2008年01月24日

ルーブル美術館展 ―フランス宮廷の美―

東京都美術館で今日から開催の「ルーブル美術館展 ―フランス宮廷の美―」に行ってまいりました(会期:1月24日から4月6日まで)。

装飾工芸品は大好きなんだけど、でも、今の貧乏暇なしの妙に忙しい時期に時間を割けるのか…横山大観が先ではないのか…ということで直前まで悩んだのですが、初日にルーブル美術館の館長さんの講演があるということにひかれて、えいやっと行ってきました。

結果は…!行ってよかった!!これは疲れたときに甘いもの食べるのとおんなじ。疲れた心にブドウ糖。

こちら看板。この展示のイメージカラーはこのどピンクなんでしょうか?
でも、嫌いじゃないよー。





展示内容は…最初にがつんとくる、きまくる、という感じです。甘々の極上スイーツにやられます。で、時代に沿って装飾工芸品が変化していく様子がわかるようになってるのですが、個人的には最初のめちゃ甘なのが好きなので、その反動でマニッシュでアグレッシブささえ感じさせるような様式になってきたときはちょっと残念さを感じました。そして、マリー・アントワネットとかの時代になると、また洗練された華やかさが見られるのですが、最後はなんていうかもう革命&新時代の到来を感じさせて、あんまり「宮廷の贅を尽くした華やかさ♪」みたいのが尻切れトンボになった感もあって、「ああ、古きよき時代は長くは続かないのね…」という感じでした。ていうか、この展示の続きとして、ベルばらが読みたくなった。従姉の家で読ませてもらったことがあるけど、自分で買いたくなった。

展示で気になったことをメモメモ…。

展示前半の甘々さを称して「ロカイユ様式」というそうです。解説を根性でメモってきたのでここに記録♪

ロカイユ様式:貝殻や水辺の植物、様々な動物をはじめ、あらゆるジャンルを混合し、自然から着想を得たモチーフ全体に基づく奇抜な創意や造詣への関心、大胆な再解釈が特徴。

まさにそんな感じかな。個人的にはそのロカイユ様式と東洋趣味が絶妙にマッチした作品群が好きでした。中国の磁器・日本の漆器(まさにchinaとjapan!)にまばゆいばかりの金色のうねるような装飾を施して1つの作品に仕立て上げているのです。美の極致って言ったらほめすぎ?言葉がインフレ?

ポンパドゥール夫人のベルヴュー宮にあった《蒔絵脚付きポプリ入れ》なんて、とっても趣味がいい!ポンパドゥール夫人のもので他にも東洋趣味を感じさせるものがたくさんあったのですが、どれもごりごりに東洋をおしだして東洋オタクくさくなんて絶対にしないんです。あくまで最先端の装飾様式を施して今様にする、そこが素敵なんです。

《空色の渦巻きのある「エベール」の皿》とか。右上の花文様はおとなしめなのですが、名称にもあるとおり、左下の「空色の渦巻き」がいいんです。奔放ともいえる金色の線が描く渦に空色がつけられている。この空色がね、東洋を思わせるんですよ、しゃれてるんですよ。

フランソワ・ブーシェ《アモールの武器を取り上げるヴィーナス》、《ヴィーナスの化粧》。ああ、どちらも甘美。文句なしに甘美でしょう。こむずかしいこと関係なく。この世はケーキでできているって感じ。で、このアモールってのは天使くんなのですか?外国語知らないんだけど、響き的に「愛」とかそういう意味?なんか、すごくやんちゃ坊主っぽくって愛らしかったです。

ルイ15世の娘達のもの、ということで、《ベルヴュー宮の王女たちの脚付き壺》。これは中国磁器を使って作品に仕立て上げているもの、同じく《ベルヴュー宮の王女たちのコーナー家具》っていうの、これは蒔絵を施した立派な日本の工芸品が使われている模様。こういうの好きだわー。

珍しいなと思った絵でアドルフ=ウルリク・ヴェルトミュラー《狩猟服を着た王妃マリー=アントワネット》というものがありました。狩猟服を着てるっていうのが珍しい感じでしげしげと見てまいりました。解説によると鼻なんかの描き方が王妃の欠点(?)をリアルに描きすぎちゃって不評だったって書いてあったけど、私的にはかわいくていいなーと思ったけど。

このあたりにエッチングの版画作品がいくつか挟まれます。パリの女性の大げさなファッションやらなにやらを風刺したもので、結構面白いです。この展覧会の中にこれを持ってくるとはなかなかブラックジョーク的だなあ、とも思ったのですが。

元はポンパドゥール夫人のもので、持ち主が転々として…みたいな感じで解説があった《蒔絵水差し》。これ、いいですよ。金色の鎖で装飾されてるんですけどね、これがたまらなく美しいのですよ。


人生に甘いものがほしくなった方におすすめの展覧会でした!

