2007年06月21日

いいのかなあ…

今日も理解できないままにNHKのハングル講座を聞いたわけだけど。
ちょっと最近どうかと思うことがあるのです。

NHKでは、言い方はもっと当たり障り無かったけど直訳すると、まあ、なんちゅーか“中立的”な立場をとるために、Korean (language)=ハングルということで、とにかくぶっちぎっていきます、ということは最初の放送で説明してたような記憶は、かすかに、ある。まあ、確かにその立場は理解できる。
でもね、さすがに、「なぜハングルを習われていますか。韓国旅行がしたくて、そして韓国の友達と話したくて」ていう文章を覚えさせるのはどうかと思うんだけど、どうなんでしょう。だって、それって変じゃない?意味論的におかしくない?

もう「ハングゴ」っていっちゃえよ!!だってこの文章が話されてる場面って、文脈的に考えて大韓民国でしょ?いいじゃん、いいじゃん、もうハングゴで習得させちゃって。ハングル、で習得させるよりましでしょ。少なくとも私はそう思うわ。

とまあ、そういうことをぶつぶつ言ってる余力があるなら復習しろ、とね。今日のレッスンも理解してない奴が重箱の隅をつつくな、とね。

ういっ。了解っす!

でもさあ、実際、韓国を社会言語学的に見てみたときに"Korean language"に当たる言葉ってどういうものが使われているんだろう。朝鮮半島、だから、朝鮮語、かな?それ、知りたいな。


そんなことを思いつつ、ネットニュースを見たら、ヒルさん!みたいな。

posted by はな at 23:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大回顧展モネ

新美術館で開催中、というより、もうすぐ会期が終わる「大回顧展モネ」に行ってきました。

「大回顧展モネ」ていう響き、なんか、「首都大学東京」みたいな響きがある。なんとなく、語の並び方として。

まあ、そんなどうでもいいつぶやきはおいといて、と。

平日なのに混んでた!!いやぁ、混んでた!まじで混んでた!!さすがモネ!!
でも、展示室自体が大きいのか、モネの絵を“鑑賞”するにはある程度はなれたほうがいいからか、意外と人ごみも苦痛ではありませんでした。種明かしというかゲノム解析するためにはやっぱり近寄る必要があるけど、私は遠くから「いいな〜」て見るだけでいいや、と思って、垣根の外から見てました。ファイティングスピリッツに欠けてる?

そういう瑣末なことはおいといて、とりわけ印象に残った絵について感想メモを書きます。

雪の絵が何枚かあったけれど《かささぎ》が構図の面でも色彩の面でもすとんと私の中に納まってきました。雪はやっぱり光る純白がいいかな〜という感覚が私にはあるようです。

構図といえばちょっとインパクトがあったのが《ボルディゲラの別荘》という絵。画面の中ほどを切り裂くように植物が伸びてる。ちょっと不思議な印象を受けました。

《ジヴェルニーのモネの庭、アイリス》がとっても綺麗でした。私実際に晴れてお日様さんさんの花咲く公園とか好きだし。アイリスに注ぐ光のコントラストがとても綺麗。

水面をとらえた絵のなかで特に好きだったのが《ポルト・ダヴァルと針岩》。ああ、澄んでる水ってこういう色をしているよな、て思い出させる絵でした。

《大運河、ヴェネツィア》は水面から出てるくい(?)の構図の中における配置がスマートというかダイナミックというか、うまいな、と心惹かれました。

「チャリング・クロス橋」というところを描いた作品が数点出ていました。どれも美しく、その数点の絵それぞれから受ける印象を自分の中で統合して、ああ、チャリング・クロス橋ってきっとこんな風なきれいな風景なんだろうな〜と想像してました。私のお気に入りは、紫のもやが美しくかかってる、吉野石膏株式会社が持ってる1枚です。色が好きなのかな?

そして!!私的目玉が《黄色いアイリス》!!いえーい!!これを初めて見たのは西美の常設にてです。これはいいよ。大好きなんだよ。キャンバス自体が縦長ではあるんだけど、このごうごうと上っていく流れの中にあふれてこぼれるように輝く黄色いアイリス。これは私の中で超名作。

睡蓮シリーズの中では和泉市久保惣記念美術館所蔵で、夕日の色(たぶん)が映えてる1枚が印象に残りました。なんか火事みたいでちょっと怖い感じもする。これは正体不明の赤色というものが本源的にもつ、人の心に働きかける力の強さの勝利ということで。

展示全体の構成に関して思ったことを。どなたかのブログで先に読んで心のどこかに残っていた事柄かもしれませんが、なんかセクションわけがちょっと…ではないかと。こんな、いまいち「いいねぇ!斬新だねぇ!」ともいえないようなビミョーな分け方をするより、素直に年代順に並べたほうがよかったんじゃない?みたいな。きっとそのほうがすんなり盛り上がれたと思います。なんか時間軸をあっちゃいったりこっちゃいったり引っ張りまわされたような気がして…。

でもその不満は前半の話。後半の連作、同じモチーフの絵を並べるというのは、私は楽しめました。

モネたっぷりの展覧会、もうすぐ終わってしまうのでお早めに〜!
posted by はな at 19:40| Comment(19) | TrackBack(17) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

抹茶フラペチーノ



久しぶりのスタバ。最近短歌ひねってないからにゃ〜。

抹茶フラペチーノにアズキソースをかけられるようになってたので頼んでみました。かすかにあんみつの気分?めずらしくてよかったと思います。ストローにアズキがつまるのは困ったけど。ていうかこのアズキソースてアズキクリームフラペチーノの材料?
posted by はな at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 美味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お寿司!



某所でお寿司!!
ここはね〜良心的な値段でおいしいお寿司だしてくれるの!
カウンターで粋に決めるお寿司は実はまだ食べたことないのですが、私にはこのくらいがつりあいます(^-^)
おなかぱちぱちになるくらいボリュームあるのだ!
posted by はな at 16:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 美味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。