2007年07月29日

日展100年

楽しみにしていた展覧会です!
国立新美術館で開催中の「日展100年」。

わくわく、わくわく!

こちらの公式サイトでは、出品作品もちょびっと見ることが出来てなかなか楽しいです。
http://nitten100.jp/index.html

いやあ、よかったよかった、大満足ですよ!!
最近の私のツボは近代日本絵画なので、とにかくもう、大満足の展示でした。

新美ってオープンしてから2回ほど(展示は3つ)しかみてないけど、なんとなく「見方を強制してくる」ていうイメージがあったので(新美関係者様、ごめんなさいね)今回も「日展賛美!!」みたいなセクションわけ・キャプションつけまくりかな〜なんて失礼な予想をしていたんだけど、そんなことは全然なくて、時系列にそって良作をたくさんみせてくれたって感じでした。ありがたや、ありがたや。

日展は保守だとか、権威主義だとか思うかもしれないけど、いいものはいいのですよ。誰だったかな〜、丸山真男??(←すごいうろ覚えなので違うかも)かな??「真実の保守は革新なのです」みたいな言葉を行った人がいるけど、これだけの大作の潮流に乗っかろうと思ったら、画家さんだって自身の絶えざる革新をはからないと無理ですよ!

と、冒頭から息巻いてますが、お気に入り作品の紹介をば。

今回はおもーい図録も買ってきたので、いつも以上に携帯カメラのピンボケ写真をたくさん載せたいと思います!!気になる方はどうぞ会場にお越しくださいね!


まず、会場はいるといきなり上村松園の《花がたみ》がお出迎え。



ちょっと鬼気迫るものがあります。どうしたのでしょう、この女性は。松園の落ち着いた美しさのある女性の絵に慣れていた私としてはいきなりパンチをくらったようで、まじまじと見てしまいました。松園はいろんな雰囲気の女の人を描くんだなあ、と思ったわけです。

下村観山《木の間の秋》。



あ〜、これも、図録でも全然雰囲気違うし、携帯ピンボケ写真なんかじゃもう全然だめ!!でもね、とにかく、美しいのですよ。金色(←こんじき、と発音してください)のグラデーションが見事で。つる植物(山葡萄とか)が画面にめりはりをつけていて。


今村紫紅《護花鈴》。



これ、ほんとはずっと横長です。写真は一部分だけね。
護花鈴ってなんだろう、なにかの神事みたいな感じかな?くもったパステルのトーン、登場人物の穏やかな表情がいいのです。おちついてるのにそこにぱーっとひろがる華やかさ!

ちょっと、いい意味でぞっとする絵がこちら。
中村不折《白頭翁》。



しわしわの老人が見やる方向には若さ溢れる1組の男女が。いかようにも読解できそうな絵で…。女がつもうとしているその花は、若さのもつ美しさはすぐに消えてしまうものよ、ということを表しているのですか?


「第1章 文展」の後半は洋画だったのですが、もちろん良作がそろっていたわけですが、「第2章 帝展」の冒頭のほうに飾られていたこの作品が目に入ってしまい、もう気もそぞろ。

それがこれだっ!

石崎光瑤《燦雨》。



もういや…この写真じゃ全然わかんないって…。

ほんものは、すごいのです。金の雨、どういう方向で飛んでいるんだと不気味に感じるほどにねじれた鳥の群れ、中央を占める孔雀、南の島の森を思わせる極彩色の花、にじむ色…。
かなりアバンギャルドだったんじゃないかと思うのですが。とにかく、この絵はかなり気に入りました。


こんな素敵な絵もあります。
川崎小虎《春の訪れ》。



ほんわか、ほんわか…。日本画はほんといいよ。何がいいってこの色合いがいいんだろうなあ。


堂本印象《訶梨帝母》。



鬼子母神という名前のほうが聞いたことがあるかも。鬼子母神てとても恐ろしい面ももった神だったんだよね。でも、この絵は子どもを愛してやまない鬼子母神の一面があふれるほどに表されてます。子どもがみんな母の愛をたっぷりうけたふくよかな感じ。鬼子母神自身も、神々しい美しさが。この神々しさ、なぜか、私の中で、先日山種美術館で見た村上華岳の《裸婦像》とシンクロしました。


中村大三郎《燈篭大臣(とうろうのおとど)》。



はではでしいわけじゃないけど、気に入った一枚です。
蓮の花びらがふんわりと散ってるのよ(写真じゃわかんないけど!)。なんとなく極楽浄土(見たことないけど)を思わせる上品さがありました。

西山翠嶂《牛買い》。



美術館でみたときはもっと薄暗い色合いだったような気がします。
なんだろう、人生のペーソス(←私、この言葉好きみたいだな、陳腐なんだけど)を感じさせる絵。日常ってこんな感じだろうなって思った。

「第3章 新文展」にはいってからは、こちら。

西村五雲《麥秋》。



かわいいのぅ〜。たまらなく愛らしいです。動物の絵に弱いのかな、私?