ちなみにフライヤーが数種類出ていて、かわいかったから1枚ずつもらってきちゃいました!主催者さんごめんなさい^^;

こちら。












さてさて、私を上野につれてきたのは、冒頭でも書いたとおり、ルーブル美術館の館長さんだったわけですが、その講演の様子もメモしておこうと思います。「ルーブル美術館は今」なんていう題名だし、なんといっても、あの天下のルーブル美術館の館長さんなのだから、何かこう、「美術館とは何か」みたいな若干哲学めいたお話をこむずかしくやってくれるのではないかと期待していたのですが、そういうわけではなく、いたって普通に、まさに題名どおりルーブル美術館の今、というか、ルーブル美術館の紹介、みたいな感じに終始したなごやかなスピーチでした。

館長さんはアンリ・ロワレット氏。オルセー美術館の学芸員・館長を歴任し、2001年に史上最年少でルーブル美術館の館長に就任、だそうです。この人、相当のやり手だろうな、なーんて思っちゃいました♪

講演のメモは以下の通りです。

ルーブル美術館:
もともとはルーブル宮殿。12世紀からその時代の権力者達の美術コレクションを蓄えてきた。
1793年、革命に伴いユニバーサルな美術館、「全ての人に開かれた美術館」であることを使命として誕生。
19??年代(すみません、ききもらしました。)には「グラン・ルーブル計画」でピラミッドなど。
2003年、イスラム美術部門を新設し、展示スペースは2010年から公開予定。
年間830万人の来客があり、そのうち65%が外国人。
「美術館」であること、知を高めるテーマを掲げて数々の企画展を行ってきた。
年間予算は2億ユーロ。(編者注:それが多いのか少ないのか妥当なのか、文化行政に明るくないのでわからん!)

●キーワードは「開放」。
→美術館の本質的な使命。ただ作品を展示し見るだけの場所ではなく、自らの使命を考え、展開していく場所を目指していく。

●ルーブル・ランス計画。
ランス:かつての炭鉱・工業都市。まずしい地域。そこに美術館を建てる。(コンペを勝ち取ったのは日本人チーム「SANAA」)。2010年オープン。非物質的なルーブル。「視線を教育する」施設となる。

●世界に向かって開くルーブル。フランスの外交(文化の分野)で大きな役割を担っている。アトランタのHigh Museum、日本のDNPミュージアムラボ、ルーブルアブダビなど。
・ルーブルアブダビ:2013年オープン。30年の協定。アブダビに新しい国立美術館を作ることに助力する。2013年から2023年の間はフランスのコレクションを貸し出し、同時進行で独自のコレクションを購入する。23年からは独自のコレクションを展示していく。

●コンテンポラリーアートに向かって開くルーブル。

●展示スペースもいろいろリニューアル。18世紀の家具工芸品の場所もリニューアル。2011年オープン。(編者注:じゃあ、今回都美で見たこの作品群は今、家なき子ってわけやな!世界を放浪するんかな。)

<質疑応答>
Q:ルーブルアブダビの常設コレクションのジャンルは?
A:そこの周辺の美術館はイスラム美術が多いので、ルーブルアブダビは「普遍的」、あらゆる時代、地域の美術品を収集する。それが「ルーブル」の名を冠する所以でもある。

Q:海外で企画展を開催する際、ルーブルのまなざしとその開催地でのまなざしは必ずしも同じものではない。その差異をルーブルとしてどう吸収していくのか?
A:ルーブルは常に「外国からのまなざし」を大事にしてきた。
例えば19世紀のフランスにおける日本の「発見」、ヨーロッパで見られ、受け入れられ、同化し、西洋美術に活力を与え続けた。
再発見、再評価することの大事さ。文化が異なる文化の中に入っていき、影響を与え合う「美術のたわむれ」の価値。
海外で企画展を行うのは、異文化からの視点を得るためである。

Q:ルーブルで日本美術をコレクションしていく方向はあるのか。
A:日本美術のコレクションはギメが作られたとき、他の東洋美術と共にそちらにうつされた。今後も東洋美術の受け入れはギメがおこない、ルーブルでは行わない。

Q:日本にルーブルの分館を作るような計画は?
A:日本での活動は多いがあくまでも「パートナーシップ」を基調とする。支部・分館のようなものを作るわけではない。ルーブルからもたらすもの、もらうもの、give and takeである。


posted by はな at 23:44| Comment(8) | TrackBack(3) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本日の収穫物

ルーブル美術館展の説明を目にしたとき「日仏交流150周年」みたいなことが書いてあって「ということは今年はフランスがらみでなにかいい展覧会が企画されるのかな?」とちょっと思ってました。

そしたら、あった、あった!都美でこの初夏にやるそうです。



パリのいろんな美術館からいいもの貸してもらって。

フライヤーをちら見した感じ、またなんというか、「みんな大好き!」みたいなメジャーどころが散見されそうで、ちょっぴり楽しみです♪

他にも今年はフランスがらみのイベントいろいろあるのかなあー。

いろいろ楽しみたいです☆
posted by はな at 22:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピエール・エルメ♪

ルーブル美術館展行ってきたのですが、展覧会の出口で、謀ったようにピエール・エルメが小さな店舗を出しておりました!!

