2007年08月27日

キスリング展

もう会期は終わってしまったのですが、横浜のそごう美術館で「キスリング展」が開催されていたので見てきました。

きれいで私好みな絵が多くてかなり癒されました。
やっぱ好きな感じの絵を見るのっていいよね。
当たり前のことだけど、あらためてそう思うわけです。

感想をメモメモ。

若い頃の静物画等は結構いろんな人やいろんな流派の影響を受けている感じが面白かったです。

いろんなことに挑戦してみたんだな〜て感じで。

でもそういう時代を経て、色合いと塗りがとても美しい作風になったあたりがやっぱり好きです。

どうでしょう、《オランダ娘》。



いつもながらピンボケ写真でごめんね。
大阪市立近代美術館建設準備室というところから借りてたようなので、どうぞ、その大阪市立近代美術館にぜひ行ってみてください!ていうか、大阪にそんな美術館ができようとしているところなのかしら。いいわね。

《プロヴァンス地方の女(ルネ・キスリングの母の肖像)》はもうちょっといい意味で土臭いというか。これは奥さんのお母さんを描いたものなんだけど、肌が日焼けしている感じがこれまたいい意味で洗練されてない感じ、でも優しい感じが伝わってくる。親戚関係良好だったんだろうなあって思わせてくれます。

看板絵にもなってるのが《赤いセーターと青いスカーフを纏ったモンパルナスのキキ》。



すごくよかった〜。キキが綺麗。この絵、大好き。個人的に非常にしんみりとする思い入れがあるから、この絵、愛してる。


《果物のある静物》どうでしょう。
きれいだね〜!文句なしにいいでしょ?



なんか、今回の展示は、ひたすら癒されにいった感じ。疲れてたのかな。こういう綺麗さに癒された。

《女優エディット・メラの肖像》とかねえ、ドレスの描き方すごかったよ!

結構最後のほうの作品で気になったのが《ミモザの花束》。ミモザの花ってのが自分的に気になるモチーフだから印象に残ったのか、それとも、やっぱりあの花の色のおき方がちょっと変わってたのが気になったのか。丁寧なつるんとした塗りの作風かと思いきや、この絵は花を絵の具を盛り上げて描いていたから。

そしてとても美しい《アルルの女》。



これみてたら美人になれそうだから身近に飾っておこうか。




posted by はな at 22:46| Comment(9) | TrackBack(4) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もいっちょ仕事話

今日はちょっと、いや、かなりおえらい人・ジーコ監督(仮名)がうちのフロアに出没してた。この人はえらい役をもらってるし、実際仕事もダイナミック。私が以前おいてもらっていた部署にいたとき、まだ、うんと若かった頃、一緒にカラオケにつれていってもらったこともある。私はカラオケが苦手なんだけど、なんとか、頭の中にはいってる歌を総動員して一生懸命歌ってのりのりにもりあがってみた。それが理由かどうかわからないけど、ジーコ監督はちょっと私に優しい(と思う。勝手に思ってるだけかも。)

今日も脳みその稼働率を30%くらいに低下させながら仕事していたら、気さくに話しかけてくれて、ちょっと癒された。

ジーコ監督だけに限らず、結構優しい人が多いなって思う、わたしの職場。
それはすごくいいと思う。
ありがたいと思う。
posted by はな at 22:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

月曜日

月曜日はちょっぴり疲れるね。
疲れたからクエン酸飲んでみた。
一晩寝たらすっきりしてますように。

正直言って、これ、意味ないでしょ、みたいな作業を黙々とやってると、結構ブルーになってくるよ。
でも、意味ないなんて駄々こねてないで、自分がやってるものに意味をふきこんでこそいっぱしの会社人。

そう思って、ない知恵をいろいろしぼってこねくりまわして、なんやかやと工夫してみるのです。

自分、お疲れ様。

よしよし。

posted by はな at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。