工芸ではこんなのが素敵でした。

吉田醇一郎《薄雪鳩文漆絵飾筥》。



黒じゃない漆ってことよね?すごくカラフルでモダンな感じのする作品です。

「第4章 日展」ではこれなんかどうでしょう?

池田遙邨《稲掛け》。



こいつがいい味だしてるんだよね。



こやつがいなかったらどうかな〜と頭の中で画像編集してみたのですが、まあそれでも結構いい絵なのですが、やっぱりこのたぬたぬ君がいいのです。

そんな感じでした!

私的には超おすすめの展覧会です!!


2500円もするわ、重いわで散々だった図録だけど、嬉しいから寝る前とかにいっぱいみちゃおう!


posted by はな at 20:29| Comment(19) | TrackBack(7) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分と約束

今日の自分とかたくかたく約束したいことがあります。

暑いからといって甘くて冷たいものを飲まない!


これ大事。


もしのどがかわいたならお茶にしましょう。

いやはや最近冷たい甘いドリンクを調子にのって摂取しすぎてるらしく、体重がじわじわと増加中です。おそろしい。これ以上増えたら自分で自分が許せない数値になりつつある。


平日我慢するのはちょっと難しい。甘いものは私の最高のストレス解消薬だから…。だからせめてストレスフリーな休日は気持ちも飲食もヘルシーでいきたいと思います。



よし、これだけ書けば自分の心に強くインプットされたことでしょう!
posted by はな at 13:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャラミル研究所

そさんのブログで見かけて、おもしろそうなのでやってみました!

キャラミル研究所

私こういうの好きなんだよね〜。こういうのいつもすごく図星な気がするんだけど、なんでだろう?

キャラをみるんです、キャラメルを研究するんじゃないです(なんたるオヤジギャグ)。



で、結果は…




「スタイリッシュ宇宙人」



うひょー!なんか、すごく自覚症状あるような…




人前ではいつもスマートにふるまうことができる人です。

身上はスマートであること。
パーティトークはお手のもの、
(あー、パーティートークは苦手じゃないっす…)
どんな場面でも、雰囲気を読み取って
波風立てずしなやかに乗り切ることができるタイプです。
もめ事やカーッと感情的に熱くなったり
することを嫌います。
(もめごと嫌い…うんざりする)
本音の見えないクールさがあり
ちょっと「人間っぽさ」が薄いと思われてるかも、です。

・人づきあいは
 「センスはある方かな」と思っています。

・感動の共有、悩みをわかちあうといったことはちょっと苦手。
 打ち上げは一次会で解散したいヒトです。
(いやいや、打ち上げは3次会までいっちゃうよ?)
・知りあいは多いが、特別な友達はあまり多く作らない。
・自分のプライベートな話はあまりしません。
 ヒトの私生活にもそれほど興味を示しません。


「得意なコミュニケーション、環境」

・イヤミがなく、敵を作らない。
・必要とあらば誰とでもスムーズに会話できる。
(あー、あるある、逆に必要ない人にはかなりドライだわ…)


「苦手なコミュニケーション、環境」
・ヒトのグチや悩みを聞かされるのはうんざり。
・自分の彼氏彼女など、身内の話をしつこく聞かれる。


「長所、仕事においての評価ポイント」

・叱られても、けなされても、
 気分の切り替えが上手で、へこたれない。
・要領がよい。言いたいこともよく整理されている。


「人に言われがちな短所」

・実は腹黒い、ような印象。
(人に言われるっていうか、自分でそう思ってるよ…)
・キツイことは言わないけど、
 ちょっと冷たいとこあるよね。
(これも同じく…)
・ホントにやる気あるの?


基本になってるパラメーター(?)は

ココロの開き方…CLOSE
社交性…HOT
他者への関心…LOW

だって…。






すごい自覚症状ある…。(がっくし)







まあ、そんなわけでワタクシ、そういう面があるそうですが、どうぞよしなに…。
posted by はな at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。