しかも、展覧会のイメージカラー(?)のどピンクにマリー・アントワネットのイニシャルをあしらった特別な紙バッグにいれてくれて。

http://www.pierreherme.co.jp/




あいかわらず私のきたないきたない部屋での撮影でごめんなさいね。
ピエール・エルメも台無しね。

ルーブル展、最後のミュージアムショップがおなごの物欲を200%刺激する仕様になっていて、もう、物欲チャンネル全開になって、ようやくふりきって出てきたというのに、最後につかまったって感じ。

ここでマカロン6つとシトロンのケーキかいました♪

ケーキは家族へのお土産でマカロンは1日1個自分にえさとしてあげようと思っていたのですが、そう家族に言ったら、

「はあ?」
「信じられない」
「何言ってるんだ、このでぶ」

と、罵詈雑言の嵐。

(いつも言い訳してますが、活字にするとむごいですが、我が家はとっても仲良しです。)


まあ、そんなわけで、あえなくマカロンは今日の晩御飯あとのデザートになりました。私の口に入ったのはピンクがかわいいローズ味のもの♪
おいしい、おいすぃー!!

ローズの香りで胸が満たされるって感じ。
繊細な表面の層と中のふんわりした口どけがたまりません。

明日残りのマカロンたべるのとケーキを食べるのが楽しみです♪♪

posted by はな at 21:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 美味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮廷のみやび 近衛家1000年の名宝

東京国立博物館で開催中の「宮廷のみやび 近衛家1000年の名宝」に行ってきました(会期:前期・1月2日から27日まで、後期・1月29日から2月24日まで)。





藤原鎌足から連綿と続く藤原家・近衛家にゆかりの宝物を京都は陽明文庫などから出品です。

いや、なんというか…「名門」という言葉面だけだと、ちょっとそっけない響きがするのですが、これらの品々を見ていると、彼らが権力の中心に居りながら、または、政治の渦潮の中を泳ぎながら、という、とてもハードな頭脳労働をしながら、これだけ豊かでそれぞれの個性が輝く世界を築き上げて楽しんでいたんだねーということに思い至り、やっぱ、違う人は違うよ!と尊敬の念をまた改めて強くするわけです。私も1億分の1でも、こういう生き方に近づきたいものです。

特によかったものを出品リストの順にメモしておこうと思います。

《車図》。牛車そのものを正確に描写した絵なのですが、これがまあ、これだけでなんだか羨ましい。牛車ってこんな優美なフォルムしてたんだ、とか、内装が素敵過ぎる、とか。この時代のいいとこのお嬢さんに生まれたかったです、1日くらいでいいけど。

国宝の《金剛経筒》や《金剛経箱》っていうのは、あと、目玉の《御堂関白記》もだけど、これは去年の春、京博での「藤原道長」展で見たなあ…と思って、帰宅してから過去の記録をさぐってみたら、やはり見てました。

珍しいもので心惹かれたのは《五弦琴譜》。楽譜っていうのは常々、それだけで非常にイマジネーションをかきたてられる芸術品・表象だと思っているのですが、特に、こういう自分が読めない楽譜っていうのは、いやがおうにもロマンを感じるわけです。楽器はインドから東アジアに伝わった五弦琵琶だそうで、楽譜が縦書きで漢数字っぽいものも散見されるのがなんだかお琴の楽譜を連想させて、どんな調べなんだろう〜と想像を膨らませるわけです。

あと、今回の展示は、書がお好きな人にはたまらんのやろうなあ、と思われる宝物がずらり。私なんかは素人なのでなんとなーく雰囲気だけで、これ好きだな、とか、あれも好きだな、みたいな感じで見てるわけです。そんな中でチェックつけてあるのが後奈良天皇筆《詩懐紙「花中偏愛菊」》。太目の字なんだけど典雅さをたたえた感じが素敵でした。

あと、孝明天皇筆《詠糸桜和歌巻》。近衛家の桜の宴に出席されたのかな?そのときの感興を詠んだ御製のお歌。書も表装もとっても素敵。こういう古い和歌が書かれた字、読めたらなあ〜って思うんだけどなあ。

