2008年01月30日

『小堀遠州 綺麗さびの極み』 

小堀宗実他『小堀遠州 綺麗さびの極み』新潮社、2006年。

小堀宗実:1956年遠州茶道宗家に生まれる。遠州茶道宗家、十三世家元不傳庵(ふでんあん)。
主な著書に『茶の湯の不思議』(NHK出版)、『遠州の美と心 綺麗さびの茶』(小学館)など。


こんな本を読みました。




利休・織部から遠州にいたる茶道の流れを紹介し、遠州の「綺麗さび」について、また彼の庭園造りなど、多岐にわたる「美の創造」について書かれている本です。
たまに情景の小堀宗実さんの対談やコラムなどもあって、素敵な読み物です。

心に残ったフレーズをページ順にメモしておきます。


+++++++++++++

・幕府はカブキたる美と精神を嫌った。世の宝を損なうような秩序に反する織部の茶も忌避される運命にあった。織部が切腹を命ぜられたことは、文化史的には中央集権的な近世部文化形成に反抗するものの悲劇とみることができる。(25ページ)

・演習の茶杓をみると、きれいに左右の均衡がとれているものが多い。平衡感覚にすぐれ、かぶいていない。織部の大ぶりで豪快なデフォルメを好むカブキの美にかわり、洗練された華奢の美を楽しむ遠州の時代が到来した。(26ページ)

・遠州の点前の美しさが近世独特の「ダテ」という当時流行の言葉で表現されたところに、「わび」とも「カブキ」とも異なる、遠州の茶の湯があった。(28ページ)

・遠州はひとつの茶会に、桃山文化の利休に代表されるわび茶の流れと、東山文化の書院の茶の流れ、さらに古典的な王朝文化の流れを総合的に展開し、そのために茶室は、より大きな開かれた空間を必要とした。茶の湯の総合化ともいえる新しい茶を、遠州ははじめたのではないかと思える。(29ページ)

・その大量の茶道具に遠州は銘をつけた。その際、遠州は古典的な和歌のなかから言葉を選び、その出展となる和歌を箱裏に書きつけることがしばしばあった。これを歌銘と呼ぶ。歌銘は遠州以前になかったわけではないが、これほど多く使った例はない。遠州が王朝の和歌の世界を愛し、古典復興の一翼をになったあらわれが歌銘であったともいえよう。
ところが遠州は歌銘で、密かにわび茶のタブーを破っていた。茶の湯では和歌を書いた掛物も用いられるが、原則としては恋の歌を掛けない。生ま生ましい恋の“好き”は禁じられていた。しかし遠州は歌銘をつけるのに恋の歌をたくさん使っている。歌銘を通して遠州は、わび茶の理念にこだわらず、もっと日本人の情念の世界へ茶の湯の美を深めていったともいえよう。(31ページ)

・小堀:そうですね、明るさというのは非常に大事な要素です。現代は電気がありますから、当時と同じように明るさを捉えるのは難しいのですが。南禅寺の八窓席にしましても、演習は窓の数を大幅に増やして明るさを取り入れています。しかも明暗をドラマチックに使い分けている。簾をかけて薄暗闇のなかでお茶をいただき、終わると簾をぱっと巻くんです。そうすると、お茶室がぱーっと明るくなる。入ってくるのは、本当に柔らかい光なんですけれども、その明るさで、緊張した心が解けるんですね。そうすると会話ができるのです。道具を楽しむためにも、やはり明るさは非常に重要だったのではないでしょうか。(52ページ)

・小堀:演習は、ものごとを「総合する」ことに非常に長けた人だったと思います。(54ページ)

・「綺麗さび」には「つや」があります。「つや」とはすなわち、平和を謳歌しようとする時代に求められていた、王朝文化の古典主義的な美や均整のとれた明るく優美な装飾性、繊細で洗練された美意識……とでもいえば良いでしょうか。
具体的な例としましては、遠州が茶の湯の世界に「文学性」つまり和歌を導入したことが挙げられます。(小堀宗実氏筆の文章から:88ページ)

++++++++++





平和な時代にふさわしい、美しく、心ひろびろと楽しめる雰囲気のの茶の湯かと思いました。小堀遠州、気になる人です。



posted by はな at 19:14| Comment(5) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これはよさそう

明日朝オープンだそうです。

http://allatanys.jp/

主要3紙の記事が読み比べられる。
いいねーいいねー、こういうのほしかったなあ。

でも世の中はどんどん便利になるけど、それをちゃんと活用できるかどうかは受け手のがんばり次第よね。
posted by はな at 17:21| Comment(4) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気が早い

とってもとっても気が早い私。
といっても、楽しいことに対しては気が早いけど、おっくうなことに対してはだらだら…。まあ、そんなよくあるパターンです。

遠い先に旅行を予定しているので、荷物をかさばらせないように、いろいろ基礎化粧品のサンプルを集めているという用意周到ぶり。こんなに早くからあつめてどうするんだ、という感じですが、とにかく、鼻先ににんじんぶらさげておかないと馬は走らないのよ〜。

そんなわけで集めた3種類。

オージオっていう会社と、ソワニティーっていう会社のと、あと名前はしっていたHABAのもの。



荷物縮小のために…とかいって、これだけ持っていったら逆にかさばるよね!どれか家で使おうかな…。

ソワニティーっていうところのが、なんか研究開発に気合が入ってる感じがして、かなり試してみたい気分で一杯です。

オージオについてきたポーチ、安い材料で作ってるらしく、超変なにおいがして使うに耐えられなかったから処分してしまったのだけど、HABAのポーチはそんな変なにおいしないし、デザインもシンプルでかわいいから普通につかいたい!


旅行楽しみだな〜。

そのために、今日一日、明日一日をがんばります。ますますます。

posted by はな at 13:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。