2008年01月19日

日本と西洋・近代美術の100年

国立新美術館で開館1周年を記念して高階秀爾先生の講演があったので聞きにいきました。題名は「日本と西洋・近代美術の100年」。どのあたりの100年かなあ、と思っていたのですが、かなり近い100年でした。なんとなく私の高階先生イメージよりももっとモダン、コンテンポラリーな感じ。あと、高階先生だから、というわけか、お話のほとんどは“西洋”の作品を通したもので、日本の作品群は最後のほうのちょろっと申し訳程度に触れられた感じでしたが、ま、それでもいいか。

そんなわけで、講演の内容をメモ書きしておきます。ほんとにメモだけなので、これを読んでもあまり面白くないかもしれませんが。しかも、メモを取らず、聞き流してしまった部分も多いかもしれないけれど、ご愛嬌、ということで許して〜。



「日本と西洋・近代美術の100年」於国立新美術館

●美術における「モノ」の扱い。「モノ」とのかかわり。

●アポリネール(作家・詩人)の作品:「シュブラック氏の消滅」…人が壁の中に消えていくという話。
何がヒントになっていたのか?⇒当時の美術の流れからインスパイアされた?
ピカソ《アビニョンの娘たち》(1907年)…画面という平面に強引に人間をあわせる、あるいは、彫刻的に極端に陰影をつける。
キュビズム…人間の丸みをパーツにして平面化する

輪郭の消滅
↓    ↓
・抽象画 ・ 「モノ」の再復活(ピカソ・ブラックら)

1920年代
ピカソ…新古典主義時代
ブラック…静物画に木目模様の壁紙を取り入れる。ピカソもその手法を追いかける→コラージュ「モノの現実は戻ってきたが画面は平面のまま」
マティス…色彩による平面化。例)垂直の壁と水平の床とが色彩によって一体化(=平面化)している。

マグリット…「これはパイプではない」と書き添えられた、パイプの絵《イメージの裏切り》→「モノ」と「イメージ」の関係性の問題を提示。「モノとイメージは切り離されているものである」⇒シュルレアリスムへと。
ポロック…《カットアウト》カンバスはイメージでありながらモノでもあることを示した。

コラージュが発展したり、「モノ」そのものを出展したりするようになった。
イメージとモノの互いの領空侵犯が起こっている。
そして、芸術と現実の領空侵犯も起こっている。


すみません。かなり端折ってることに気付きましたが…。

なんだろな〜。個人的な、非常に主観的な感覚をいえば、最近100年くらいの「芸術」っていうのは、こういう風な感じで知的遊戯的には非常に楽しいんだけど、実際にそれと、そのモノでもイメージでもいいけど、向きあった時、充足した感覚を得られるかっていうと、私的には、もうちょっと数百年くらい古いほうがいいかな〜と思ったりするわけです。古い人間ですから。

私は私なりに数百年くらい前の感覚を引きずりながら「芸術作品」と触れ合おうと思います。たまにこういう新しいものに関するスパイスも味わいながら!

それにしても、今度は高階先生の、それこそ数百年くらい前の時代に関するお話を拝聴してみたいものです♪


ちなみに会場でもらった新美のポストカード☆


posted by はな at 20:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おかいもの〜

サライに藤田嗣治特集がでてるとTakさんのブログで見て、喜び勇んで買ってきました!

喜びすぎてまだ目を通してない〜^^;


そして、見かけたpenも買っちゃいました。
これを見ていたらパリに1ヶ月くらいいきたくなります。



ドミトリーみたいなところに寝泊りして、3食パンとチーズとミネラルウォーター(たまに野菜)で一人美術部強化合宿@パリ、とかやってみたいな〜!

posted by はな at 19:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぎゅうちゃん、世代交代!

ぎゅうちゃん、おはよう、といったら、こんなリアクションでした。



やはりちょっと風変わりな子です!



