思いをどうにか国に伝えたい」と陳情策を模索中だ。

 動きを知った文化庁美術学芸課は「国が海外の競売に参加した例はない。相当な額でもあり、要望を受け入れるのは難しいのではないか」と困惑気味に話している。競売はニューヨークのクリスティーズ社で十八日(現地日付)に行われる。

++++++++++++++++++++++++++++++++++

で、探してみました。足利市の署名に関するページはこちら。

http://www.city.ashikaga.tochigi.jp/01_kakuka-page/10_kyouiku/05_bunka/hogogakari/dainichi_syomei.htm

「ことがおこってからの陳情ってちょっとなさけない…」とか「署名運動って実効性とか個人情報保護の観点から生理的に受け付けない…」とか「確かにニュースにも書いてあるとおり、ことここにいたって市民運動とか起こっちゃったらよけい値段とか吊り上って売った人ハッピー、みたいなオチに?」とか、いろいろ思うところもあるのですが、なんとなく、今回は私にしては珍しく、署名とかして送っちゃいました♪

気になるニュースに一主体者としてからんでみたかった、みたいな、お祭根性、といったら不謹慎すぎるかしら…。でも、これで、自分の中のこのニュースへの注目度がまた少しあがるってことですよ。





posted by はな at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日買ったポストカード

今日は今まで行ったことのなかった美術館に行ったので、ミュージアムショップをきっちりチェック。ショップっていうほどおおがかりなものではなく、ポストカードのラックがあったくらいだけど^^;

そこで、かわいいのをしっかりがっちり買ってきました!

藤田の五人の裸婦。

これ、私のポストカードコレクションの中にあったかなー???
ないこともないような気がするんだけど…。
でも、これなら100枚あってもいいよ!




国芳の猫の絵。最近猫グッズ好きに拍車がかかってる。生きてる猫も好き。この間道を歩いていて猫ちゃんが遠くにいるのを見ただけで、仲良くなりたい衝動に駆られたけど、逃げられた。それでも猫好き。

これ、何て書いてあるの?にぼし、じゃないよねえ。←絶対ちがう。
輸入物のポストカードで、裏の説明にはCats in different poses.って書いてある。「たとえつくしのうち」という作品おなかの一枚ということらしいのだけれど?国芳も猫好きなんだよね。藤田といい国芳といい、猫好きに悪い人はいない。





で、猫好きがたたって、こんなカードまで。
ビュフェです。



ビュフェぽい。
今まで、別にキライじゃないけど、取り立てて好きというほどでもないかなー、という位置づけだったビュフェですが、この絵は気に入った♪

ていうか、このポストカードが気に入った!
posted by はな at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かるがも?




なんだかよくわからないきたならしい写真に見えるけど、これ、川で整列というか群れを成してるかるがも。

肉眼で見たら、とってもかわいかったのよ!

携帯カメラしかもってなかったからズームがあまりきかなかった。
ああ、お出かけするときはデジカメもたなきゃな!
そろそろ花も咲き乱れる時期だし。


今日はお外で桜あんがはいったお菓子を買い食いしてしまった。
さいこー。
そういう、桜をウリにしたお菓子とかが出回る時期なのよ。

「桜の花をかじったらこんな味がするのか?」と毎年疑問に思いながらも、「でもこの『桜味』のお菓子っておいしいよね」と、にこにこしながらお菓子を買い求める私なのでした。

スタバでもまた桜マカロンとか桜シフォンケーキとかでるのかなー。

posted by はな at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月01日

はじまった

題詠2008がはじまったようだ。
スタートダッシュかけてる人もいてびっくり。

私はちょっと今は頭が短歌モードにならないから、もうちょっとしてから走り出そう、いえいえ、てくてく歩くぐらいで。
posted by はな at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。