近衛家ひろ(←漢字…わからん)がセクション2つくらい使って大きく取り上げられていたわけですが、まず《百寿》という書が気に入りました。百の寿の上に「天開寿域」と書かれています。その趣味のよさの中に、ただそれだけではない、ノーブルともいうべき視点の高さを感じて、高貴な人はこうでなくっちゃ、と思ったわけです。

あとは、よくがんばりました!ていう漢字の《大手鑑》とかも。彼の底知れぬ教養の深さと、執念深いとも言えるマネジメント力というか計画性・実行力というものを感じました。

それと、このセクションに飾られていた表具裂の数々も素晴らしい。どれも美しく、これを集めた人のセンスを感じます。

あとは彼が描いた《蓮鷺図》に若干驚嘆。蓮の葉の縁の描き方がなんともいえず私の心をとらえてはなさないというか。この筆遣いは和なのか漢なのかと浅学の身は悩みました。

ちなみに、ちなみに。彼が10歳の時に描いたという大傑作があります!《鐘馗図》。超かわいいので私の大のおすすめの一品となりましたでございます♪

それと《春日権現霊験記絵巻》もよかったです。名門の家にまつわるお話を描いたものだけど、えらぶった感じがしなく、登場人物がとても生き生きと描かれていて魅力的でした。

部屋をどんどん進んでいくと近衛家に伝わる名品が展示されています。

私が気に入ったのは指人形「気楽坊」。かわいすぎます…。何がかわいいって、これは確かある帝のもので(確かそう。記憶があいまい。)、解説によるとこれを使って女官が近臣に文や歌をつかわしたそうなのです。かわいすぎる…。なんてお茶目なんだ…。

それと突然、酒井抱一《四季花鳥図屏風》。どうしてここに抱一なのか、確かセクションの最初の解説に書いてあったようななかったような…でもうろ覚えなので、由来がよくわからないのですが、やっぱり抱一は素敵すぎて、眼福、眼福、といったところでございました。

藤原定家筆の《和歌懐紙(反古懐紙)》などは非常に興味深かった。和歌を推敲した紙を表装したものなんだけど、ああ、名人もこんなに悩んで歌を作るのね、と、土下座したくなりました。深く深く心に刻もうと思いました。

この日は後のスケジュールが詰まっていて、あまりのボリュームに、展示物を見てはうっとりし、腕時計を見ては、間に合うか、間に合うか、とひやひやしながら、という感じでまわっておりましたが、なんとかうまい具合にタイムキーピングもできて一安心。平常展示のほうもめい一杯楽しんでまいりました♪

気になったこと・ものをいくつか。

十六羅漢像という絵を見ていたのですが、世の東西を問わず、“聖人”の頭にhaloが描かれることの不思議さ。これはある程度文化交流があっての結果なのか、それとも、もっと人間に共通に普遍的に備わる感覚なのか。うーん。

歌川国定(三代豊国)の《宝船図》はよかったなあ!!浮世絵風の七福神!こんな粋な宝船図、部屋に飾りたい〜!!

貫名菘翁《いろは屏風》にはやられました!83歳の作品。もう、自由奔放、という感じです。こういう年のとり方をしたいと思いました。

あと、おおっと思って見入ったのが松林桂月という人の《渓山春色》。かなり新しい感覚だなあ、いつの人だろう、と思ったら結構最近の人、1876から1963年の方と書いてありました。南画の近代化に尽くした人、だそうです。印象深いのは墨の線なのか、色なのか、描く対象に存在感が溢れているのです。


やはり、さすが東博だなあ、と、満腹、満腹、で出てまいりました!これまで意外とじっくり見る機会のない東博でしたが、京博ばかり贔屓にせず(笑)上野に来たらちゃんとチェックしようって思いました。でも上野に来るときの展覧会ラインナップっていっつもボリューム過多だから、余裕がないってのも事実なんだよね〜。

ちなみに本館においてあった英語の手引き。






日本語のもあったけどカラー図版がきれいだったから英語のをもらってきました。でも結構読んで面白いのです。巻物は右から左に読みます、ていう、そうか外国の人は知らないんだ、ということも書かれているんだけど、それが「時の流れというものを感じさせるように」っていう意味があったなんて、日本人の私も知らなかったよ!そんな新発見があって、思わぬ収穫物でした。

posted by はな at 21:28| Comment(14) | TrackBack(6) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腹ごしらえ



今日は長丁場ですが鶴屋吉信のお菓子で一休み!


追記:こちら鶴屋吉信のあんみつ、そして「つばらつばら」というお菓子だそうです。皮がしっとりとしておいしゅうございました♪あんみつは寒天たっぷりでございます。

京観世ほしかったけど、このあとさらにうごく予定だったので、泣く泣く買うのをやめました。

posted by はな at 11:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 美味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。