いろいろ俳句を詠んでくれました。



気力をふりしぼって開けたら隣だった、みたいな感じかな?(私もよくわからん)

これはピアノで伴奏するとみんな踊ってくれるっていう楽しい俳句だね!




ほろ酔いが楽しいのもたのしい仲間のおかげ!



そんなメロママのことをぎゅうちゃんはこんな風に見てくれているようです。



いつも優しく見守ってくれて、そばにいてくれてありがとう!!

すると、ぎゅうっとした、ぎゅうちゃんスマイル!




こんな、もうすっかり大人なぎゅうちゃんを、世代交代させることにしました…。


いつもの通りで変わり映えしなくて長くてくどいので、続きはクリックしてどうぞ〜!

続きを読む
posted by はな at 09:37| Comment(2) | TrackBack(0) | メロ写真館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中華を食べましたん♪

友達にいいことがあったののお祝いと、私の息抜きを兼ねて、おいしい夜ご飯にいきました!

ラゾーナ川崎の南国酒家という中華料理屋さんに行きました。

頼んだのは鶏肉とカシューナッツの炒め物と海鮮のあんかけのかたやきそばと蟹の炒飯という、かなりベタな(&また炭水化物が多い)セレクション。

炒め物とかたやきそばはまあ普通においしいな、と思ったのですが、私の中で感動のおいしさだったのが炒飯であります!(←感動どころがチープかね)

久しく外食で炒飯って食べてなくて、あのぱらぱら具合、家の火力じゃできないんだよな〜と思いつつ、おいしいおいしいと感動して食べちゃいました。家とか(未来の)職場の近くにあって、ランチセットとかでもこの炒飯がでてきたら通うなあ…なんて思いながら。

そんなおいしい夕餉でした!

こちら海の幸かたやきそば。




デザートのマンゴープリンもおいしくて感動!!
デザートは別腹、をまたまた体感する私達。




炒飯とマンゴープリンでランチセットにしてうちの近くに出店してください!!(←しつこい私)

posted by はな at 07:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 美味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国陶磁名品展

ちょっと前になるのですが松岡美術館に行ってきて「中国陶磁名品展」(会期:1月5日から4月20日)を見てきたので記録に残しておきます。


松岡美術館に行ったのは初めてのことだったのですが、その日は天気が悪かったということもあってか、お客さんの数が少なく、すごーくゆったりとした空間で作品と向かい合うことが出来て贅沢でした。いつもこのくらい空いてるのかな?常設の歴史の古い物品もなかなか静寂な時間をくれて、いいところだな〜って思いました。目黒・白金界隈にきたらぜひよりたい美術館です!

で、陶磁名品展なのですが、おそらく写真OKだったので、撮ってきちゃいました^^;会場の入り口に「フラッシュだめです」「カメラの操作音は切ってね」と書いてあったので、それは読み替えたら「フラッシュなしで静かにカメラを使えば写真とっていい」ってことだよね…と思い、気に入ったのをぱちりぱちり。他の美術館でも申請すれば撮れるところあると思うけど、なんとなく小心者なので今までそういうチャンスを活用したことがなかったのです。


なので、何枚か御紹介♪

「三彩大壷」
私、結構唐三彩の色合い・雰囲気って好きなんです。




景徳鎮窯の「瑠璃釉魚藻文鉢」




景徳鎮窯の「粉彩八桃文盤」





別室であわせて「室町水墨画と南画」という展示も見ることが出来ました。こちらは写真ないよ!

岡本秋暉という人の《蒼松孔雀図》《花卉孔雀図》などが気に入りました。孔雀が細かく描かれていて、ボリューム満点のゴージャス系です。

そのほか、狩野元信とか出品されてたよ!



ぐるっとパスで入れちゃうのがなんだか申し訳ないくらいゆったりとした時間をいただけたので、ミュージアムショップでちょっぴりお買い物しました♪

といっても絵葉書2枚。

堂本印象と上村松園です。

いつか本物とお目にかかりたいものです!






posted by はな at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。